たまゆらデザイン日記

<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧




325 レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の実像

d0009581_2150588.jpg
予定していたことが急遽キャンセルになってしまった日曜、東京国立博物館へ出かけました。
思わぬことで早まった『受胎告知』との対面にどきどき。1974年に『モナリザ』を展示した場所と同じ普段は閉じられている本館第5室での公開です。
チラシの隅に「日本におけるイタリア2007」というイベントプロモーションのタイトルが小さく入っています。レオナルド・ダ・ヴィンチ『白貂(しろてん)を抱く貴婦人』を観に横浜美術館へ出かけたのが「日本におけるイタリア2001」の時でした。下はその時のチラシ。
d0009581_21503376.jpg


土砂降りの中こんな悪天候だったら人も多くないんじゃないか?という考えはあさはかでした。9時に到着すると同じ様な考えの人たちの列が早くもできておりました。それでも約100名ほどの第一陣の群れとして展示室へ。手荷物検査、金属探知機をくぐって厳重な警戒の中展示室へ入ります。

第5展示室の中央奥に向かって、ジグザグになっているスロープを進むと、遠くからでも神々しいまでのオーラを放つ『受胎告知』が徐々に大きく現れます。近づくと細部に渡って絵画の状態がとてもよいのに驚きます。そして何よりレオナルド弱冠20代前半の作だということにも。
ちなみに絵全体を眺めるのには先頭列から2段目の高い位置からがベストポイント。ガラスケースがあるということが全くわかりません。いちばん先頭で下斜から見上げて、ようやくガラスがあるということがわかるのです。

第2会場の平成館では今年1月までイタリア・ウフィツィ美術館で開催された企画展の展示があります。こちらの方はざっくりと観てきました。というか『受胎告知』だけでエネルギーを使い果たしました・・・。しかしながらこちらを観てからまた『受胎告知』観るとより深い視点で観ることができそう・・・と最後の空気遠近法の模型を見ながら、会期中にもいっかい観たい!と思ったのでした。
第2会場の展示
 1 レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯
 2「受胎告知」思索の原点
 3 レオナルドの書斎
 4 「かたち」のとらえ方
 5 万物の運動
 6 絵画への結実

d0009581_2151130.jpg左はポストカード。
大天使ガブリエルのトリミングがお気に入り。
向こうの遠くの景色が気になります。
[PR]



by tsukinoha | 2007-03-29 21:56 | 展覧会

324 忘れられた日本人

d0009581_21485538.jpg忘れられた日本人
宮本常一
岩波文庫
1984年




「私は長い間歩きつづけてきた。そして多くの人にあい、多くのものを見てきた。(中略)その長い道程の中で考えつづけた一つは、いったい進歩というのは何であろうか。発展とは何であろうかということであった。すべてが進歩しているのであろうか。(中略)進歩に対する迷信が、退歩しつつあるものをも進歩と誤解し、時にはそれが人間だけではなく生きとし生けるものを絶滅にさえ向かわしめつつあるのではないかと思うことがある。(中略)進歩のかげに退歩しつつあるものを見定めてゆくことこそ、われわれに課されている、もっとも重要な過大ではないかと思う。」網野喜彦氏の解説中にある宮本常一氏『民俗学の旅』より。


昭和14年以来、宮本常一が日本全国を歩いて調査した、各地の民間伝承者たちの話や、その生きざまの記録集。よけいな脚色をしない文章が伝えるいきいきとした人物像は、どんな物語よりも強力な無言の説得力がある。それはほんの数十年前、日本各地の村々に見られたふつうの日本人の姿だった・・・。
頁を追うごとに憶えた各地を旅して歩くような錯覚が、余韻ともに静かにこだまする。それはやはり現在の私の「忘れられた日本人への旅」にほかならない。
[PR]



by tsukinoha | 2007-03-22 21:52 |

323 武満徹 音の森への旅「知るを楽しむ」より

クラシックの世界で、世界中で名の知れた日本の音楽家というのは、指揮者の小澤征爾、そして『ノヴェンバー・ステップス』の作曲者、武満徹なのだそうです。

火曜日の「知るを楽しむ」は、映画監督・篠田正浩の案内で武満徹の特集。
今週第3回目を迎えます。

武満徹---音の森への旅(NHK教育/夜10:25〜10:50)
第1回 映画という実験室(3月6日)
第2回 日本の音の探求(3月13日)
第3回 「うた」への憧れ(3月20日)
第4回 宇宙から聴こえてくる音(3月27日)
*再放送はいずれも1週間後の早朝5:05〜


私はどちらかというと音楽そのものよりも、武満徹の文章が好きで書物での武満さんを追うことの方が多いです。こういった人物伝的なものも然り。
そんな武満ファンならば、すでに周知の内容も多い番組かもしれませんが、決定的なのは音がついてくるという違い。あたりまえなんですが・・・。生前の武満さんの映像を見ることができるという機会もテレビならではです。

小泉文夫著の『日本の音』では、伝統楽器を復活させた人物として武満の名を上げています。しかし国粋主義の戦争時代〜戦後の価値観の逆転などの幼少体験から、武満自身は伝統楽器を拒否していた(おそらく音楽をやろうと決意した頃)そうです。「憎んでいたくらい」と、娘さんの眞樹さんとの対話で振り返っています。クラシックやジャズなどの西洋音楽から入っていった武満でしたが、やがて時代劇映画の音楽を通して「日本の伝統楽器」への再発見をするという転機が訪れます。そして「日本の伝統楽器」を使った楽曲の集大成として誕生したのが『ノヴェンバー・ステップス』(1967年初演)。この曲はニューヨーク・フィルハーモニック125周年の記念祝賀コンサートに向けて日本の武満に依頼されたものでした。
尺八と琵琶によるとオーケストラの協奏曲は、まずうごめくオケの波から始まります。そして・・沈黙・・尺八の「ヴォ〜ッ」という響き・・琵琶の「ベベン!ビョロロ〜ン」・・人々にいかほどの衝撃だったのでしょうか!
小澤征爾がニューヨーク・フィルで『ノヴェンバー・ステップス』を指揮し、大絶賛を浴びるまでの軌跡を追った第2回は興味深いものがありました。当時の尺八奏者、横山勝也さんのお話も貴重。
あと2回の放送も楽しみです。

d0009581_19312979.jpg
(テキストは買っていないんです・・・)
[PR]



by tsukinoha | 2007-03-18 19:36 | シネマ&TV

322 ダ・ヴィンチの遺言

隔月で名古屋の某事務所の製作物に関わっています。普段の連絡では当然仕事の会話(大抵は校正の)のみですが、先日、「やっと名古屋にも伊藤若冲が来るんですよ!もうtsukinohaさん(ここは実際は本名ですね^^)が観に行ったって聞いた時からうらやましくて。今こっちには大型のポスターとか貼られているんですよ!」と、意外な嬉しい言葉をいただきました。ようやく来月から愛知県立美術館で開催の「若冲と江戸絵画展」。1年ってあっというまというか、待っていた方々には長いというか。


さて、こちら東京では、来週3月20日より東京国立博物館のふだんは閉ざされた「本館特別5室」でレオナルド・ダ・ヴィンチの『受胎告知』が公開されます。
これに先立って以前から読もうと思っていた一冊を読了しました。

d0009581_637491.jpgダ・ヴィンチの遺言
池上英洋
河出書房新社/2006年

書かれている内容や、その内容が当時の人々の考えの中にあってどのような位置を占めていたことかといったことを少しでも知ってさえいれば、それはとたんに刺激的な知の宝庫として目に映るのだ。この本のねらいは、まさにここにある。(はじめにより)

ものを見るということと、ものを目に写すの違いは、このはじめにの文章が言うところの、まさにここにあるものだと思います。うんちく・・・を越えた愛情が芽生えるのです。真に深い感動というのはそこから沸き上がってくるものなのでしょう。

それはともかく、脚色することなく、事実を丁寧に辿ったレオナルド・ダ・ヴィンチの生涯はとても読みごたえがあります。小説『ダヴィンチ・コード』(私は未読です)についての記述についても興味深いものがありました。(歴史的事実と不確かな情報を同じレベで展開している点にはハラハラさせられる・・そうです)

先日職場の人(ちなみに元デザイナー)と雑談をしていて『モナ・リザ』の公開の時に高校の美術部員総出で観に行った!というお話を伺いました。「とにかく人がすごくて、観たという事実だけが残った」ような感じだったそうです。『受胎告知』も心して行かねばならないでしょうか。なるべく早い時期に出かけたいものですが・・・まずは昔知人から譲り受けたまましまいこんでしまった「ルネサンス音楽」のレコードでも聴いて、ゆるゆると浸っていくことにしましょうか。意外なことにダ・ヴィンチはすぐれた音楽家でもあったそうですから。
[PR]



by tsukinoha | 2007-03-17 06:42 |

321 モーツァルト 2台のピアノのための協奏曲

時々登場の音楽レヴューは、長らくエキサイトブログのライフログという機能を活用していましたが、私の趣味が少々マニアック?なため、検索しても出てこないCDもしばしば。さらに画像優先でセレクトしていくとどうしても無理が生じてしまうため、今後は書籍と同じく単体で、気ままに好きな音楽のことを記録していこうと思います。


最近の生茶CMのBGM、『スペイン』(チック・コリア)のオーケストラバージョン(?)でちょっとびっくり。
そこで今回選択したのはこちら。

d0009581_20524398.jpgMOZART Double Concerto
フリードリヒ・グルダ(ピアノ)
チック・コリア(ピアノ)
ニコラウス・アーノンクール指揮
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
1983年


モーツァルト 2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調(K.365)
1, アレグロ
2, アンダンテ
3, ロンド:アレグロ

4, 2台のピアノのためのファンタジー(チック・コリア)

5, 2台のピアノのための「ピンポン」(フリードリヒ・グルダ)


ジャズミュージシャンにはクラシックをやる(レコーディング)人もポツポツといますが、「チック・コリアがモーツァルト!?」と想定外のことでびっくりして衝動買い(15年くらい前)したものです。私の知る限りではクラシックを録音したのはこの1枚きりです。チック・コリアのモーツァルトということで、かなりレアものなのではないでしょうか。
4曲目のチック・コリア自作曲は、ピアノ・インプロビゼイションを彷佛とさせるチック・コリアらしいちょっとスパニッシュのリズムの入った曲。5曲目にフリードリヒ・グルダ作の曲。つまりモーツァルトの協奏曲の後に、デュオのピアノ・インプロビゼイションが2曲続く・・・すごい取り合わせ。いったいこの店は何料理屋なのかっ!て感じです。そこが摩訶不思議でいいんですが。

フリードリヒ・グルダ(1930〜2001)オーストリア、ピアニスト。ジャズ演奏でも知らる
ニコラウス・アーノンクール(1929〜)オーストリア、指揮者、チェロ奏者

*おまけ*
『のだめカンタービレ』で千秋とのだめが最初に連弾をするのが、「2台のピアノのためのソナタ ニ長調 (K.448)」ですが、この「2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調」と出だしがちょっと似ています。

[PR]



by tsukinoha | 2007-03-12 20:58 | 音楽

320 休刊という名の・・・


郵便受けに一枚のハガキ。
とある月刊誌休刊のお知らせだった。
競争の激しい出版界で、一般流通には乗せないにしても、およそ19年も続いた文化情報誌もひっそりと幕を閉じる。
はじまりがあるということはおわりがあるということをしみじみ思う。

同窓会的なものには積極的に出向かない私でも、さすがにこの場を逃したら、2度と会う機会を逃してしまうのではないか(ちよっと大袈裟だけれど)という思いでお開きパーティなるものに足を運ぶ。
19年という流れの中で最終的に現編集部とかかわりのあった方々30名ほどが集まり、場はいつのまにかアットホームな飲み会と化した。私自身は仕事の鬼だった頃(自宅とは寝に帰る場所だった・・・どこかへ“遊び”に行く時間などは皆無のそういった意味で貴重な時代^^)の約4〜5年間(現在のようなDTPではなく、版下時代の頃)この雑誌の深みにまで携わったので、旧知の顔ぶれに感慨深いものがあるものの、雑誌が終わってさびしいねだとか、昔はよかったねとかという懐古的な会話はほとんどなく、今、これから、どうしている的な会話で盛り上がる。あまりに久し振りの再会だったからかな。
苦楽を友にした同士との再会は心地よいものであった。
[PR]



by tsukinoha | 2007-03-10 07:07 | 随想

319 北風のわすれたハンカチ

d0009581_1753797.jpg北風のわすれたハンカチ
安房直子
旺文社
1971年
(昨年ブッキングより復刻された)





私が小学校3年生の時、担任の若い女の先生が「北風のわすれたハンカチ」を朗読してくれたのが、はじめての安房直子さんの童話でした。以来、好んで安房直子さんのお話を手にしていましたが、最初に出会った「北風のわすれたハンカチ」を見かける機会がなくなって、そしていつのまにか“わすれて”しまいました。

子どもが生まれてしばらく経ってからでしょうか。子どもと一緒にいること自体、“わすれて”しまっていたものが、蘇るような感覚であることに日々おののきながら、急にこの物語のことを思い出します。もう一度読んでみたい気持ちにかられますが、図書館で検索してもどこにも在庫がなく、どうしても出てきません。しかし、私の念が強かったのか、どうか、一昨年ネットオークションで見つけて手に入れることができました。30年振りの再会です。昨年復刻版が出たので、もしかしたら図書館で見かけることができるかもしれません。

表題のお話のほか、「小さいやさしい右手」「赤いばらの橋」いずれも初期の作品。全体のほぼ半分以上の見開きに牧村慶子さんの挿し絵が入っていますが、カラーと2Cのページネイションに効果的に配置されており、ブックデザインとしてもよく考えられていると思います。

今、私が子どもに「北風のわすれたハンカチ」を朗読する番になりました。
子どもの頃に感じたすてきな感覚は、このお話のなかにちりばめられたことばの数々だったことに気がつきました。トランペットやマンドリンの音色、おいしそうなお菓子の焼ける匂い、むせかえるようなばらの香り・・・。
そして、大人になったからこそ感じられる物語の奥深さ。善意を裏切られて復讐心に燃える魔物と、パン屋のおかみさんになった昔の少女、ふたりの対話に胸がしめつけられる「小さいやさしい右手」。お互いの外見が嫌いだったはずの魔女の少女と鬼の少年が、ふとしたことで心を寄せあう「赤いばらの橋」。こんなすてきなお話もっと読まれるといいのにな・・・と思います。
[PR]



by tsukinoha | 2007-03-06 17:11 |

318 今年のひなまつりは・・・

朝気持ち悪いのとお腹痛いのとで、近所の診療所に行ったのですが、その時は少々熱があるものの結構ケロッとしていて元気だった娘。が、夕方に急変。39度まで一気に上昇して「あたまイタイ」となったので、今度は区の夜間救急へ連れていきました。インフルエンザではありませんでしたが、この手の風邪がはやっているそうです。水分だけとって寝かせました。この土日で治ってくれるといいんですが(親の勝手な言い分)。

ということで、今年のひなまつりは何もせずに過ごしました。
我が家の雛人形は娘の初節句の時に母が用立ててくれました。親王飾りのシンプルなものです。ひなまつりが過ぎたら早く片付けるのがよいと言われていますから、もう、今日は片付ける予定です。結局、ひなまつりのごちそうとか何もせずに経過してしましました。
d0009581_7464171.jpg





娘の容態の変化(?)のかいくぐるかのように、昨日ははじめて調律師の方にきていただきました。スケジュールが合わなくてピアノ納品後1ヵ月経過しての調律となりました。ピッチがずれたままの音がしっくりあるべきところに戻ったような感覚です。

ピアノのおけいこにも通いまじめました。初日は見学させてもらいましたが、私自身ピアノ教室行くのははじめてなので、興味津々。まず、ト音記号とドからソまでの音符を譜面に書くことからはじめました。次は『幼児のためのピアノメソード』(1962年初版発行、2005年63刷発行)という楽譜を使います。発行年数から見ても、譜面中の書体を見ると初版時は活版印刷だったことがわかります。(マニアックな話ですが、活版のかな書体、いいんですよ・・)最初は先生のお手本で(ドレミで)歌ってから、右手、左手というふうに練習。指の使い方と姿勢を注意されながら、譜面みながらできるように。
[PR]



by tsukinoha | 2007-03-04 07:49 | 随想

317 正しい保健体育

d0009581_651298.jpg正しい保健体育
みうらじゅん
理論社
2004年






ここ数週間ばかりは読んでみたかった本を手につけています。
みうらじゅん氏は『見仏記』しか触れたことがなかったのですが、この「よりみちパン!セ」のシリーズは以前から目をつけていました。

正直、何が正しいのかよくわかりません!!!(笑)が、ひとつ思ったのは、これは中高生向けいうより大人向けなんじゃないだろうか?と言うことです。
本書は男子向けに書かれていますが、女子が読んでもいいんじゃないかと思います。とか言って、思春期に入った自分の娘に親の方からすすめて読ませる本ではありません。「あ、うちにこんな本がある!」と本人が気がついて、親の目を盗んで読む類いのものでしょう。

突然エグイ図解とかが出てきたり、吹き出しそうになったりと、とにかく電車の中で読むのに苦労した“恥ずかしい”一冊でした(外側も別の本にかけてあったカバーしましたが)。
しかし最後まで読むと、保健体育を装った人生論に達していることがわかります!?
本書のQ&Aのコラムが最高です。
[PR]



by tsukinoha | 2007-03-03 06:59 |

316 たまゆらの道


早いものでもう3月です。

先日の新日曜美術館は志村ふくみさんでした。
『一色一生』『語りかける花』などで志村さんのエッセイに心を打たれてから早10数年。TVを通しての志村さんははじめてでした。
植物染料、機織りを通して語られるそのひとことひとことは圧倒的な説得力があります。それは志村さんの人生からにじみ出る、染めと織り、そのものです。

志村さんと娘さんの洋子さんの個展に出かけたのは2002年のことだったでしょうか。ちょうど『たまゆらの道』(世界文化社)が刊行された時期でした。その個展では志村さんの染めと織りの生地を使用した上製本が限定販売されていました。何十種類かあったもののなかから、悩みに悩んで生成地に藍や茶の濃淡の格子の装丁のものを選びました。私が所有している書籍(豪華本をのぞく)の中でも群を抜いた値段ですが、志村さんがこちらの世界へ宿された植物の音色を、精気を、私もそのひとかけらでもいいから感じていたい・・という気持ちが勝りました。会場でお見かけしたのですが、声をかけさせていただく勇気がなく、お店の方にお願いして後からサインを入れていただきました。

「たまゆら」・・・とは玉がかすれあってかすかに音をたてることび解したところから転じて、ほんの少しの間を意味するようになったそうです。この日記(ブログ)の命名も、そのような思いをこめ名付けたのでした。繭(まゆ)のなかから生まれるさまをロゴの基本に仕立ててみました。
[PR]



by tsukinoha | 2007-03-01 05:42 | 随想

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧