たまゆらデザイン日記

<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧




402 特別展 川瀬巴水〈後期〉

先日の講演会ではどこからあれだけの人数が(愛好家が潜んでいるのか?地元民だけなのか?かなりのご高齢の方もいらした)出没したのかと思うほどの盛況振りではありましたが、館内は相変わらず混雑とは無縁で、なんてもったいない(贅沢とも言う)とついつい思ってしまいます。小春日和の日曜は、映画の方も、もう一度観たくて(過去に2度観ている)、今度は娘を連れての来館。

さて、展示の方は一部の作品をのぞいて、総入れ替え。
版下絵とのセットでの展示も入れ替わりました。図録から作品の一例を出してみましょう。「森ヶ崎乃夕陽」ですが・・・わかりますか?どちらが版画でどちらが版下絵なのか。
(左:版下絵・水彩画/右:版画)
d0009581_175116.jpg
d0009581_1752867.jpg

また、肉筆画しか存在していない「森ヶ崎雪晴乃夕」(上)は、個展出品用だったらしいです(解説から憶測)。

d0009581_1763485.jpg

版下絵では横位置に描いている絵(左)を、版画(右)ではトリミング(版下絵に鉛筆で位置が記されている)してある「亀戸の藤」では、限りなくデザイナーの眼に近い巴水の視点に大変興味深いものがありました。
他にもお馴染みの「東京二十景・馬込の月」や、美人画の「ゆく春」、「朝鮮風景シリーズ」などなど見所満載です。


さて、師である鏑木清方が語ったとされる逸話があります。
〈川瀬が志してかこふとするのは、油絵や鉛筆画や日本画でも妙な曲をとったいわゆる肖像画でもなく、対象となる人のありのままの姿、ふだんの生活、それに依ってのみ見られるところの真実の人間を絵にしようといふのらしい〉(図録解説より)
単に旅情を誘うとか、色がきれいとかでなく、景色の中に生活する人々の空気を感じさせる。肉筆においてのの個を取り払うことで、作為を消したような浮世絵版画が巴水の魅力ではないか・・・そんなふうに私は感じます。

d0009581_1765287.jpg

帰り道、博物館を出てバス通りを臼田坂方面にしばらく歩いて、いくつもある細い道のひとつに入りました。
写真は巴水の洋館があった付近の、馬込の平張(今でも町会名として残っています)地区。小学校への坂を下る娘。このあと公園に居合わせた同級生の男子と日が暮れる間際まで遊んでいました。

展覧会は今度の日曜日までです。
[PR]



by tsukinoha | 2007-11-27 17:19 | 展覧会

401 昭和の歌

先日、実母が手製のおはぎを持参してやってきました。
母のおはぎは絶品で、甘いもの大好きなうちの家族はとても楽しみにしているもののひとつ。その味を受け継がなければ・・と思いつつなかなか機会が・・・(なさけな〜い)。

たまたまTVでは昭和の名曲というのをやっていました。演歌中心ではありましたが、思うに・・・どの曲もきちんと歌を聴かせてくれる、懐かしくも芯のある歌。つい「近頃の歌は私とか君とかそういうのばっかりで聴く気がしない」私が言うと「あんたもそう思う?どこかで言ってたけど、今の歌は“日記”で、昔の歌は“物語り”だったって」と母。なるほど。ヘッドホンやイヤホンで1対1で聴く歌になってきているわけです。ちなみに私は若い頃は必需品だった“それら”を今は必要としません。

ずいぶん前に「最近の「みんなのうた」は全然(だめ)」だと母が言っていたことと、いみじくも同じことが本のなかで書かれていたわけですが・・やはり商業主義が第一のなかで良質なものを追うというのは難しいのでしょうか。もちろんすべてが悪くなったとは思いませんが・・・。一方で聞く側の耳や見る側の眼が育っていないとも言えるのでは・・・とも。だからと言って自分がどうかと言うとはなはだ疑問なのですが・・・星いくつのレストラン同様、宣伝や報道に踊らされることをなるべく避けたいと思ったりするのです。
[PR]



by tsukinoha | 2007-11-25 06:37 | 随想

400 川瀬巴水、その作品の魅力と渡辺版画店に伝わる逸話

先日の日曜日、大田区立郷土博物館で開催中の川瀬巴水展の企画の、渡辺木版美術画舗の渡辺章一郎氏の講演会に出かけてきました。定員80名の会議室は立ち見がでるほど大盛況。平均年齢層は私よりも高いとみました。134点の画像を映写しながらの講演は約2時間近くにも及び、大変充実したものでした。すでに記憶が曖昧になってきている部分もありますが、わかる範囲で記録してみました。
---------------------------------------------
川瀬巴水、その作品の魅力と渡辺版画店に伝わる逸話
新版画と川瀬巴水の魅力

大田区立博物館 講演会
2007年11月18日
(株)渡辺木版美術画舗
代表取締役 渡辺章一郎

〈序〉
写真 川瀬巴水(26-27歳) 1910年(明治44年)頃
歌磨、写楽、北斎、広重

美人画、役者絵などで隆盛を極めた江戸浮世絵。しかし人物には“賞味期限”がある。対し、風景を主題とするものは多少時間が経っても変わらない。

〈末期の浮世絵〉
日本画に近い作品
揚州周延、山本昇雲、鏑木清方

〈浮世絵風 新作版画〉
日本画と浮世絵の中間のような作品
高橋松亭、小原祥邨
2年前、大田区立郷土博物館において、世界初の高橋松亭の展覧会が行なわれた。

〈初期の創作版画〉
江戸期の最高の技術をもった職人が多くいた時代。が、絵師がおらず、全体の作品としての魅力が生まれなかった時期。一方で自分で絵を描き、自分で彫り、摺るという創作版画が誕生。抽象画も出現(恩地孝四郎)。
山本鼎、戸張孤雁、恩地孝四郎

〈初期の創作版画〉
「版画」という言葉が定着しはじめた時代。(江戸時代では「錦絵」と呼んでいた)
カペラリー、橋口五葉、伊東深水、川瀬巴水、笠松紫浪、吉田博、・・豊国(人物)北斎・広重(風景)らの江戸時代の浮世絵作品と比較しながら
渡辺庄三郎(渡辺版画店を立ち上げる。章一郎氏の祖父)の声かけに最初に賛同したのは皮肉にも外国人だった。樋口五葉など後に独立して工房を持ち、彫り師摺り師を抱えるものが出てくる。樋口五葉は41歳の若さで夭折。伊東深水の『対鏡』のバックの紅色は20回くらいの摺りを重ねている。この頃、渡辺版画店から川瀬巴水のデビュー作『塩原おかね路』が。

〈関東大震災後の新版画〉
関東大震災での火災によって、貴重な資料や版木がすべて消失。それまでの「とにかくよいものを」の、採算度外視の製作は不可能となり、売れる版画を製作せざるを得なくなる。
川瀬巴水「東京十二景・芝増上寺、馬込の月」「東海道風景選集 日本橋(夜明)・・日本橋に高速が架かっていなかったらの引き合いによく出される。他、山本耕花、名取春仙、高橋弘明(松亭)、小原祥邨、伊東深水、笠松紫浪の作品。
写真 川瀬巴水 1939年(昭和14年)7月


〈昭和期の創作版画〉
恩地孝四郎『地下鉄』など、時代を反映させるモチーフも数々登場。
前川千帆、深沢策一、藤森静雄、藤牧義夫、小泉葵巳男、織田一麿

〈昭和初期の海外展覧会〉
写真 日本版画協会パリ展の会場 1934年(昭和9年)
写真 ポーランド大使を迎えての会食 1934年(昭和9年)

大変好評だったパリ展と、一席を設けた場には、渡辺庄三郎、巴水、深水らが。

〈渡辺版以外の巴水作品〉
写真 川瀬巴水親戚一同 1936年(昭和11年)
酒井川口版、東京尚美堂、土井版、芳寿堂版など。他に鳥居言人、伊東深水


〈第二次大戦後の作品〉
物資の不足で版木の質が悪い。巴水作品ではみやげ的なものが多くなる。
写真 深水宅でもミュラー夫妻 1940年(昭和15年)
写真 渡辺庄三郎創業50年祝賀会 1956年(昭和31年)
巴水「時雨の後(京都南禅寺)」「富士の雪晴」「春の宵(上野東照宮)」「愛子の月(宮城県)」など。伊東深水「楽屋」「髪」


〈現代の創作版画〉
斉藤清、畦地梅太郎、笹島喜平、関野準一郎、中山正、海野光弘、前田光一、池田壮豊、藤田不美夫、木村義治、渡部正弥、杉山元次、西田忠重、並木一、天野邦弘、為金義勝、船坂芳助
写真 渡辺家三代 1961年(昭和36年)頃


〈最後にもう一度巴水作品〉
巴水の代表作を見ながら。(余談もここに記します)
・「東京十二題 大根がし」は現在の京橋付近。市場があったところ。震災後に築地に移った。
・「東京十二ヶ月 三十間掘の雪」銀座の三原橋付近。雪が降り始めると巴水はスケッチブックを取り出して一心に風景を書き留めていく。その様子を傘をさしかけじっと見守っていた渡辺庄三郎。意外にも巴水の銀座作品は少なく、他に「歌舞伎座」があるくらい。
・巴水の代表作とも言われる「馬込の月」。90年代初頭の大田区立博物館での「川瀬巴水展」では、「「馬込の月」に描かれた民家に住んでいました」という方が現れたとか。
・「東京十二景 芝増上寺」は海賊版が出るほどの人気。
・東京の雪景色が多いが、昔は結構積雪があった。
・伊東深水とは公私ともに交友のあった巴水。深水の娘・朝丘雪路さんは酒を嗜まない父と違いいつも酒の香りを漂わせていた巴水に「タコのおじちゃん」と言って親しんでいた。後年「大先生に向かって失礼な事を・・」と回想されたそう。

江戸から明治に入った時に見向きをされなくなり、その技術の粋を誇りながらも空前の灯火になった浮世絵版画。現代において人気が復活する一方で、皮肉なことに職人が激減。幸いなことに渡辺木版美術画舗ではこの春に2名の摺り師希望者が入門。なんとかその技術を次世代に引き継ぎたいと思っている。(渡辺章一郎氏・談)
[PR]



by tsukinoha | 2007-11-23 07:13 | 日本の伝統文化

399 声の力

d0009581_6441679.jpg声の力
歌・語り・子ども

河合隼雄 阪田寛夫 谷川俊太郎 池田直樹

2002年
岩波書店


臨床心理学者、童謡作家、詩人、声楽家と、声の魅力を語るにもっともふさわしい四人が、子ども文化を軸に、「声」、そして「歌」「語り」を縦横に論じる。現代における声の可能性が再考される。(本書より)

河合隼雄、阪田寛夫、谷川俊太郎と、そうそうたる顔ぶれ・・のなかに若手の池田直樹。各人の子ども時代の体験談を交えつつ、わらべうた、童謡、現代の歌などなどをそれぞれの視点で語られています。
一時期は相当いい歌を生んだ「みんなのうた」の変質ぶりのこと、「セサミストリート」の亜流の氾濫で子ども番組への質が落ちたこと、全部同じ曲に聞こえる最近の現代歌、でもヘッドホンで1対1で向かうことで生きている言葉・・・などなど、なるほど!と感じ入りながら読みすすめましたが、なかでも印象に残ったのは、声楽家の池田直樹氏が定期的に行なっているという障害児への演奏活動での体験談で、池田氏のそのときの驚きが、まんま私の衝撃になりました。そして、その池田氏の次の言葉も印象的でした。
〈フォルテ〉は、感情が高まり表現が大きくなる部分で、結果としての頂点であり、そこに至る大事な内容は〈ピアノ〉、小さな声で歌われているのです。

本書は、2001年11月11日に行なわれた小樽市の「絵本・児童文学研究センター」主催のシンポジウムを基にして成立したものだそうです。上梓から5年経ち、すでにお二方が帰らぬ人となってしまっている現在、一期一会を感じさせる本でもありました。
[PR]



by tsukinoha | 2007-11-17 06:53 |

398 今日のおやつ

週の半ばに鼻水が喉が・・・と思っていると急に悪化して、頭痛に熱少々が加わり、3年振りくらいに、半分寝込みました。
がしかし、週末は娘が参加している区の伝統文化こども教室のお茶のお稽古の出張版で、区民ホールの華道展でお茶のお運びをやる予定だったので、無理やり復帰。
来場されたお客さまにお茶をお出しするだけですが、子どもたちははりきって参加していました。合間に華道の実体験をしたりと、有意義だったようです。
展示作品のなかでは、左右二つの鉢から松(に似た常緑樹)の枝をくねらせ、遠くから見ると富士の姿をかたどる遠州流の作品が印象的でした。

今日の平和島のOTAふれあいフェスタ(年に1度の大田区の大きなお祭り)は、夫(久し振りの日曜休み・・)に娘をまかせ、私はふつうにおつかいに。ついでに寄った大森駅アトレに新しい店鋪2軒発見。シュークリームかどっちか悩んで、ぱりぱり薄皮たいやきの方にしました。
d0009581_16114787.jpg
んんん〜美味でした。

〈本日のうんちく〉
おやつとは八ツ時に食べる(軽い)ものということで、不定時法を使用していた江戸時代(まで)の八ツの名残り。現在だと午後3時がおやつですが、昔は季節によって幅があったことでしょう。しかし名前だけが残っているとはおもしろいものです。

[PR]



by tsukinoha | 2007-11-11 16:28 | 随想

397 特別展 川瀬巴水〈前期〉

「日光華厳の滝」の版木、「若狭……久出の濱」34度刷りの行程、掛け軸に屏風、人形画集、巴水デビュー作「塩原おかね路」の展示もされており、前期から見所満載の展覧会が開催中。

今回なかでも注目したのは版下絵。実際の版画と並べて陳列されています。最初、版下絵だということに気がつきませんでした。版下絵だから完成予想図ということになるわけですが、これはもうひとつの絵として完成されています。変な言い方ですが、完成されている絵をわざわざ版画というかたちに置き換えていることをしているようにも見えます。それにはこのようないきさつがありました。・・・明治に入り、廃れてゆく江戸版画に心を痛め、その技術の存続と復興を志した渡邊庄太郎(版元)。目をつけたのは、風景画を得意とする川瀬巴水。従来の日本画の技法に洋画のリアリズムをミックスさせたような巴水が描く風景の再現を版画に求めます。・・・

絵師であり、アートディレクターとしての巴水の手腕。そして巴水の筆を忠実に再現するに挑んだ、彫りや摺りの職人たち。従来の技術とは全く違うものを要求した渡邊庄太郎の裁量。それらが凝縮し、新版画の魅力につながっていますがこのすばらしい技術の結晶を目の当たりにすると、自分が関わっている現代の量産された便利なシステムの仕上がりの軽さに空しさを感じてしまいます。


展覧会は大々的な宣伝はしていなさそうなのがもったいない気がしますが(さすがに渡邊木版美術画鋪ではアナウンスされています)、逆手にとれば余裕でじっく鑑賞でき、展覧会を味わうということに関して申し分ありません。こんな好機はもう訪れないかもしれないと3度訪問。2年前の「浮世絵版画の近代」の時同様、図録は売り切れる可能性があるので入手したい方は要注意かもしれません。
博物館内3階の常設では大田区の昭和の暮らしや、産業などが紹介されています。巴水が描いた海辺の森ケ崎(大森)や池上あたりの空気の片鱗を感じることができると思います。

さて、ここからはおまけ。
「馬込の月」(後期展示と思われる)の場所である三本松へは、博物館から徒歩約15分。博物館を右手に出てバス通りに出たら左折して、第二京浜を越えて行きます。この三本松は昔は交通の目印だったそうですが、枯れてしまったそうで現存はしていません。環七にかかる陸橋に「馬込の月」のレリーフを残すのみ。あまりの景色の変わり様に愕然・・・。このあたり、昭和初期は田んぼの風景がひろがる地帯でした。
d0009581_19285646.jpg

三本松近くの馬込橋陸橋から大森方面を臨む。下は環七。遠く左手高架橋は新幹線で、手前(歩道橋の向こう側)を第二京浜が走る。
[PR]



by tsukinoha | 2007-11-09 19:34 | 展覧会

396 道は生きている

d0009581_21313166.jpg
道は生きている
富山和子
1984年
講談社青い鳥文庫



『森は生きている』『川は生きている』に続いて『道は生きている』。
川、森、道、3册がそれぞれ連動し共鳴しています。

道の歴史を辿って現代の交通事情を考えるというコンテンツ。
著者の富山さんは、現代の交通問題を考えるには昔を知らなければならないと思い(これはさまざまのことに当てはまる考えだと思います)、調べていくうちに魅力に取りつかれたのと同時に、道のもつ不思議なはたらきを考えてほしいという思いに動かされたそうです。
例えば:高い山の上の家なみ→あんな不便なところにどうして道が→昔の道はたいてい山につけられていた→平野はじめじめとして住めなかった→日本の川の性質を知る→治水を知る→船の交通へ→やがて日本全体へとつながってくる・・・というように。

先に執筆した『川は生きている』のあとを受け、『道は生きている』を執筆されました。川の問題を理解するには交通に目を向ける必要があったと記されています。

世の中のさまざまな問題や出来事は連動しあっており、ある1点の現象の根が、奥深く張り巡らされているということが多々あるかと思います。
同時に全体を俯瞰する目をもつことの大切さを改めて考えました。
[PR]



by tsukinoha | 2007-11-06 21:40 |

395 山手線占い

今週は日々眼を酷使しており、日記の方はちょっとお休み
・・・しているうちに11月になってしまいました。

日曜日の運動会による筋肉痛もやっと治りました。
小学校の校庭を使った地域の町会の運動会は、まったりと和みムードでなかなかおもしろかったです。子どもたちはもちろんなのですが、おとなの競技が何故か盛り上がる。ほぼ全員参加のリレーで走りながら太ももの筋肉が壊れていくのがわかりました。突如短距離で疾走するというのが筋肉によくないとはいえ、ふだんの運動不足を反省。
そんな運動会や地域の行事に参加しているかぎりでは、親、先生、地域の人たち・・全体が子どもたちを見守るという空気が伝わってきて、マスコミを賑わす教師と保護者との対立みたいなことは無縁のような気がしてしまいます。


さて、気晴らしに山手線占い。


私は土曜日グループの浜松町。
 物腰は素朴だが、どこか威圧的に見える官僚的な人。知性派でどこかアクが強く、プライドも高い。お世辞が苦手で、思ったことをそのまま口に出し失敗することも多い。興味があると猛烈なエネルギーを発揮するが、やる気がないとシラケっぱなし。しかし、そんな硬派なルックスと裏腹に、内心は相当なミーハーでワイドショーネタ大好き。

う〜ん?お世辞は苦手だけれど、威圧的には見えないと思うんだけど・・・(と思っているのは自分だけ???)
どうでもいいことですが、どんな占いをやってもこれでもか!というくらい私はパートナーとの相性が最悪と出ます。山手線占いでも5%というおそろしく低い数値が出ました。まぁこれくらい悪いと、かえって気が楽でよいかもしれません!?
[PR]



by tsukinoha | 2007-11-03 06:17 | 随想

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧