たまゆらデザイン日記

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧




559 別れの曲

『別れの曲』(1934年/ドイツ)を観に行ってきました。
史実を元にワルシャワ〜パリ初期時時代のショパンの青春を描いた映画です。
1935年(昭和10)日本での初公開はフランス語版でその原題から邦題が『別れの曲』になり、以来練習曲Op.10-3は「別れの曲」と呼ばれるようになったとのこと。ちなみにタイトルがついているものはほぼ後世つけられたものだそうで、ショパン自身は曲にタイトルをつけること〜イメージの固定観念を嫌っていたそうです。そんなショパンの感覚にひそかな驚きと感動。もっとも作曲者自身は想いに満ち満ちていたのでしょうけどね^^。

当時、映画制作するにあたってアフレコができずに、同じセットで役者を変えて撮影したそうです。(びっくり!)ちなみに今回の公開はドイツ語原版。ドイツ語を話すショパンはなんとも不思議でしたが。そして映画がつくられてから10年後には第二次世界大戦。(ショパンの音楽を聴くこと、演奏することをナチスから禁じられていたというのです!)

30年代モノクロームシネマの様式美といいますがロマン主義の空気感漂う、素敵な作品でした。登場人物の前後関係などほぼフィクションにもかかわらず、気にならないどころか、むしろうまくまとめられていて心地よかったです。いたるところにちりばめられていたショパンの管弦楽バージョンもすてきでした。
特に印象的だったのが、前半のガーデンコンサートでのワルツ(No.7 Op.64-2)バレリーナの踊り。そして想い人コンスタンツァが『別れの曲』をうたう(映画オリジナルのもの)シーンはせつなくうつくしく、涙を誘いました。

東京都写真美術館ホールにて明日までです。
[PR]



by tsukinoha | 2010-05-15 07:58

558 ショパン 愛の渇望

短期間にショパン映画を2本観ました。
そのうちのひとつは『ショパン 愛の渇望』(2002年/ポーランド)。
ラ・フォルジュルネで1日1回の限定公開。日本未公開なのでなんとしても観たい!と思い、小山さんのコンツェルトが終わった直後から数時間並びました(当日半券で無料)。
ショパンとジョルジュ・サンドの愛を基軸にした(フランス時代)映画。純粋にショパンを視点にしてというよりは、サンドの家族・・・ふたりの子ども、モーリスとソランジュにもかなり寄り気味でした。

ショパン役の方のガタイがちょっと良すぎで、実際痩身だったショパンの儚いイメージから離れていたな〜と。臨終間際の青白いメイクが浮いてて笑えました・・・(汗)。そんななかでも象徴的だったのは、国境でのシーン。遮断機のようなものにポーランドの鷲の刻印。序盤ショパン出国の時、そして姉のルドヴィカによって心臓だけが帰郷した終盤。ポーランド映画なのでもっとポーランドの景色をたくさん見たかったな〜と思いました。

さて、『愛の渇望』というタイトルからして、
“オトナのシーン”はあるんだろうなと、娘ももう5年だし、保健体育で身体の機能とかも教えているみたいだし、と思って同伴させたのですが・・・。
「大人なのにキモイ」
「何が?」と私。
おっぱいは赤ちゃんのもの、だそうで、乳をまさぐるショパンを見て、ショパンのイメージがガラガラと崩れたとのたまいました(爆笑)。
字幕付き映画を2時間もの間よく飽きもせず観たと思います。
[PR]



by tsukinoha | 2010-05-08 07:26 | シネマ&TV

557 ラ・フォルジュルネでショパンを。

昨年はチケット争奪戦に負け断念したラ・フォルジュルネ、
今年はがんばってひとつの公演をゲット。

5月4日
「313」ショパンピアノ協奏曲第1番 ホ短調 op.11
小山実稚恵(ピアノ)
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ヤツェック・カスプシク(指揮)

オーケストラと指揮はポーランドの方です。
小山さんの生演奏は3度目。
2階席でしたがよく聴こえてきて、よかったです〜!!!
舞台の左右にスクリーンで見ることのできた、小山さんの美しい指さばきにためいき。。。
第1楽章の長〜いオケの後のピアノの出だしはゾクゾク。第2楽章の片恋のコンスタンツェを思って作曲したという「美しい春の月明かりのような」も素敵でしたが、個人的にはマズルカ(ポーランドの民族音楽)風の第3楽章の盛り上がりが最高でした。
ワルシャワを経つ直前、自らが演奏したと言われるこのコンツェルト。若干20歳で作曲したショパンは、ほんとうに天才!ですね。

カーテンコールが何度も。
アンコールでは、ワルツ第7番 嬰ハ長調 op.64No.2を演奏してくれました。
ロマンチックな情感溢れる演奏で至福のひとときでした。


*余談*
のだめのデビューコンサートがこのショパンピアノ協奏曲第1番 ホ短調。
ショパンの「青春(故国ポーランド)との決別」、ストーリーを重ね合わせたんでしょうね。
[PR]



by tsukinoha | 2010-05-05 15:50 | 音楽

556 IRIS

『IRIS』効果で韓国からの秋田観光客が増えているとか。
きりたんぽ、いぶりがっこ、稲庭うどん、そしてお酒・・おいしいものがいっぱいの秋田。
日本での地上波オンエアを受けてどうなるのだろうか。
昨夏帰郷したときは閑散としていたが・・あぁ、ロケが冬だったから?

IRISといえば「虹の女神」。だった(わたしのなかで)。
韓流ドラマ『IRIS』何故にアイリスの名を・・・。
地上波の第2話では
休暇中の主人公男女が男鹿、田沢湖、横手と、結構な距離を瞬間移動(!)。
しかも、テロものなんだか〜恋愛ものなんだか〜観ていてワケがわからない。
(キャンディの口移しKISSにはかなり引いた。。。)
かっこいいイ・ビョンホン。今でもかっこいいとは思う。
が、イメージが変わってしまった(汗)。
ひとつわかったのは、わたしは韓流趣味に走るタイプではなかったこと(汗)。
今後どう???になっていくのか見届けたいと思う。


マークもアイリス・・でなくかきつばたに変えてみました。
[PR]



by tsukinoha | 2010-05-01 07:00 | シネマ&TV

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧