たまゆらデザイン日記

168 ロゴタイプのはなし

ふだんの特急業務の合間、「ある商品」のロゴタイプに取り組んでいる。
いや、逆で、
ロゴタイプの合間に、ふだんの特急業務を対応している。
前者は(作業)量から見た場合の言い方で、後者は密度から見た言い方といえる。

久し振りに、隔月刊『デザインの現場』のバックナンバー(2001・12月号)を引っ張り出す。
ロゴタイプ、パッケージの大御所デザイナー、松永真(まつなが・しん)氏のインタビュー記事から、いくつか拾ってみる。

・デザインとは合目的なものであるから、
 先方の話も聞かずに一方的につくるわけにはいかない。
・デザインはケーキをデコレーションするようなものではない。
 思想、目的、多くの役割を背負わされている。
・ある日突然「ロゴを変えたい」とやってくるときもある。
 そういうときは、タイポグラファーから見て僕だったらどう考えるかということに専念する。
・雑誌でも売れないから表紙を変えるというのはよくある話で、
 それよりも「中身をちゃんとしろよ」というのが、デザイナーとしての僕の意見だ。
・「何もしない」デザインをすることは、「何かをする」ことよりも、はるかに難しい。
・ものをつくるのに必要なのも、練習量と瞬発力。
 確固たる適正の中で、好奇心と批判精神を持ち、目標を高いところに定めていれば、
 練習なんていつの間にか蓄積されていくものなのかもしれない。

・・・おっしゃる通りです。

国際コンペで、用意されたロゴと、花のモチーフという制約自体に疑問を持ち、ロゴを作り替え、結果採用となった松永氏のスコッティのパッケージは有名。「日本の狭い居住空間の中で、ティッシュにまで自己主張されたくない」という考えが、規約を打破するデザインの源泉になった。
時にはルール自体を見直すという視点が必要。
[PR]



by tsukinoha | 2006-02-25 06:03 | デザイン

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧