たまゆらデザイン日記

<   2007年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧




346 プロフェッショナル 仕事の流儀

もう1週間以上前の話になってしまいますが。
5月22日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で、装丁家の鈴木成一氏の仕事を紹介していました。「デザイナー」ではなく「装丁家」ということです。「装丁家」と言えば、昔、菊地信義。今、鈴木成一。
昨今の書店で鈴木氏の手がけた装丁がないことはありません。「装丁がいいなと思って手にとると「鈴木成一デザイン室」の名が・・・」とはよく聞く話。文芸書を中心としたベストセラー本には、たいていこの方のクレジットが入っているといってよいでしょう。以下、番組の内容を感想を交えて・・・。

毎朝5時起き。まずゲラを読むことから1日がはじまる。(個人的な読書している暇なし)
8時に車で事務所へ一番に出勤。北海道出身で満員電車は苦手。
アシスタントがいるが、フィニッシュは必ず自身が手掛けるもよう。
(Mac OS9を使用している!「道具を使い込んでいる」感じ)
基本的に打ち合わせには来ていただく。仕事を受けに行くのではなく、仕事を依頼していただくというスタイル。(昔いた事務所がそうでした)
過去話題になった(売れた)本の装丁と同じようにと、具体的に注文してくる編集者もいるが、そのように作成した装丁の書籍は売れたためしがない。もちろん目立つ=売れるという手法はとらない。
ただ「期待に応えたい」という。その期待とはこれから書籍となる本の中身のこと。そして「ブックデザインには正解があるはずだ」という信念を持っている。中身をどのように訴えるか、探り出す。
鈴木氏はおそらく「3案作りましたがどれにします?」というやり方はしない。コレという確信(正解)をつかむまでつきつめる。といっても時間に余裕があるわけではない。なにしろその数、年間およそ700冊!直感(無意識下の経験の蓄積)を掘り下げていくような仕事のやり方。悩んだ時は作りかけのダミーを側に立て掛けて他の仕事を進める。無意識のうちに見る。(これは私などでもよく行う手法)
究極の1点しか出さないのは、編集者との信頼関係がなければできないし、パーソナルな書籍だからこそ極めることのできる技でもあると思う。クリエイターというより職人的な鈴木成一氏。その志、心構えが、プロフェッショナルでありました。



by tsukinoha | 2007-05-30 21:58 | デザイン

345 彬良さんと晃さん(誰でもピカソ)

たけしの誰でもピカソ
こんな先生欲しかった!
宇宙一受けたい授業 誰ピカアカデミー・本日開校!
テレビ東京/2007.5.25 O.A.
-------------------------------------------

宮川彬良さんがご出演と知り慌てて録画したオンエアを楽しく観ました。
(裏番組「美の壷」をすっかり忘れてしまいました)

ゲストは平原まことさん(&慶応のオーケストラ&ほかプロのリズム隊のみなさん)もご一緒。音楽が大好きになる授業と題した構成で、中でもなるほど〜と感心したのは、童謡についての指南でした。
ざっくりとご紹介します。

2000年以降、音楽の教科書にはポピュラーソングが増えつづけ、姿を消してゆく童謡。それについてはなるべく残していった方がいいという彬良さん。ここでは「鯉のぼり」「こいのぼり」ふたつの童謡に描かれた風景を例に出されていました。こんなふうです。

「鯉のぼり」は雲の波と甍と鯉のぼりの鱗がミルフィーユ(by彬良さん)のように層をなしているのがわかる。またそういった風景が見える立ち位置で描かれている。屋根と雲が見えて、国旗掲揚のように鯉のぼりが上がっていく様子、そういった敬礼って感じの気持ちをリズムで演奏をするという解釈につながる。
「こいのぼり」の方はそういった全体風景ではなく、大きいのと小さいのとがおもしろそうに泳いでいる、接近した見上げたような子どもの視線・・・3拍子で楽しく。
歌詞には絵画、文学いろいろな要素が含まれていること。楽譜だけを追った音と、音楽を奏でるということがどんなに違うか。

個人的な意見ですが、最近のポピュラーソングがあまりおもしろくないと感じるのは(というか聴く気にならない)、一人称が中心のものが多すぎなせいなのかも!?とおもわず思ってしまいました。

そしておなじみの「さっちゃんゴスペルバージョン」。彬良さんのピアノと平原まことさんのサックス。
さっちゃんの3番「遠くへ行ってしまう」引越しとはどこにも書いていない。究極の遠くだったら・・・ぼくのこと忘れてしまうだろうというのは、ぼくはさっちゃんのこと忘れないよという行間が見えてくる・・・・そこからアレンジしてくれ〜という波が押し寄せてくる・・・(妄想ですけどね。彬良さん談)。

さて、本編が終わった後、最後の5分程度のコラムで平成を代表する絵師・山口晃さん(現代のアーティスト?画家?のなかでいちばん好きな方かも)がレイザーラモンと、しかも応援団コスプレ登場したのにはびっくり!最近はじまったレギュラーらしいです。お題は「コピー」で尾形光琳の「燕子花図屏風」の話でした。日本美術に賢明な方でしたら、光琳は呉服屋のボンボンで着物の型紙が「燕子花図屏風」の型の発想につながった・・云々の話は承知よ〜というところですが、不意打ちでパッと入ってこられてやられた〜という感じでした。朴訥なしゃべりの山口さんが素敵(おもしろい!)。このコラムだけでも毎週観たいかもしれません。



by tsukinoha | 2007-05-27 06:51 | シネマ&TV

344 清原なつの『花図鑑』

d0009581_22232942.jpg
花図鑑
清原なつの
ハヤカワ文庫
2004年



そもそも見立てというのはアナログ的な精神のはたらきだから、デジタル精神だけでは何を見ても、それに類する具体的なイメージは湧かないにちがいない。
(澁澤龍彦『フローラ逍遥』時計草より)


私などは「見立て」というと、歌舞伎、庭園、浮世絵などの日本の伝統文化に根付いた遊びごころというふうに連想してしまいますが、なんのことはない。子どもの遊びにはそんな見立てが頻繁に登場します。わざわざ「おうち」を買ってあげなくとも、そこらへんにあるもので上手に見立て遊びをしてしまう技が備わっている・・・そして悦に入って裏声でブツブツ言いながらトランス状態になっているわが子を時々おもしろく眺めています。

「見立て」の源流も和歌にあるようです。目に写るコレを見て、心の中のアレを思い出す。うつしの文化が脈々と流れている。そこにはメタファー(隠喩)の物語が息づいているのです。

『花図鑑』はオムニバス形式の短編集。少女のあるいは少年(実年齢ということでなく)特有とも言える、そこはかとないエロティシズムが、花という性を俯瞰しつつ、淡々と、鋭く、繊細なタッチでしたためられています。『ぶ〜け』(1巻は1990〜1992年)に連載されていました。

『フローラ逍遥』が蒸留水(澁澤夫人の言葉)ならば、
『花図鑑』は、しぼりたてのまだ熟していないエキスのようです。



by tsukinoha | 2007-05-24 22:26 |

343 フランク・ブラレイ ガーシュウィン

d0009581_1252015.jpg
ジョージ・ガーシュウィン
フランク・ブラレイ(p)
2005年



ロシアでのバレエ団入門は、まず身体の均整が整えられているかを見るのと、太りづらい家系でないことを調査するなどの狭き門だそうですが(税金使っているので・・・良く言えば貧富の差なく道が切り開かれるとも)、ピアノもまず手が大きくないとだめですよね。と、まあ私などはそんなことでがっくりすることすら、およびじゃないのですけれどね^^。人気のクラシックの楽曲が入ったピアノ譜面集を入手して、無謀にもラプソディ・イン・ブルーに挑戦中。初心者向け?にアレンジされたヤツです。

シンフォニックジャズ・・・クラシックとジャズのクロスオーバー(byチック・コリア)として高く評価されたラプソディ・イン・ブルー。タイトルのラプソディ(狂詩曲)とは民族的な意味合いが含まれていることから、ジャズをアメリカにおける一「民族音楽」と捉えていたことがが伺えるそうです。作曲者のジョージ・ガーシュイン(1898-1937/38歳の若さで急逝)はニューヨーク生まれのロシア系ユダヤ人の移民の息子。貧しい生活の中、父親はジョージの兄に音楽を学ばせようとピアノを購入するも、実際ピアノに親しんだのは弟のジョージだった。
ラプソディ・イン・ブルーは、自身が弾くピアノと小編成のジャズ・バンド用に約2週間で一気に書き上げた曲。ファーディ・グローフェがオーケストレーションを行なう。後に(ガーシュウィンの死後)大編成の交響楽団用にオーケストレーションしなおした版が現在演奏されているポピュラーなもの。

ここからやっと本題。

ヨーロッパクラシックのブラレイがアメリカのガーシュウィンをリリース。しかもピアノ・ソロ版で。ということだけでも話題性ありという感じがします。JAZZにしては甘い(現代のモダンJAZZを経験済みだとどうしても)し、クラシックにしてはハネ過ぎ?(スウィングしてるし)だし・・・という素朴な疑問もさることながら、80年前のクラシックとジャズのクロスオーバーを再現してくれているブラレイの演奏は、繊細でいて華やかな雰囲気。今日のような5月の爽やかな晴れた空のような。・・・それらはフランスの血だからこそ醸し出せる味わいなのかもしれません。
今のところ輸入版のみのアルバム。ラ・フォル・ジュルネでは同メニューでの演奏もありました。聴かれた方がうらやましい。そのかわりサインをいただきました。ブックレットのブラレイもカッコイイです。もちろん本物もカッコよかったです。

d0009581_125435.jpg演奏者のフランク・ブラレイは1968年フランス生まれ。
4歳でピアノを始め、10歳でフランス放送フィルとのコンサートでデビューし、その後パリ国立高等音楽院を卒業、1991年、エリザベート王妃国際音楽コンクール優勝し、さらにインターナショナル・ミュージック・アワードを審査員全員一致で受賞、1991年10月、パリでのデビュー・リサイタルを皮切りにヨーロッパ各地で演奏活動を始めたフランスの実力派ピアニスト。
(オフィシャルプロフィールより)



ジョージ・ガーシュウィン
・ジョン・ブラウンのブルース
・ラプソディ・イン・ブルー(作曲者によるピアノ・ソロ版)
・ソング・ブック(全18曲)
・パリのアメリカ人(ウィリアム・ドリーによるピアノ・ソロ版)
・前奏曲 メロディー17番
・前奏曲 4度のノヴェレット
・3つの前奏曲
・2つの調のための即興曲
・2つのワルツ ハ長調
・メリー・アンドルー
・スリー・クォーター・ブルース
・プロムナード−前奏曲



by tsukinoha | 2007-05-20 12:24 | 音楽

342 フローラ逍遥 澁澤龍彦

埼玉県立美術館で開かれている「澁澤龍彦 幻想美術館」展によせて・・・。(5月20日まで)

d0009581_22125627.jpg
フローラ逍遥
澁澤龍彦
平凡社
1987年5月15日発行
(A5変形/226頁/上製本、函入り)


20年前に大枚はたいて(3,800円)購入した書籍。(ちなみに第四刷)
きらびき(経典などに使われた雲母引き紙を模擬して出来た現代のファインペーパーの銘柄名)に銅版手彩色のツバキ(『サミュエル・カーチス/ツバキ属の研究』1819/ツバキの図譜としてはごく初期に属する)の函の装丁が中身の美しさを引き立ててくれます。

昭和59年7月から61年6月まで雑誌「太陽」に連載されたものに一篇を加えた、花にまつわるエッセイの単行本化。
水仙、椿、梅、菫、チューリップ、金雀児、桜、ライラック、アイリス、牡丹、朝顔、芋環(オダマキ)、向日葵、葡萄、薔薇、時計草、紫陽花、百合、合歓、罌粟(ケシ)、クロッカス、コスモス、林檎、菊蘭・・・25種の花が一項目につき8頁で構成されている(扉タイトルとカラー図版の見開き、エッセイ4頁をはさんでカラー図版2頁(見開き))のに加えて、巻末には図版提供者の八坂安守(やさかやすもり・植物文化史研究/八坂書房・・・主に植物関連の博物学や歳事記などを中心に取り扱う知る人ぞ知る出版社)氏の詳細な解説。
澁澤のエッセイを読み、ヨーロッパ・ボタニカルアートや日本の本草図を鑑賞し、さらには博物画の解説と、三重構造の贅沢な内容、それらを壊す事なく室らわれたブックデザイン。さりげなく濃厚な書籍です。

装飾ばかりが氾濫し外身と中身が伴わないような書籍がますます増えるなか、店先でこういうすてきな本との出会いに期待が持てなくなってきているのが残念に思います。単行本は絶版ですが、文庫本(平凡社ライブラリー)で手に入れることができます。

『フローラ逍遥』は澁澤龍彦生前最後の出版本となりました。
最期を花で終えるとは・・なんとも言い難いものがあります。

書物の中で出会ったフローラ、記憶の中にゆらめくフローラが、現実のそれよりもさらに現実的に感じられる私の気質にとっては、あえていえば、個々のフローラに直接に手をふれることなどはどうでもいいのである。(あとがき/昭和62年4月/より)



by tsukinoha | 2007-05-17 22:16 |

341 ソロ・ピアノ(オリジナル/スタンダード)byチック・コリア

d0009581_1954158.jpgソロ・ピアノ チック・コリア
ストレッチレコード
2000年
(画像はPart1)




本だけに留まらず最近はCDも図書館を利用。
先日コンサートで聴いたコルボのフォーレの「レクイエム」に「ペール・ギュント」(独特のメロディーが頭から離れなくて困っているところ^^)。
そして、膨大なリリースにおっつかないチック・コリアもです。

1999年11月、ヨーロッパ・スカンジナビア・日本で行った10回のコンサートのすべてをライヴ・レコーディングし、ベストテイクを選択してつくられた、はじめてのピアノ・ソロ“ライヴ”集。DISC1はチックのオリジナル曲集。DISC2はバド・パウエル、セロニアス・モンクなどを中心にしたスタンダードに編集されています。

ピアノ・インプロビゼイションのライヴ盤というイメージ。透明感があってそれでいて熟成されたチックのピアノはファン必聴。オリジナルもスタンダードもどちらもおすすめ。朝・昼・晩、いつ聴いてもしっくりとくるところがいい。とにもかくにもライヴに行きたい病にかかります。はぁ〜。

Part1 オリジナル
1. ブラジリア
2. イエロー・ニンバス
3. プレリュード#4
4. プレリュード#2
5. チルドレンズ・ソング #6
6. チルドレンズ・ソング #10
7. アーマンドズ・ルンバ
8. エイプリル・スノウ
9. ザ・チェイス
10. ザ・ファルコン
11. スゥェディッシュ・ランドスケープ
12. スペイン
13. ホワット・ゲーム・シャル・ウィ・プレイ・トゥディ
14.チルドレンズ・ソング #12

Part2 スタンダード
1. モンクス・ドリーム
2. バット・ビューティフル
3. ブルー・モンク
4. アスク・ミー・ナウ
5. シンキング・オブ・ユー
6. イエスタデイズ
7. ダスク・イン・サンディ
8. イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー
9. ラウンド・ミッドナイト
10. ソー・イン・ラヴ
11. ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン
12. オブリヴィオン
13. ブラジル
14. トゥリンクル・ティンクル




by tsukinoha | 2007-05-13 07:07 | 音楽

340 唐突ですが『竹内文書』

[超図解]竹内文書
高坂和導
徳間書店
1995年

5年くらい前のことになりますが、夫の実家のある秋田から十和田湖へ向かう途中、大湯ストーンサークル館というところに立ち寄りました。
 大湯環状列石(ストーンサークル)は、鹿角市十和田大湯字野中堂、字万座に所在する2つの環状列石(野中堂環状列石、万座環状列石)を主体とする縄文時代後期(約4,000年前)の大規模な遺跡で、北海道、青森、岩手に同類の遺跡があり、共同で世界遺産登録を目指しているそうです。周囲を自然に囲まれた地は、邪魔するものがな〜んにもないので、将来的に可能性あるかもしれません。そこからさらに東に向かえば「キリストの墓」があります。

「竹内文書(たけのうちもんじょ)」とは、神代文字で綴られていた文書を竹(武)内宿禰(たけのうちのすくね)の孫といわれる平群真鳥(へぐりのまとり)が武烈天皇期に勅命をうけて、漢字カナまじりで翻訳したという一連の文書。時代は5世紀の後半で「古事記」よりも200年以上も前。天皇の命のもと秘蔵にされていた竹内文書を世に出したのは、昭和10年くらいのこと。66代目の子孫・竹内巨麿(たけうちきよまろ)による。しかし明治以降の古代史ブームのずさんさ(いきおい国際化を意識し過ぎて日本のルーツにハクをつけようと多数のでっちあげがあったとか)の追い討ちをくらい、その発表内容で不敬罪で起訴されてしまう。以来長らく、偽史伝を扱うこと自体がタブーとなってしまったと・・・というのが近代における背景。現在茨城県北茨木市にある皇祖皇太神宮に古文書や神宝類が存在するそうです。

さて、本書ですが・・・常識を覆す(荒唐無稽とも言う)数々の歴史の記録が図解入りで綴られています。天皇家が他天体から宇宙船で地球に来訪したこと、日本に世界政府が置かれ、天皇が世界統一をしていたこと、日本から世界へ散った肌の色が違う五色人の子孫からモーゼ、イエス、マホメット、釈迦などの聖人が生まれに本で修行をしていた・・・などなど。先の「ストーンサークル」も「キリストの墓」も登場します。

これを信じろと言われたとて、にわかに信じ難いというか・・・めくるめくアンビリーバボーな真実(?)の展開によくできた物語というのが率直な感想。だいたい日本語に翻訳されたという5世紀においては、まだカナは登場しない(はず)ので、そこらへんから怪しい。とにもかくにも世界の荒廃を食い止めるために竹内文書を語るというのが核心のようです。諍いや地球環境・・・別の意味で私も同意する部分はあります。
個人個人での感じ方はさまざまだと思いますが、私はSFチックなイメージを持って読みました。



by tsukinoha | 2007-05-12 06:20 |

339 ミシェル・コルボ  フォーレ:レクイエム

d0009581_22285825.jpgラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 5/6 14:30〜

アナ・キンタンシュ(ソプラノ) ポルトガル
ピーター・ハーヴィー(バリトン) イギリス
ローザンヌ声楽アンサンブル スイス
シンフォニア・ヴァルソヴィア ポーランド
ミシェル・コルボ(指揮) スイス


フォーレ:レクイエム 作品48
音楽史上、モーツァルト、ヴェルディの作品と並べて「3大レクイエム」と称される名作。小編成の第2稿(1893年版)による演奏。バリトンは前方左、オーケストラのすぐ横、ソプラノは後方コーラスの左脇。中央奥、コーラスの手前にオルガン。全体的にシンプルな構成。



宗教音楽の世界的指揮者ミシエル・コルボのフォーレは、1日1回、計5回の公演がありました。今回唯一購入したチケットがこの公演の最終日513でした。

Aホールの2階席へはエスカレーターを3回くらい乗り継ぎます。5,000席もあるかなり大きなホール。中庭を見渡せるベンチから外を見下ろすとケヤキの緑がかなり下の方にあります。開演までの少しの間。雨の風景を眺めることはこれから始まる公演の手続のようにも思いました。

場内に入って愕然とします。ステージは山のふもと遥か下方にあります。まるで八合目急斜面くらいから地上を見下ろすような感覚。やはりこの曲目を演奏するにはAホールは大きすぎるのではないか・・・と少し嫌な予感。

しかし演奏がはじまるとそういったことはふっとびました。遠くから聴こえてくる天上の音楽に目は潤み霞んでいき、やがて心地よく瞳を閉じていました。レクイエムがこんなに心地よいものだなんて・・・。

「はじめてAホールで生音だけの演奏聴いた」と急遽同行した我が家の音響辛口コメンテーター。そうなのです。こんな大きなホールで小編成のオーケストラの生音演奏は普通はしないそうなのです。2階席では音響的に見て大変厳しいものがあったのは否めないだろうと私も思います。しかしそれを置いておいても素晴らしいひとときを過ごせたと思います。感謝をしたいです。公式の方はこちら。

こうして私のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパンは終わりました。
来年も出かけるつもり・・・です。今年の教訓をぜひとも活かして!
おつき合いいただいたみなさま、ありがとうございました。



さて、夏休みには日フィルの夏休みコンサートへ娘と行く予定です。実はラ・フォル・ジュルネよりも先にすでにチケットとってました。オーケストラ、バレエ、おはなしと盛り沢山の内容で今から楽しみにしています。特に舞台でバレエ見るのははじめてなので・・・だって、バレエやオペラは高いじゃないですか。普段は手が届かなくて^^。



by tsukinoha | 2007-05-08 22:36

338 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(5/6)

雨天のせいもあってか、前日よりも会場内は落ち着いていました。
キッズ・プログラムの当日整理券は早くいかないとなくなってしまうそうなので、最終日の今日は早めに到着。午前10時時点で、すでに締切っているものも。


*5/6に聴いた演奏

10:30〜11:15
キッズ・プログラムより「ペール・ギュントのぼうけん」
佐藤勝重&古澤幹子(ピアノ連弾)
山田真樹子(うた)
西山琴恵(おはなし)
絵本朗読+グリーグ(ノルウェー)「ペール・ギュント」のピアノの連弾です。子ども向けなのですが、国内トップクラスの方たちのピアノが間近で聴けるという贅沢なプログラムでした。「ソルベーグの歌」のソプラノでお話が終わると、子どもたちの連弾体験ということで、簡単なメロディーをピアニストの方と一緒に、というおまけつきでした。


12:30〜12:50
展示ホール
早稲田大学交響楽団(指揮:曽我大介)
チャイコフスキー
「眠れる森の美女」よりワルツ
「くるみ割り人形」よりワルツ
「白鳥の湖」よりワルツ

ポピュラーなチャイコフスキーのバレエ音楽。テレビ朝日系「題名のない音楽界」でお馴染みの曽我大介さんの指揮が見てみたくて・・・。式台の狭いスペース動かれるんだな〜と、曽我さんばかり見ていました。朗らかなイメージそのままの雰囲気の方でした。もちろん学生さんの演奏も素敵でしたよ。

d0009581_540569.jpgこの演奏のすぐ後に新星堂のブースで、フランク・ブラレイ(ピアノ)のサイン会がありました。演奏を聴くことができなかったのでせめて・・・とサインをいただきに。順番回ってきてからはっと気がつくのですが・・・フランス語なんてできないし〜でも何かひとこと言っておかないとせっかくだし〜と、恐る恐る「メルシーボクウ」と。すると笑顔で「メルシー」と返してくださいました。うれし〜〜(おばかさんですね)。


コルボのフォーレは後日。



by tsukinoha | 2007-05-07 05:46 | 音楽

337 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(5/5)

d0009581_648341.jpg


あれ・・・1回休みのはずが。

気になる演奏があったので、やっぱりと思って夕方ふらっと行ってきました。
前日よりもものすごい人です!
公式ブログもすごい勢いで更新されています。

展示ブースのCD売り場の在庫も少なくなっているし・・・と思って見ていると、すぐそばに小曽根真さんがやってきました!サイン会のために。


*5/5の演奏

17:40〜18:20 ムジカーシュ ハンガリーの民族音楽
地上広場ミュージック・キオスクにて
開演30分前にはすでに席はうまっており・・・それでも前列の方で見ることができました。

d0009581_638436.jpgベース、ヴァイオリンなどの基本4人編成。
前日に聴いたルーマニアのジプシー音楽と音階が似ていますが、こちらの方はより舞踊に近いと感じました。というのも前列に出演者の知人と思われる方々(日本人)がダンスをはじめたからです。男性の方の身体の動きが独特でした。観覧の群れから飛び入りの野球帽の男の子がダンスをはじめるわで場は大盛り上がり大会です。
ベースを弾いていたリーダーらしき方は、途中でものすごく古くて変わった楽器(画像)に持ち替えます。ヴィオラとチェロのちょうど中間くらいの大きさの楽器をギターのように抱えて、弓で弦をはじきながら、パーカッションのように胴部でリズムとっていました。
民族衣装を纏った女性のボーカルは、ハンガリーのお母さんといった慈愛に満ちた風貌で、とても印象的でした。当たり前ですが、ひとくちに西洋といっても広いな〜と実感しました。



by tsukinoha | 2007-05-06 06:51 | 音楽

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧