たまゆらデザイン日記

<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧




156  美の巨人たち—川瀬巴水

数年前、明治・大正の風景(水辺の、という限定)浮世絵をテーマにした、大型カレンダーの制作を手がけた機会がありました。
書物や画集などを通して、江戸浮世絵には親しんだ感がありましたが、近代ものは私にとって、その時がはじめての密なる出会い。
小林清親、吉田博をはじめとした作家陣、なかでも群を抜いて多くセレクトすることになったのが、川瀬巴水。12ヶ月のうち、8ヶ月分は、川瀬巴水の版画で構成することになりました。
さて、私は選択された12ヶ月の絵の並びを見て、そこにから醸し出される、北斎や広重の風景版画とはあきらかに違う雰囲気を、ぼんやりと感じていました。

そのとき感じた、江戸浮世絵とは違う雰囲気の正体。それが、新版画と呼ばれた、江戸からの伝統を踏襲しつつ、画家の描いたものを忠実(リアル)に再現するという、新しい手法を追い求めた技術であるということを後に知ります。明治時代、海外に流出する数々の浮世絵に心を傷め、日本の伝統工芸の灯を途絶えさせてはならないと、自ら版元にと奮い立った若き渡邊庄三郎の存在がありました。

年齢が行き過ぎているという理由で、一度、鏑木清方の入門を断られた失意の巴水は、洋画を学んだそうです。それでも日本画を諦めきれず、再度門を叩き、許された頃、27歳になっていました。しかし、後にそれらの経験が、日本画でも洋画でもない、川瀬巴水の新版画を生み出す糧になったのです。

そして川瀬巴水と渡邊庄三郎との出会い。
川瀬巴水の新版画は、作家、版元、優れた技術を持つ職人によって実現しました。木版画という芸術は協同作業で生み出されるものなのです。

番組で紹介されていた『馬込の月』は、地元のパンフレットの表紙にもなっています。もはやこのような風景は見られない、現代の馬込の景色に、郷愁を写します。
d0009581_22281899.jpg

最新号のタウン誌『おとなりさん』では、今月号の表紙に。(『池上本門寺』/昭和6年)
奇遇にも、先日記事で取り上げた、北原白秋が特集。
d0009581_22283373.jpg


現在三代目、銀座の渡邊木版美術画鋪は、海外にも有名。
そして、『美の巨人たち』今週の一枚の絵を。
[PR]



by tsukinoha | 2006-01-30 22:47 | 日本の伝統文化

155 アド街ック天国—松戸

先日の予告通り、今回の美の巨人たちの特集は浮世絵版画の川瀬巴水でした。
が、
その前番組のアド街ック天国は「松戸」が特集ではないですか!ということで、珍しく1時間半ぶっつづけでTVを観ました。
松戸を離れて、かれこれ15年くらい経つので、結構知らないことがいっぱいです。21世紀の森(ベスト5)が整備されたのも、実家を去った後だったし…。
よ〜く知っていると言えば、子どもの頃から馴染みの、全国で一番古いマツモトキヨシ小金店(ベスト3)。マツモトキヨシというのは、元市長だった創業者・松本清さんのフルネームで、若き日に薬屋に丁稚奉公していたとかの由来からお店を作ったとかです(たしか)。市長時代には「すぐやる課」を作ったことでも有名。

さて、ベスト13で都内有名店を押さえて全国で人気no.1のパン屋さん(通販もしている)がある!とありました。おおーっ!いつの間に?それもどうも実家の地域。と思って探してみると、ありました。パン焼き小屋ツォップ。ああ、ここは昔からパン屋さんがあったところで、同級生がここの息子だったはず…。
そうなんです。
ここの現店長は小・中学校の同級生だったのです!(って、向こうは憶えているかどうか…)
今度帰った時は、是非行ってみよう。パンを買いに!
[PR]



by tsukinoha | 2006-01-29 07:44 | 観光

154 ジョビンへの手紙〜トニーニョ・オルタ

d0009581_5385163.jpg
ジョビンへの手紙
〜アントニオ・カルロス・ジョビン・トリビュート
トニーニョ・オルタ
1998年



1 メディテーション
2 インフィニト・ラヴ
3 フロム・トム・トゥ・トム
4 クリスティアーナ
5 私の誓い
6 デサフィナード
7 白と黒のポートレート
8 モヂーニャ
9 おいしい水
10 あなたなしで
11 想いあふれて(ノー・モア・ブルース)
12 みんながあなたのようなら
13 イパネマの娘

パット・メセニーにも影響を与えた、ブラジル・コンテンポラリーギタリスト、トニーニョ・オルタが贈る待望のアントニオ・カルロス・ジョビン集(CDのオビより抜粋)
ブラジルの歌の女王ガル・コスタが参加(3、8、11)。

「僕たちの父親のような存在」だと、トニーニョ・オルタは表しています。
アントニオ・カルロス・ジョビンは1994年12月8日にこの世を去りました。(そう!ジョン・レノンと同じ12月8日ですよ…)

ある時、(と言ってもかれこれ10年くらい前)夫がギタリストの友人からトニーニョ・オルタを借りてきて、それ以来ファンです。繊細なボーカルと、美しいギターの魅力にはまりました。時々来日しているようですが、ステージの方は未見。オリジナルアルバムのなかには、矢野顕子参加の作品もあり。

カルロス・ジョビンへの哀悼は、手紙をしたためたような温もりの、ボサノバの数々。陽気でサウダージなボサノバの真骨頂のように感じます。
ブラジル音楽ファンでなくとも、耳にしたことが…なんていう曲が、きっとあるはずです。
2、3、4はトニーニョ・オルタのオリジナル。5は兄のパウロ・オルタの曲。
[PR]



by tsukinoha | 2006-01-26 05:54 | 音楽

153 美の巨人たち—ウィリアム・ホガース

テレビ東京(関東地区)の『美の巨人たち』では、1月14日・21日の2週に渡り、18世紀のイギリスで活躍したウィリアム・ホガースの特集でした。
名前はあまり聞いた事ないかもしれませんが、絵を見ると「ああ」と思い当たるかもしれません。

18世紀ロンドンの貴族や庶民の生活を風刺で捉えた、数多くの傑作を残した画家です。
1週目は『放蕩息子一代記』2週目は『当世結婚事情』を軸に、ホガースと当時のロンドンの内実に迫った「ドラマ」は見応えのあるものでした。

ホガースの製作は一風変わっており、最初に油彩画を仕上げた後、同じテーマで銅版画を製作するという手順をとっています。油彩画では絵画としての質を高め、銅版画では細部の小物に至るまで、意味を含ませた読ませる絵に徹底していたそうです。絵を通してひたすら社会批判を訴えていたのです。

興味深かったのは、文豪・夏目漱石が、ホガースの魅力にとりつかれていたということでした。明治33年、国家の命でロンドンへ留学に来ていた漱石は、ホガースの絵を通じて、ロンドンの社会や風俗を学んでいったそうですが、先進国のその実体に、苦悩し、鬱になってしまったとか…。


今週(28日)は昭和の広重と謳われた、版画家・川瀬巴水(かわせはすい)の特集。
[PR]



by tsukinoha | 2006-01-24 05:46 | 芸術全般

152 雨は似合わない

   冬だから 雨は似合わない
   冬だから 白と黒の街


『雨は似合わない』はモノトーンの冬の景色が思い浮かばれる詩です。

白・黒・灰の色見本です。仕事用を兼ねて作りました。
d0009581_6184733.jpg


北原白秋は『城ヶ島の雨』で

   雨は降る降る 城ヶ島の磯に 利休鼠の雨が降る

と詠いました。
「利休鼠」の「利休」とは茶人の千利休が好んだと言われる緑がかった鼠色。
雨で、城ヶ島(神奈川県三崎)の木の緑が白んだ色が、利休鼠の色のようだということですね。余談ですが、城ヶ島を一周する遊覧船に乗ると、『城ヶ島の雨』がかかりっぱなしです。お天気次第で風情が味わえるかもしれません。

上記の色見本に上げた以外の名前を拾ってみると…

純白・卯の花色・胡粉・鉛白・白土・白磁・白鼠・薄鼠・白梅鼠・小町鼠・銀鼠・薄雲鼠・絹鼠・暁鼠・桜鼠・薄梅鼠・鴇色鼠・鴨川鼠・淀鼠・水色鼠・湊鼠・空色鼠・浪花鼠・鳩羽鼠・藤鼠・素鼠・中鼠・都鼠・御召鼠・銀色・錫色・小豆鼠・臙脂鼠・紅鼠・牡丹鼠・江戸鼠・茶気鼠・嵯峨鼠・壁鼠・生壁鼠・山吹鼠・黄鼠・玉子鼠・島松鼠・呉竹鼠・藍生鼠・藍味鼠・鉄色・鉄鼠・軍勝鼠・納戸鼠・紫鼠・桔梗鼠・貴族鼠・源氏鼠・繁鼠・黒鼠・黒橡・憲法色・涅色・烏羽色・濡烏・黒・純黒

多くは植物などの自然からの名前。なんでも色名にしてしまった、江戸が生んだ「四十八茶百鼠」。これは贅沢華美を幕府から禁じられた庶民の知恵と工夫からきているようです。地味な茶や鼠の微妙な色の変化をつくり、着物などは表は地味に、見えない中側には鮮やかな色目や文様を用いておしゃれをたしなんでいたそうです。「いき」の文化が育まれた一端が伺えます。

今日は東京は雪。

参考文献など
日本の伝統色 1987年 読売新聞社
雨は似合わない NSP 1974年 キャニオンレコード


d0009581_6192912.jpgd0009581_6193986.jpg
[PR]



by tsukinoha | 2006-01-21 06:32 | デザイン

151 魅惑のランドセル

近所の地元密着型某百貨店。
ふだんのおつかいに来るたびに、羨望の眼差しでディスプレイを見つめていた娘は、休日に、念願のランドセルを父親に買ってもらいました。
最近はピンクひとつとってもローズ系のスモーキーなものからビビッドなものまでいろいろ。
しかし、「赤がいい!」(昔ながらのクラシカルなふつーのやつ)と、心に決めていた。どういうわけか最近ピンク嫌い。(ピンクonly時代を早くも抜け出したらしい…)

暖かな日。いつもの自転車をやめて散歩がてらの徒歩の買い物。
「自分で持つ!」と、えっちらおっちら15分ほどランドセルの包みを持って歩いて帰宅。
それから家の中で、背中から下ろすことはなかった。
ランドセルを買ってもらって嬉しくて嬉しくて仕方がないといったような、コマーシャルで見かけた男の子のように、お風呂前は素っ裸で鏡の前で背負ってポーズ。
夜は夜でランドセルと寝床に入る。
ここまで彼女を惹きつけさせる魅力とは…。


ランドセル豆知識
オランダ語で「ランセル」(ransel)と呼ばれていた「背のう」(はいのう)は、西洋式の軍隊制度が導入された幕末の日本に、軍隊で使われるものとして輸入される。
明治10年に開校した学習院で、この軍用の背のうに学用品類をいれて通学させることになったのが、学童用としてのはじまり。「ランセル」が訛って「ランドセル」に。今のリュックに近かった形のランドセルが、現在のような箱型ランドセルになったのは、明治20年当時の内閣総理大臣、伊藤博文が大正天皇の学習院入学を祝い、特別に作らせたものを献上したのがその始まりとされている。戦前まではどちらかといえば都会型の商品とされ、地方では教科書やノートを風呂敷に包んで通学するのが一般的。 全国的にランドセルが普及するのは昭和30年代以降。

[PR]



by tsukinoha | 2006-01-17 22:16 | 子ども

150 世界にひとつだけの本

さむ〜い日や天気の悪い日、家のなかでこんな遊びはいかがでしょう。

折っただけでできる簡単8ページえほんです。
d0009581_11254936.jpg〈1〉
A4程度の紙(薄手の画用紙などが適当)を用意して、8等分に折り目をつけ、赤い線の部分だけカッターか、はさみで切り込みを入れます。
〈2〉
真上から見た図。1の山、谷にそって折り、一方方向にたたみます。
〈3〉
出来上がり。図のように左開きだと縦組の本、逆にして右開きだと横組みの本です。

立体が完成してから絵や文字を描いてもよいのですが、展開図の段階で描いていくと、仕上がった時の喜びもひとしおです。


この手づくり絵本は、3年ほど前に、保育園の先生から教そわりました。

世界にひとつだけの小さい本。
絵を描いても、おはなしを書いても。

ということで、作例として娘が描いた絵本を。
博物館に行った(記事no.148)翌日、「昨日の思い出を書いてみよう!」と言って出来たもの。A4のコピー用紙(上質紙)で作成。
d0009581_11292464.jpg

すると…
d0009581_11293677.jpg

こ、これは、夕飯に立ち寄った焼肉屋の風景…!
d0009581_11301346.jpg
しかも
d0009581_11303141.jpg
かなりの手抜き!
d0009581_11304090.jpg

と、こんな具合に楽しめます(汗)。

みずゑ別冊の『絵本のつくり方』の中で、この方法での本の作り方が掲載されているのを見つけましたが、もっと「上等なできばえ」のイラストが魅力的でした。
[PR]



by tsukinoha | 2006-01-14 11:47 | デザイン

149 スティル・ライフ

d0009581_2234313.jpg
スティル・ライフ
パットメセニーグループ
1987年
ゲフィン



1 ミヌワノ(68)
2 胎動
3 ラスト・トレイン・ホーム
4 トーク
5 サード・ウィンド
6 ディスタンス
7 ファミリー



念願の一人暮らしをはじめたアパートに、テレビは置いていなかった。
1年あまり事務所に居候した後に、プライベートな空間を持つことは、
とても贅沢のように感じた。
ラジオがついたコンパクトなCDプレーヤー。それだけで十分だった。

    事務所に住み込むとはどういうことか!?
    「ちょっと実験してみるだけ」
    そう、友人たちに言ってみせるのが精一杯だった。
    あのころ…。


歌詞のない音楽を好んで聴くようになったのは、そのころから。
いつも決まった時刻に聞こえてくる、
J-waveの『ラスト・トレイン・ホーム』。
まだ見ぬ大地の風景が広がるような錯覚。
耳をすませば
それは今でも変わらずに訪れる。



ジャズギタリストの第一人者、パット・メセニー。
完成度が高いとされる次作『レター・フロム・ホーム』をベストに上げる人が多いのですが、私は断然このアルバムが好きです。
ところで、最近はどうなのか注意していないのですが、写真で見るパット・メセニーは、いつもボーダーTシャツしか着ていなくて「一丁裏か!?」などとファンに思わせるこだわりを見せてくれます。約10年前のコンサートでもボーダーTでした!

さて、テレビはなければないで慣れるものです。
今やさすがにそうもいかなくなりましたが。
[PR]



by tsukinoha | 2006-01-12 22:21 | 音楽

148 博物館に初もうで

d0009581_19434344.jpg家族を道連れに東京国立博物館へ。
目当てはこの時期に展示中の長谷川等伯筆『松林図屏風』(16世紀末)。(1/29まで)
新しい年のはじまりの展示。余談ですが、松がめでたいとされるのは、古代の人々が、冬になっても枯れることのないこの常緑の木に、永遠の生命を感じ見てとっていたところからはじまると言われています。

8日の東京は冬晴れの気持ちのいい天候に恵まれました。
日曜でも人がまばらで、贅沢な空間が繰り広げられている、常設展のみ開催の日の東京国立博物館。
本館のベンチで空を見上げると青い空がどこまでも続いていて、いつまでもいつまでもこのままでいたくなる…のを振り切って、いざ館内へ。


「日本を代表する水墨画」と言われた時、日本の水墨画の祖と言われる雪舟の画よりも、等伯の『松林図屏風』を指す人が多いそうです。もっとも、目に見えない空気の表現、(余白と呼ばれるものですね)に挑戦したと指摘されるこの松林の画は、日本の水墨画のひとつの到達点を極めたとも言わしめています。
国宝室と名付けられた本館の一室に鎮座しておりました。

ほどよく保たれた館内の温度のせいか、ほのかな照明のせいか、屏風の立体の陰影のせいか、湿度という皮膚感覚で味わう、静まりかえった松の林。

d0009581_194804.jpg

「墨に五彩あり」。
モノトーンに色彩を見るというのは、一を知って十を知るという禅の感覚につながっているのでしょうか。禅とともに中国から入った水墨(山水)画。

6歳の子の意見を聞くと…
  もりのなか。
  まつの木。
とのこと。この年齢だと「松」の木の名前を知っているとか、この絵が「松」に見えたんだとか、もりのなかにいる、そんな感じ方ができるものなのか、などと子どもの感想も楽しみのひとつだったりします。



本館だけで2時間以上かけて、その後念願の法隆寺宝物館へ。でも結構くたびれモード。
結局東洋館はまたまたお預けに。しかし420円の価値は十分すぎるくらいでした。
[PR]



by tsukinoha | 2006-01-09 19:50 | 展覧会

147 色っぽい人々

d0009581_21455728.jpg
同色対談
色っぽい人々
松岡正剛
淡交社
1998年


色は媚薬か劇薬か

オールカラーの対談集256ページ。
美輪明宏、辻村ジュサブロー、ワダエミ…意図せずして年末年始のたまゆら日記の端々は、この一冊に通じていきます。
各界の一流ゲスト陣の色にまつわる話あれこれ。

目 次
第1章 色始め
  白と黒の告白/山口小夜子
  月の砂漠に青を見る/藤原新也
  赤い色の着物が着られない時代/辻村ジュサブロー
  黄色は主役をめざさない/ワダエミ
  金と銀の東方回帰/今井俊満
第2章 色は匂へど
  火が茶碗の中に生きている/楽吉左衛門
  風が音を連れてくる/ツトム・ヤマシタ
  水の物語を取りもどしたい/安藤忠雄
  眠りゆく地の精霊/柳町光男
第3章 色立体
  積もる色・立ちあがる色/奥村靫正
  赤と黒のハイパーエロス/石岡瑛子
  熱い宇宙を着てみたい/杉浦康平
第4章 十人十色
  女心を真っ赤にそめる/阿木燿子
  男・花組・咲かせます/安寿ミラ
  少女感覚の対策と傾向/萩尾望都
  国家と戦争とおもちゃと少年/島田雅彦
第5章 色好み
  草萠ゆる膳、味は雅びに/中東吉次
  隈取りの紅はいよいよ赤く/中村吉右衛門
  老狐は軽やかに笑う/茂山千作
  千変万色の女を生きる/美輪明宏


色彩学のような。色彩心理学のような。何と言えばいいのか。
こんな色をめぐる本見た事ない!のでありました。
日本の色を知る一冊と言ってもいいでしょう。ちょっとつまみ食い…だけでも、その色の(奥の)ひだに触れることができます。が、そうして深みにはまるのです。
しかし何と言ってもすごいのが、亭主の松岡さんなり。氏がいなければこのような企画は、まず成り立たないでしょうし、そのエスコートぶりにためいき…。

日本ペイントPR誌『可視光』に10数年に渡っての連載の単行本化。
天才(奇才?異才?)松岡正剛氏の本も、こんな読みやすい対談集からですと、入りやすいのではないかと思います。
[PR]



by tsukinoha | 2006-01-06 22:07 |

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧