人気ブログランキング |

たまゆらデザイン日記

249 田んぼで思うこと(帰省日記-3日目・最終)

「こんなに空が広いとUFOのひとつやふたつ見つけられそうでしょ」と目撃者(夫)は語る。墓参りを終えて田んぼの畦道を散歩していた。
無農薬なんてありえね・・お義父さんや義弟たちの会話を思い出した。
田んぼは自然だなんて言う人が圧倒的に多いけれど、そんなのは幻想でしかない。普通の農家の人もみんな言っている・・「田んぼは自然なんかじゃなくて、血と汗と涙で、先祖代々つくりあげてきたんです。そしてやっと完成させたおコメを、効率よく安定的に栽培するための装置なのですよ」(1995年『FRONT』6月号より抜粋)

農家にも定年ができると聞いて耳を疑った。どうも地域ぐるみで農家を会社のような組織にして米を生育させるということらしいのだ。都会のシステムを持ち込んでそれではたして良くなるかどうか、みなはもちろん半信半疑。保育所だって民営化にあたって良くなったかといえば不満の声の方が圧倒的に多い。数だけ作って人権費を押さえる結果、保育の質は落ち激務の職員はすぐにやめていく。とにかくみな根っこの部分で“何かおかしい”が広まっていくような気がしてならない。


気がつくとどこからともなくアオサギが田んぼの上を舞っている。あっちとこっちに2羽。きっとつがいなのだろう。アオサギはサギのなかまでもいちばん大型で、ブルーグレーの美しい羽を広げた姿がとても美しい。田んぼ・・日本人が育てあげた景色のなかでこんなに美しいアートはほかにはないのではないだろうか、晴れには晴れの雨には雨のいくら眺めても飽きない謙虚な引力がある・・そんなことを思ってみたりする。


午後2時27分発の「こまち」で秋田を経つ。
短い滞在。それでも離れている人たちとの貴重な時間が濃かった。ニュースで帰省にかかる交通費は一家族平均4万ちょっとと聞いたが、我が家の場合はその1.5倍はかかる。それだけあったらどこかへ行けるのにね・・でもやっぱりはずすわけにいかない。年末に交通事故に遭遇したお義父さんが元気で安心した。Hちゃん(娘のこと)、老猫チャコ(方言で猫のことを“ちゃこ”と言うらしいが・・)に会えてよかったね。風景がどんどん遠ざかる。盛岡のスタートラインに立ったらあとは一気に東京だ。

午後7時過ぎ大森駅に到着。
八景坂の天祖神社のお祭りのちょうちんの灯が出迎えてくれた。おかえり・・と。



by tsukinoha | 2006-08-26 06:46 | 観光

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧