「ほっ」と。キャンペーン

たまゆらデザイン日記

<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧




183 日本フィル第158回サンデーコンサート

アキラさんとともに!!ポップスの魅力
宇宙戦艦ヤマト30周年スペシャル!!

最後に大きなホールのコンサートに行ったのっていつだったっけ?
しかも生オーケストラなんて、10数年振り・・・?という久々の、コンサートでした。
それだけでも感無量というもの。
しかも子どもがやっとこういう場につれてこれる年齢に達したということでさらに感無量。
そして奇しくも宮川先生の追悼になってしまったことに、いっぱいいっぱいになった胸をかかえて入場。会場は親子連れから年輩の方まで、幅広い年齢の人々でほぼ満席。2階後方席だったので、全体がよく見えました。

1曲目の「見上げてごらん夜の星を」から、もう目が霞みっぱなしでした。
「本来であったら客席にいるはずの父でしたが、姿は見えないだけできっとここにいることだと思います。」アキラさんはそんなことおっしゃるものですから・・・。
第1部はポップスを楽しむという構成。「さっちゃん」と「あんたがたどこさ」の迷?解釈は、以前、「題名のない音楽会」(テレビ朝日)でもやっていたネタでした。機会があったら是非聴いてみてください!の、ネタはここでは内緒にしておきます。時にしんみりと、時におかしく楽しい、アキラさんと平原さんの掛け合いが絶妙。

おそらくヤマトファンも大勢いたと思います。うちのような親子の場合、親はヤマトファンで、子どもの方は教育テレビのクインテットでおなじみのアキラさん。マツケンサンバなどは老若男女と、幅広い年齢のファンを獲得されている。それだけですごいです。

さて、第2部の待ちかねたヤマト。うちの場合はすでに私による刷り込みがされているので、娘は1部よりもしっかり聴き入っている様子。
途中、客席にいらしていた松本零士さんがステージに上がられて、ささきいさおさん、アキラさんと3人で宮川先生の思い出話しを披露。
宮川先生はその日、12時頃床に着かれて、1時頃、まさに眠るように逝かれたそうです。たまたまその時間帯に、九州の方でヤマトを大合唱していたという松本先生。「滅多にそんなことするもんじゃないけれど、何かそういうことってあるんですね・・」と感慨深げ。
ささきさんは、いつか紅白で宮川先生の指揮で「ヤマト」を歌うために用意していたという濃いめのブルーのジャケットで登場。宮川先生から「今年はダメだっけれど来年は」(笑)という年賀状をいただいていたとか。きっとアキラさんが意思を継いでくれるのではないでしょうか。それからアキラさんが再現の「(曲の)頭からいきます。」のお父上のギャグに、娘は大ウケしてました。

「真っ赤なスカーフ」は、いろんなバージョンがあるけれど、今日はアニメバージョンでと。これがとても嬉しかったです。そして私の大好きな「イスカンダル」。こんなに美しい曲をワンシーンのために惜し気もなくぽ〜んと入れてしまう。すごい!と語られていました。出だしのソロは、息継ぎがとても大変そうな変わった形の、バスフルートという楽器。日本にもいくつしかないとても珍しい楽器だとのこと。レコーディングの時、このバスフルートを使用したそうで、当時の再現をしてくださいました。

アンコールの最後は宮川先生に捧げる「メモリーズオブユー」。

事実上、宮川泰先生追悼コンサートになってしまいましたが、悲しみのコンサートでは決してありませんでした。松本先生だったか、ミュージックはマジックだというお話をされていましたが、まさに音楽とは心を豊かに、潤わせてくれる、魔法なんだな・・としみじみ感じました。そして、演奏してくださる側、聴く側ともに、親から子へのつながりという共通したものがあったわけですが、広くは、世代を通して語り(歌い)継がれるものの大切さを感じさせてくれるという、大きなおみやげをいただくのでした。


第1部
アキラさんとともに!!ポップスの魅力
 見上げてごらん夜空の星を いずみたく
 ニューシネマパラダイス エンニオ・モリコーネ
 さっちゃん 大中思
 あんたがたどこさ 岡野貞一
 ウナ・セラ・ディ東京 宮川泰
 恋のバカンス 宮川泰
 マツケンサンバII 宮川彬良

第2部
 宇宙戦艦ヤマト30周年スペシャル!! 宮川泰
 無限に広がる大宇宙
 宇宙戦艦ヤマトのテーマ
 決戦
 大いなる愛
 真っ赤なスカーフ
 白色彗星のテーマ
 イスカンダル
 大ディンギル帝国星
 明日への希望

アンコール
 若いってすばらしい 宮川泰
 宇宙戦艦ヤマトのテーマ 宮川泰
 メモリーズオブユー ベニーグットマン

指揮・ピアノ・お話
 宮川彬良
ヴォーカル
 ささきいさお
サクソフォン
 平原まこと
[PR]



by tsukinoha | 2006-03-29 22:29 | 音楽

182 ありがとう・さようなら

3(さ)×9(く)=27で、今日3月27日は「さくらの日」です。
冗談みたいですが本当です。1992年に制定されました。
さて、あれこれ(書き留めたいことが)たまっておりますが、記憶の薄れないうちに、書いておきたいことを優先させました。ちらっと見てくだされば幸いです。



今年の子どもたちは、練習の時泣かなかったから珍しいと思ったら・・・(by先生)

3月25日。講堂がない園なので、いつもの部屋でこの日を迎えた、男子16名、女子2名の18名の子どもたち。来賓の方、先生、保護者、在園児(来春の卒園)を囲まれ、アットホームで感動的な卒園式が行われました。

園長先生からのお話からはじまり、卒園証書授与へ。

卒園証書を受け取るとひとりひとりが中央に立って、
  〈礼〉
  自分の名前。(○○××です。)
  保育園に通った年数。(私は○×保育園に6年間通いました。)*1
  保育園で思いでに残ったこと。
  これから通う小学校。(私は4月から○×小学校に通います。)
  〈礼〉
を、大きな声で発表します。
堂々とした皆の姿に、すでに大人は涙。

しかし、一番月例の低いwくんは「5年間通いました・・・」で、絶句。
大粒の涙をポロポロこぼして・・・。
それが伝染したのか、子どもたちの表情もだんだんゆがんできました。
そして0歳児からこれまで担任だった先生方の涙、涙のメッセージ。

締めくくりは、在園児からのお別れの言葉と「思い出のアルバム」の合唱。
そして卒園児の子どもたちの言葉。
最後に「ありがとう・さようなら」を歌いながら、子どもたちは泣いていました。
人生の最初の6年を同じ場所で過ごしてきた兄弟のような子どもたち。
保育園でのお母さん的立場だった先生たち。
たくさんの人たちの力をお借りして、成長した子どもを通して、我が身を思う。

感謝と感慨の場は、自分の卒業の何倍もの感動がありました。

*1)0歳児クラスは12名でスタート。1、2歳児クラスで数人づつ増える。
(通った保育園は、区の認可保育園の私立園。入園児は区が決定し、保育料も区で決められた規定に従う。入園申し込みは第3希望まで提出する。最寄駅と家からの利便性だけで申し込み希望順を提出していた我が家にとって、第2希望の場所だった。が結果、本当に良い園に恵まれた・・というふうに思っている)




夕刻から先生を招待しての食事会がありました。
一変して子どもたちはハメをはずすくらいの、おおはしゃぎぶり。
「最後なんだから、ちゃんと先生にごあいさつして〜!」との叱咤に、
突然、どこからともなく声を揃えて卒園の言葉をはじめる子どもたち。

平成18年3月25日。
ぼくたち、わたしたちは、○×保育園を卒園します。
保育園の思いではたくさんあります。
運動会や発表会たくさんの行事を通してみんなで力を合わせてがんばる楽しさを知りました。
ともだちとけんかしてくやしくて泣いたこと、仲直りをしてもっとなかよしになれたこと。
いつのまにかこんなにたくさんの友だちができました。
いつも見守ってくれた先生、ぼくたち、わたしたちは、こんなにつよくたくましくなりました。
いつもみまもっていてくれたお父さんお母さん、ぼくたち、わたしたちはこんなに大きくなりました。
たくさんの保育園生活でみつけたたいせつなたからものをぼくたち、わたしたちの力にして、
小学校に行ってもがんばります。
いままでほんとうにありがとうございました。
さようなら さようなら さようなら


拍手喝采。

まるでテレビドラマの一場面ような出来事が展開されたのです。
席待ちしているお客さんからも笑顔のプレゼント。
ついでにうるさくしてゴメンナサイ。

そして夜。
娘は園からいただいたお手製のアルバム(*2)を布団の上で開いていました。そして疲れ切ったのか、すぐに眠りにつきました。

*2)1年が終わるごと、担任だった先生が写真をセレクトして、ひとりひとりアルバムを編集をしてくださり、次の年の先生に引き継がれると、話に聞いていた手作りの素晴らしいアルバムは、タイムカプセルのようで、「これよんで」と、0歳児クラスの時の先生のメッセージを読み上げているうちにまたまた込み上げてくるものが・・・。世界にひとつだけのアルバムです。

さて、今日から5日間は3歳児のクラスに振り分けられた我が娘の特別保育。先生のお手伝いをする(小さい子の面倒をみる)とはりきっています。
[PR]



by tsukinoha | 2006-03-27 22:35 | 子ども

181 ふたたび桜はめぐってくる

明日3月26日、日本フィルハーモニー交響楽団・サンデーコンサート(東京芸術劇場)で、
宮川泰氏のご子息の彬良氏、平原まこと氏(綾香さんのお父様ですね)、ささきいさお氏で「アキラさんとともに!ポップスの魅力&宇宙戦艦ヤマト放映30周年!!」
をやることになっています。
宮川さんも客席で観ているはずだったそう。

実はいろいろと慌ただしいので次の機会にと思っていました。
しかし、こんな時にじっとしていられない!と
公演2日前の昨日、だめもとで電話予約を。

セーフ。

まだ当日券があるそうですよ〜。80枚。(私は営業か)



今日の告別式では出棺の際、「宇宙戦艦ヤマト」のエンディングテーマに使われた「真っ赤なスカーフ」をトランペットで、「宇宙戦艦ヤマト」をブラスバンドで演奏と、ニュースにありました。

泣けてきます。

そして我が家は、娘の卒園式。

涙の河ができそう・・・。



季節はめぐってブログを開始してからもうすぐ1年。

またさくらの話しをぼちぼちしていこうかな。



よりによってこんな時に風邪気味で少々熱っぽい。
今日、明日、大丈夫か!?気合いだ・・・!

[PR]



by tsukinoha | 2006-03-25 05:59 | 随想

180 哀悼と感謝と

21日朝方、作曲家・宮川泰さんがご逝去されました。

日中、子どものお友だちの家にお邪魔しているとき、仕事中の夫から訃報(メール)が。

さまざまなことが一瞬にフィードバック。

私にとっての宮川泰さんは、なんと言っても「宇宙戦艦ヤマト」。
お小遣いではじめて購入した音楽ソフトは『交響組曲宇宙戦艦ヤマト』でしたから、音楽を観賞することの原体験と言えるかもしれません。数年前、20年のあいだ封印されていたヤマト熱が開いたとき、再び一番最初に手に入れたものは、『交響組曲宇宙戦艦ヤマト』でした。

ご冥福をお祈りします。



少し重たい話題が続いてしまっていますが・・・
近隣の桜もほころびはじめました。
[PR]



by tsukinoha | 2006-03-23 05:41 | 随想

179 NSP film tour 2006 as…めぐり逢いはすべてを越えて

最初に。
ネタバレしておりますので、ご注意ください。


d0009581_6274346.jpg品川のステラホール(命名はユーミンだそう)で迎えた「NSP film tour 2006」。3度の公演のうち、18時30分開演の最終に出かけました。18時の会場時間に間に合えばいいと思い、ぎりぎりで入ると、会場はすでに大勢のファン。おそらく40代前半の私よりも、少し年上の方々が多い。20年振りのNSPのいる場所は、なんかワープしたような不思議な空間。入り口付近に、天野さんがステージで着用の衣装、愛用のニューバランスのスニーカー、アルバム『彩雲』の原画、アクセサリー時計類、ノートパソコン(天野さんはMac派だったんだ、へー)。そしてギターが出迎えてくれました。


「フィルム「コンサート」ではなく、単館ロードショウの映画です。」

挨拶に出てこられたメンバーの平賀さんはおっしゃいました。
隣の中村さんはニコニコしています。
ああ、やっぱり天野さんはいないんだ・・・。
現実をつきつけられたよう。

昨年同ホールで関係者を招いて行われた送る会のシーンではじまる。
「これがNSP最後の演奏です。でも僕達はプロデビューしないと言ってプロになったし、復活はないと言って復活したし、いつも嘘つきですから・・」そう言って、ビデオ映像の天野さんが歌う『さようなら』に合わせて3人で演奏。そして昨年の3月のコンサートシーンなど、改めて大画面で観るステージのフィルムに涙を押さえることができず。一関の思い出の場所、Char、阿部敏郎、元ディレクター、などご縁がある方々からのインタビューを交えながらのドキュメントに、NSPと天野滋の知られざる一面を観た思い。
ごく一部の関係者以外にはご自分の病気のことを明かさなかった天野さんが、ファンには嘘をつき通された天野さんが、自身で撮られた衝撃的な告白シーンが、さりげなく折りこまれていた。

エンドロールのデモテープの未発表の曲。「まだ歌詞がついていなくてめちゃくちゃ英語(?)で歌っている」と平賀さん。そして最後の最後に『めぐり逢いはすべてを越えて』にのせて、現在2000番台までいらっしゃるファンクラブの方々のお名前が延々とつづく。

「(空気)重いよね〜でも、仕方ないよね。」

再びお二人が登場。平賀さんの気づかい。
そう、確かに、重かった。でも、暗いとか、悲痛とかそういうのではなく・・・
なんか温かかった。

「天野くんが好きな、単館ロードショーの雰囲気で仕上がったんじゃないかと思います。」

そうか、NSP自体、単館ロードショー系のミュージシャンだったということか・・・。
これから全国を回るんですね。天野さん。

そしてひそかに今後の「嘘」に期待していますよ。


会場出口でおみやげの小さい封筒を受け取る。
娘がひらひらさせていたら、
「あ、それいいな〜」と声をかけられ。
「え、違うのあるんですか?」と私。
「何種類かあるみたいよ〜」
ファンの方と声を交わすことができて、ちょっと嬉しかったです。

d0009581_6281651.jpg
おみやげ。
おそらく20代中頃。
ちょうどNSP中期の頃か。

[PR]



by tsukinoha | 2006-03-21 06:35 | 音楽

178 ほいくえん

卒園式までの通常登園が残すところあと4日になりました。
娘の通う保育園では、進級のオリエンテーションも済んで、3月の最終週から新体制でスタートです。
で、ここが保育園のすごいところですが、新体制でスタートしながらも3月31日までは、卒園児でも希望者は預ってくれるのです。(事前に希望を取り、新クラスに振り分けられる)保育園はもちろん春休みはないので、1年でもっもも忙しい時期。新クラスに以降する前日の日曜と土曜(は卒園式もある)で、引き出しの名前やら何やら一気に模様替えをするのです。ほんとうに最後の最後まで先生方には頭が下がる思いです。

思えば6年なんてあっというまです。
人見知りのいちばん激しいと言われる生後8ヵ月の時期に、「ほいくえん」に連れてこられた赤ちゃん。
ほ乳びんが大キライで「離乳食は大丈夫だけれど、今日もミルクだめでした」
床に置いておかれるの大キライで、「ずっとおんぶでした」
特定の先生以外は受け付けない。
慣らし保育がなかなか終わらない。
身が縮む思いをしながらも、仕事をする意味(生活のためであっても)を問いただしもする。

家に着くなり「おっぱい!(たぶんそう言って)」と泣き叫ぶ。
保育園に通うからと、自宅で幾度もほ乳びんにトライするも、ぜんぜん受けつけなかった。さいわいお乳の出が良かったので、99%母乳だった。「本物指向ね」と冗談で言われた。
添い寝をしないとぜったいに眠らない。
0歳児のうちは時間軸がついたA4ノートの連絡帳が保育園と家をつなぐ。
夜中に起きる日が続いていることに「大丈夫?」と先生に励まされた。
座ってくれない荷物置場と化したベビーカーをひいて、だっこして帰り道。

女の子は楽と言ったのは誰だ〜っ。


そんな赤ちゃんでも、小学校に行くまでに成長しました。
そして入学式を控えた4月3日から学童保育です。


そして今日は年末からまちに待っていた(ちょっと複雑だけれど)、NSPのフィルムコンサートへ一緒に連れて行きます。
もう6歳以上だから、大丈夫。

[PR]



by tsukinoha | 2006-03-18 06:01 | 子ども

177 ミクロ決死隊

「ミクロ決死隊」という番組が、大昔(笑)ありましたが。

レイアウト作業をパソコンでするようになって、すごいな〜と思っている(この感覚も慣れると麻痺してきます)ことのひとつが、0.1ミリ単位の位置の確認が可能になったこと。
肉眼でケイ1ミリの位置の違いにこだわる(笑)デザイナー諸氏としては、ひと昔前だったら夢のような話が、21世紀初頭現在、あっさりと実現してしまっているわけです。

2、3メートルもあるような看板だって、縮尺自在。
画面で全体を見ていた、と思ったら、いきなり微細な世界に飛び込むことができるのです。

きゃー。

そんなとき、いつでも「ミクロ決死隊」。





昨日2006年3月15日は、娘の乳歯がはじめて抜けた記念日。
コーンの粒よりもちっちゃな歯。もうすぐ満6歳と8ヶ月。

と、日記に書いておこう。
[PR]



by tsukinoha | 2006-03-16 05:56 | デザイン

176 ちょつと休憩中

うっすらとした柳の若芽の色づきも、日ごとに濃さを増して
桜の硬い蕾が日ごとに大きくなってきている今日このごろ。


以前、私がIllustratorで作成した某一連のパンフレット・リーフレット。
その韓国語版が出来上がりました。
読めないハングルは暗号文のよう・・・。
出来上がりまでそれなりに手間がかかるものの、レイアウトデータのやり取りだけで、簡単に外国語に置き換えられるというのが、やはりアナログ時代を知っている者から見れば驚異的。
コストの関係ですべて内部での製作(外注しない)。それで出来てしまうのもすごい。
翻訳をしながらテキストデータをさしかえる者1名(関連会社の韓国人)、データチェック1名(私)、印刷する者1名(社内の簡易印刷)。
以前だったら、少なく見積もっても・・・
編集者(1名)
翻訳者(1名)
オペレーター(数名)
デザイナー(レイアウト、版下で数名)
外注印刷(数名)

コストと時間の削減があればこそ、可能になったことも多いと思いますが・・・。
日頃メールでガシガシ製版入稿していると
その「便利さ」が麻痺してきます。
[PR]



by tsukinoha | 2006-03-14 12:53 | デザイン

175 スティービー・ワンダーを聴きながら

d0009581_611282.jpg
スティービー・ワンダー
Innervisions





1 Too High
2 Visions
3 Living For The City
4 Golden Lady
5 Higher Ground
6 Jesus Children Of America
7 All In Love Is Fair
8 Don't You Worry 'Bout A Thing
9 He's Misstra Know-It-All


スティービー・ワンダーの最高傑作と称されるアルバムのうち、1973年発表の本作。


アシッドジャズ全盛の90年代。
思い出すはインコグニート。
「ドント・ユー・ウォリー・バウト・ア・シング」がスティービー・ワンダーのカバーだったとは知らなかった。
先にカバーを聴いて、後に原曲を聴くという妙な体験をよくする。
そして決まって、原曲の方を好きになる(・・・だからカバーされるのか)
しかし30年も前のアルバムだとは思えないくらい新鮮。

いったい、新しいって、なーんだ?



ちょっとしたご縁が細々続いている版元さん。
久し振りに書籍のカバーデザインに着手。
キーワードは
中日友好。
桜。
スティービー・ワンダーを聴きながら・・・。(いや〜これが妙に合う、のだ)

[PR]



by tsukinoha | 2006-03-12 06:07 | 音楽

174 つらつら椿

巨勢山のつらつら椿つらつらに
   見つつ思はな巨勢の春野を

川の上のつらつら椿つらつらに 
   見れども飽かず巨勢の春野は 

あしびきの八峰の椿つらつらに
   見とも飽かめや植ゑてける君

・・・・・ いずれも万葉集より


「つらつら椿」なんて、愛らしいなぁと思って・・・。

d0009581_536562.jpg


万葉の頃は、ぽたっと落ちて不吉ななどという感覚とは無縁のようです。



椿と書きますが、室町時代に「わびざび」の茶と結びついたせいか、
冬の花の部類に区分けされることも多いようです。
ツバキはサクラとともに日本から世界へ発進された、日本の代表的な園芸種。
日本で園芸が盛んになったのは江戸時代です。品種改良されて誕生したソメイヨシノは有名ですね。
実物のツバキが欧州に渡ったのは18世紀末ころ。「椿姫」が最後病魔に侵され儚く散るのは、あんなに立派な花をつけるツバキなのに、香りがないことからだとか。

東京は沈丁花が香る季節です。桜ももうすぐ・・・。
[PR]



by tsukinoha | 2006-03-09 05:48 | 随想

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧