「ほっ」と。キャンペーン

たまゆらデザイン日記

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧




475 北島康介の水が怖くなくなる魔法の本

d0009581_5312841.jpg北島康介の水が怖くなくなる魔法の本
北島康介・著
2008年
講談社




(娘へ)「毎朝のお皿洗いのお手伝いをがんばったからプレゼントね」
って言いつつ本当は私が気になったから・・・。オビには「親子で読む決定版!水泳入門読本」とあります。
生後2週間経った頃、沐浴中に洗面器に顔をつっこみ溺れかけたのがトラウマになっているのか(救急車騒動になった)、娘は顔に水をつけるのが苦手。よって泳ぐことへもあまり積極的になれずに。そんな娘へもちろん「苦手な水泳がんばれ!」のつもりで与えたのではなく^^。
北島選手自身の“歴史”が綴られている文章は、子どもでも読めるルビつき対応。まだ水泳を習っていない幼少期、お父さんにつれて行ってもらった船の科学館のプールの思い出や、お母さんへの感謝の言葉が水面のようにキラキラ光って見えました。2大会2冠を成し遂げた(ちなみに本の発行は北京オリンピック前)ひとりの若者が子ども時代にどんなことを感じ、どんなことを思ってひとつのことをやり続けたのか ・・・大人も読んでみたかった内容です。

さて、ここからは余談。
北島選手の泳ぎは優雅で美しく、芸術的・・・と今回まじまじと映像を観て実感したのですが、今さらながら、強さと美しさというのは比例しているように思いました。そういった意味で、美しい演技が必ずしも採点につながることがないといった歯がゆさを(素人ながら)おおいに実感したのが体操。今大会から難しい技をこなすと点が増える加点法に変わり、少々雑だけれど成功させれば上位になってしまうという結果や、難度重視のミス多数に首を傾げる視聴者も多かったのでは。そんな回りの状況に左右されず、黙々と“美しい体操”に向き合った冨田選手が印象的でした。個人総合でのアクシデントにも動じず貫いた信念、その存在感、アテネの時よりもインパクト大だったのでは!?今でも賞賛の声やまない公式ブログのメッセージ(ファンも非常に礼儀正しい。海外からもコメントが)に驚くばかり。さらにびっくりなのは、中国のサイトで北京オリンピック・イケメン選手no.1に中国人選手を差し置いて選ばれていること!(冨田選手がイケメンかどうかはわかりませんが^^;)なんで!?やはり中国人から観ても冨田選手は異彩を放っていたんでしょうか?いずれにしてもArtistic gymnasticsが、Acrobatic gymnastics になってほしくない声多数。ふたたびルール改定もあるようですし。一方、個人総合銀メダルで一躍有名人になってしまった内村選手。「若さゆえのパワーだけでなく天性のものがあるのでは」とは具志堅監督。寡黙なタイプの多いイメージの日本の体操界にこれまでにいないオーラ放ちまくっていますね。ちょうど自分とふたまわり下(干支が)ということを知って(誕生日1日違い)愕然となりましたが(汗)これからの成長が楽しみな選手のひとりです。

学童保育では北島選手と内村選手が人気で、未だ2人の話題で盛り上がっているとか。
「内村くんかわいい〜」(確かにかわいいけど)ってあんたたちより10歳上だけど〜!どうもかわいくてかっこいいギャップが受けているようです。
個人的には、女子ソフトボールと男子のリレーがすごかった!という印象の北京でしたが、仕事が追い込みの8月、とっても励まされたオリンピックの勇姿たちに拍手!
[PR]



by tsukinoha | 2008-08-28 05:39 |

474 お盆は上野で

娘を伴って「対決 巨匠たちの日本美術」を観に、東京国立博物館を再び訪れました。
前回の記事はこちら。

朝一番にのつもりで開館時刻の15分前に到着したのですが、すでに行列ができていました!当然、展示室の入口付近は混雑。ならば、と、後半部分の部屋から観ることにして室内に入ると・・・ガラガラでした!応挙vs芦雪〜鉄斎vs大観は余裕の空間。そんなことはお構いなしに、娘は気になったところだけ足を止めて、あとはさっさと先に行ってしまいます。そのくせ、出口付近に置いてあるアンケートはしっかり時間かけて書いています(笑)。“芦雪の虎”と、“木喰の閻魔さま”が気に入った様子。仁清の吉野山の茶壷も「きれい!」と言っていました。なかでもいちばん良かったのは“大観の富士”と。「お母ちゃんはこっちの方(鉄斎の富士)が好きだけどな〜」などと会話。


「(自分は)もういいからお母ちゃんだけ見て」
と、いうことで、前半は要所だけ観ることにしました。なんせ、すごい人だかり。雪舟の『慧可断臂図』では手首の血に驚き(私もかつていちばん最初に見た時は驚きましたが)、雪村の『蝦蟇鉄拐図』では、ユーモラスな仙人の絵に感心を持って見入っていました。傑作だったのは、『風神雷神図屏風』。左に宗達、右に光琳が対になって並べられており、左手から進んで見ていきます。「先にあっちの人(宗達)が描いたのを、こっちの人(光琳)が真似ているんだよ・・・云々。どっちが好き?(まぁ、聞かなくてもいいことですが)」
宗達を指して「あっち。だってこっちの人、下手だもん」
ひぇ〜〜〜天下の光琳さまに向かって〜〜〜ズバリ(汗)と・・・さすが子ども。


お昼(おにぎり持参)の後は、東博を後にして、すぐ近くにある国際こども図書館へ。
今回がはじめての訪問。1906年に創設された帝国図書館の建物を再生されたとのことですが、館内の漆喰の天井など随所に建築物としての見所があり、建物を観に来るだけでも価値があります。3階のミュージアムで展示中の「チェコへの扉」で絵本の展示を観てから、子どものへやにある図書室で、クイズ形式になっている読書にチャレンジ。たくさんの種類の本に大満足の様子で、上野を後にしました。


夜は8月15日の毎年恒例の多摩川六郷の花火見物をマンションの屋上で。こうして1日が過ぎていきました。
ところで、花火と反対側の北の空で遠くで雷の共演がすごく、娘は終始おびえていました。それにしても怖がるので尋ねると、先日、学童保育の帰り道、眼の前で雷が落ちたところを目撃したと告白を。あぁ、“あの日”の帰ったよコール(家に着いたら私の携帯に連絡するように言ってある)を泣きながらしてきた本当の理由がやっとわかりました。
「怖くて思い出したくなくて言えなかった。火の柱が道路に落ちて、煙が出てた」・・と。この経験で雷が増々恐怖になってしまったようです。昼間の雷神さまは怖くなかったようですが・・・。
[PR]



by tsukinoha | 2008-08-16 07:27 | 展覧会

473 鈴虫

d0009581_11533984.jpg暑い日が続く中、立秋の前日の8月6日、家の鈴虫が初鳴きしました。あの、学研の『科学』のふろく(3年生)の、です!
今朝もリ〜ンリ〜ンと、風流な響きを聞かせてくれました。静かに観察すると、羽をぱっと広げてすごい早さで震わせています。リ〜ンリ〜ンというこの音は、1度に40回くらい擦りあわせた音だとか。
そして何故か、家のはいつも決まって朝に鳴きます。夕〜夜に鳴くものだとばかり思ってたんですけど、そうでもないようで!?
鈴虫などの秋の虫を愛でるという習慣は『源氏物語』五十四帖の巻名のひとつにも登場するように、結構古くからあるようですね。

ゆうべははじめてホルモン焼のお店に入りました。格闘家のまかないさんがいる(と、その道に詳しいダンナに教えてもらった)地元の店です。焼いたのももちろん、モツ煮がうまい!そう言えば夫婦だけで呑みに行くのって10年振りです。娘は・・・というと友だちの家にお泊まりでした。
[PR]



by tsukinoha | 2008-08-10 11:59 | 随想

472 もう8月ですね。

月初めから10日間、町内会のラジオ体操が始まったので、今年もまた参加。
神社の境内で朝からお祭り?のような人だかりです。
今朝はいつもより暑くて、朝から汗だく・・・。

土日は自宅で仕事・・・しつつ、涼しい図書館行ったり、時々娘の自由研究のひとつの刺繍(簡単なヤツですが、長時間針と糸持ったのは初めて)を見てあげたり、ピアノ弾いたり。PC疲れもあり、日記の間隔が空いていますが、身体の方はまずまず。今夏は遠出の予定なし。年に一度の秋田への里帰りも、今年はダンナの独立準備に追われて見送ることになりました。

昨日は区民の無料検診で、初めて本格的な乳癌検診をしてきました。
予約した病院の先生は美しい女医さん。マンモグラフィーと併せて、超音波も勧められたので、受ける事に。40歳以上は2年に1回無料で受けることができますが、前回申し込みを逃してしまったこともあり、ず〜っと受けなきゃ・・・と思っていたので、どきどきです。診察後その場で「異常なし」との結果が告げられ、ひとまずほっとしました。
[PR]



by tsukinoha | 2008-08-03 16:45 | 随想

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧