たまゆらデザイン日記

<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧




116 Wave

d0009581_22295818.jpg
Wave 
アントニオ・カルロス・ジョビン
(1968)




1 Wave
2 Red Blouse
3 Look to the Sky
4 Batidinha
5 Triste
6 Mojave
7 Dialogo
8 Lamento
9 Antigua
10 Captain Bacardi



10代の頃、「Wave」との最初の出会いは譜面だった。
ボサノバのスタンダード。リズムBOXなんかにはボサノバというセレクトもあったので、ボサノバってリズムのことかな?と思った。しかし研ナオコが「ボサノバ」という曲を歌っていて、ボサノバが何を意味するものかがよくわからなくなった。

20代、「Wave」の原曲を聴いた時はショックだった。
ボサノバというのはこんなに「地味」だったのか。あえて抑揚を押さえたような、淡々とした音の連続。それまで知っていた音楽の有り様とはまったく異質なものに思えた。インストゥルメンタルがメインのこのアルバムが、音響環境によっては、イージーリスニングの安っぽい音に聞こえてしまう危険を孕んでいるせいもあるかもしれない。
ボサノバがニューウェーヴの意味だと知ったのはその後のこと。

30代、音楽で重要なのはリズムであるということにようやく気がつく。
コード進行を真似たところで、けだるさを歌ったところで、ほんもののボサノバにはならない。(無論ボサノバに限らず)リズムというのは打楽器がつくっていくものではなく、言葉…母国語の違いからすでに決定づけられているものだったと知る。東洋人が西欧のリズムを修得するには、途方もない修練が必要ということである。

ブラジルの音楽界に新しい波を起こしたひとりが、アントニオ・カルロス・ジョヴィン。
伝統的(土着的)なラテンアメリカのサンバを、中〜上流階級に開放したもの、それがボサノバだという。サンバが情熱だったら、ボサノバはサウダージ(郷愁)の部分を表現する音楽。
ジョヴィンは1957年のフランス映画「黒いオルフェ」の音楽で世界的に知られるようになる。ボサノバ第1号とされているのは1958年の「シェ・ガ・ジ・サウダージ」(英語タイトル「ノー・モア・ブルース」)。
40年前、当時はブラジルの「ニューウェーヴ」であったボサノバ。その後ジャズとの融合を経て、今やひとつの音楽のカテゴリに落ち着いている。

ボサノバは夏のイメージがするけれど、秋のボサノバもまた味わい深いなり。
[PR]



by tsukinoha | 2005-10-31 22:34 | 音楽

115 子育て支援講座-4

ブログ記事046、064に続く、保育園の子育て支援講座の4回目です。
3回目は、施設見学ということで、外部の方のための講習会(園の概要、ビデオ観賞、見学、給食試食など)でしたので、出席できませんでした。

今回は手作りおもちゃの製作ということで、おんぶひもと、パズルを作りました。

おんぶひもは、人形をおんぶできるように、ミニタオルにひもをつけたもの。
メインはパズルです。
「好きな絵をもってきてください」という漠然とした指示だったので、どうするんだろう?と思いつつ、たまたまさっと取りだせた展覧会のチラシ(去年の)を持っていきました。「好きな絵」は貼っても、描いてもよしということだったので、模写!?をしました。かなりアバウトです。
色ムラでかすれている部分は、マジックインクがなくなったところです。厚紙に絵を描いて、枠になる部分を幅15〜20ミリくらいにカットして台紙に貼付け、あとは自由な形に切り取る…この台紙の厚紙を切るのが結構大変で時間切れになってしまい、家に戻ってから、結局碁盤の目のようにカットしました。
d0009581_2210033.jpg

「手づくり」という今回のテーマでは、手を使うことで脳が刺激され人は成長する、という意図がこめられていたのですが、園長先生(60代後半・男性)の余談では、手先を使わないことへの警鐘(手を使うことで進化してきたのであろう人間、手を使わないことで人間は退化がはじまっているのではないかなど)にまでおよび、まったく同感だと思いました。



5〜6歳にもなると、100ピースくらいのパズルをすいすいと仕上げてしまします。
32ピースはさぞかし簡単だろうと思ったわけですが、全部スクエアなのと、うまくはまらないのに(手作りなのででこぼこが結構あるんです)以外と手間がかかって、娘はぷりぷりしていました。
[PR]



by tsukinoha | 2005-10-29 22:14 | 子ども

114 インディアンには、はげがいない?

数カ月前にサーバーの不具合があったことがきっかけで(滅多にありませんが←あったら困る)、いざという時のために、宅ファイル便というのに職場用のアドレスを登録しています。
登録するとメール便が送られてくるようになっていますが、日報(自分も出します)や、連絡などが毎日100件以上入ってくるので、だいたい飛ばし読みです。が、今回はこの見出しに目がいってしまいました。

インディアンには、はげがいない?

「インディアン伝承シャンプー」というのを開発した、あるシャンプー会社の広報です。

インディアンは「髪に永遠の魂が宿る」という考えを持ち長年の間髪を大切に大切にしてきました。その髪をできる限り強く、丈夫に長持ちをさせる為に、見つけられ、伝えられてきたのが・・・
 
ということです。

「髪に永遠の魂が宿る」に近い感覚は、きっとインディアン以外でもあったことなのではないかと思います。例えば、濡れ場にも当たる愛情表現のしぐさとされる、歌舞伎の髪梳きのシーンからも読みとれそうです。
そういえば、月代は、はげに標準を置いたヘアスタイルだったんでしょうか…。

すいません。はげ、はげって。
[PR]



by tsukinoha | 2005-10-28 05:54 | 随想

113 災害時引き取り訓練

いつもよりちょっと早く職場を出て、今日は年に一度の保育園の災害時引き取り訓練。
しかし雨のため予定していた公園ではなく、保育室で点呼をとるのに変更されました。
引き取り訓練とは別に、保育園内では園児たちが定期的に避難訓練を行っています。先生の号令に合わせてテーブルの下にもぐったり、防災頭巾をかぶったりするようです。赤ちゃんクラスだと、先生のための訓練という感じです。

昨年度から保育園では災害時情報提供マニュアルを保護者に配布し、いざというときの連絡方法や状況提供を把握できるようにしています。また、親の方は、誰がどのくらいかかって迎えにいけるのか、近所でフォローできる人は誰かなど提出をしています。

我が家の場合、私が職場から徒歩で2時間かけて迎えに行くということになっています。
(銀座〜大森間なので第一京浜をひたすら歩きますが10kmくらい。フルマラソンより短距離じやないですか!)
幸いにも娘と同じクラスのお友達家族が、たまたま同じ集合住宅に住んでいます。お互い親兄弟が遠方にいるので、協力しあうことにしていますが、そういった方が近くにいると心強いです。
[PR]



by tsukinoha | 2005-10-26 21:56 | 子ども

112 芋掘り遠足の謎

爽やかな秋晴れの今日。先生方の引率で、娘は私立園合同の芋掘り遠足に出かけました。
ウン十年前、私も幼稚園のときに本土寺(ブログ記事042参照)の方まで徒歩で芋掘り遠足に出かけた記憶があります。が、いったい芋掘り遠足っていつの時代からあるのでしょう。いえそれ以前に地域的なものもありそうです。秋田では鍋コ(秋田弁)遠足だそうで。
それから小学校の時は、梨もぎ遠足もありました。市のはずれにある梨園まで徒歩で出かけました。あまり知られていませんが二十世紀という品種の梨は千葉の松戸が発祥です。

さて、保育園で芋掘り遠足の行事まであるのに感謝しつつ、そのために東京の大田区から、神奈川の厚木までバスで出かけるとは、ちょっとしたカルチャーショックです。川瀬巴水(昭和の広重)などの版画を観るかぎりでは、戦前はこのあたり(馬込)は田んぼや畑だったというのに、この変わり様は…とも思ってみたり。

たくさんのお芋のお土産で、しばらくはさつまいも料理が続きそうです。
さつま汁、きんぴら、芋ごはん、シチュー、肉じゃがのさつまいもバージョン…。
保育園では、採れたお芋で、子どもたちがスイートポテトを作るというお楽しみもあります。

鹿児島で生まれ育った父は、芋づくしだった戦時中の経験からか、さつまいもが嫌いです。
[PR]



by tsukinoha | 2005-10-25 22:15 | 観光

111 消息

電子メールならぬ、アナログメール。つまり手紙というわけですが、
保育園の子どもたちの間で流行っています。
どうも我が娘が流行らせたようなのですが…。
昔通販で買い置きしてあった、ミッフィーの100の便箋と封筒があって、「あげる」と言ったのがはじまり。
娘は毎晩のように、先生に、お友達にと、せっせと手紙を書くのです。

あまりにもつたなすぎる真剣な文面に、感心したり、笑ったり。

お友達からもらった手紙もなかなか楽しい。
自作のぬりえ(線画ですね)をつくったものや
男の子からはムシキングカードも入っていました。

手紙のことを昔は「消息」という言い方をしています。
よく古美術の展覧会などに出かけると、「消息」というのを目にしますが、それは手紙のことです。通信手段が書状でしかなかった時代は、書簡はまさに「消息」そのものであったということが伺えます。
書が書き手のたましいを写すということなのでしょう。

通信手段は多様になりました。
手書きの文字ではないから思いが伝わらない、心がこめられていないか、…そんなことはありません。
しかし家では子どもにPCに触れさせていません。
大きくなったら嫌でも触るんですもの。



久し振りの晴天の日曜。
毎年恒例の最寄駅前商店街のお祭りがありました。
ミニSL、ミニ動物園、ポニーの乗馬、お餅つき、1回100円〜200円也。一通り遊んだ後、マーチングの出番がありました。子どもたちの成長した姿はまぶしすぎました。
[PR]



by tsukinoha | 2005-10-24 05:53 | 子ども

110 デザイナー誕生

d0009581_724257.jpg



デザイナー誕生
近世日本の意匠家たち
(1962年・美術出版社)
水野比呂志


『雁金屋草紙』を手にとった頃の事。
「デザイナーだったらこれを読まなきゃ駄目よ」と20歳年長の当時のマネージャーに言われて、渡された本です。
はからずもデザインということに足をつっこんだ自分が、日本に生まれ育ちながら、そのデザインの源泉を辿るということをまったくしていなかったことに気づかされ、あまりにも無知であったことにショックを受けたものでした。加えていうならば、デザインを勉強する場というのは、ただスキルを教えるのではなく、こういうこと(歴史や思想から創造というものを捉えること)を学ぶ場でなければ意味ないのではないかと憤りさえ感じたものです。日本にいながら日本の古美術という「観賞するもの」として切り離されてしまったような見方しかできないというのは、おかしなものです。

前記事をご覧いただいた方ならお気づきのように、表紙は尾形光琳の「紅白梅図」の流水。
クリネックスティシュー(Design by 故・田中一光)の意匠です。
以下、目次。

   アート・クリティク 能阿弥・紹鴎・利休——茶道美学とその実践
       スポンサー 町衆・納屋衆——町絵師と詫茶の擁護者
 インテリア・デザイナー 永徳——城館と濃絵
  クラフト・デザイナー 織部・乾山——器形と陶画
  アート・ディレクター 光悦——鷹ヶ峯工房の意図
    レイアウト・マン 宗達——扇屋俵屋の技術
     アイデア・マン 光琳——流行感覚と意匠
テキスタイル・デザイナー 友禅——染物模様と絵画
    イラストレイター 師宣・政信・春信——浮世絵の発生と完成
    フォトグラファー 北斎・広重——風景と風景画
 デザイナーなきデザイン 民芸——非個性美の世界と現代

単なる美術論ではなく、日本のデザインという視点で整理された本書は、芸能の創設期である室町時代の能阿弥を基軸としたもの。もちろんそれぞれをより掘り下げていくと本書の視点だけでは網羅されない部分がありますが、こうして俯瞰して見る事のできる入門書としては格好の一冊です。
[PR]



by tsukinoha | 2005-10-22 07:06 |

109 雁金屋草紙

d0009581_22345816.jpg


読書の秋、第三章。
鳥越碧(とりごえ・みどり)著『雁金屋草紙』。
第一回(1991年)時代小説大賞受賞作。(※)
画像は単行本。講談社文庫版もあり。

※時代小説大賞は、現在はない

雁金屋(かりがねや)とは、江戸時代中期の京都の呉服商で、尾形光琳・乾山兄弟の生家。
その雁金屋に奉公に出された遠縁の奈津という女性の目を通して語られる、絵師・光琳の生涯。
この小説の発表後に、「紅白梅図」や、つい先日までの「燕子花図屏風」(ブログ記事044燕子花図屏風・参照)の修復と検証によって、それまでの史実が(金箔を使用していない?など)微妙に揺らぐことになりますが、それはそれで、江戸の上方の往来が聞こえてきそうな雰囲気のなかで、大作にのぞむ光琳の息づかい、実直な弟の乾山(けんざん)の姿がリアルに描かれています。

ところで、芸術新潮10月号の光琳特集は読みごたえのあるものでした。(ブログ記事097光琳の七不思議・参照)
現代に至るまで、光琳という絵師についてこれだけおもしろく書かれているのも、もとはといえば光琳自らが、きちんと身のまわりのものを整理したものを、子の寿市郎の養子先の小西家へと託したことにあると思います。日本で最初に女性問題で訴えられた人物としても(書状が残されているので)美術史家の間では有名な話です。その上に、パトロンの中村内蔵助ともただならぬ関係であったとかないとか。公私ともに話題のことかかない人物だということが伺えるでしょうか。

作者の鳥越碧さんはそんな光琳に惚れた一人のようです。あとがきで「貴方の光琳や乾山を汚してしまったとしたら、何卒お許しくださいますよう…」と記されています。
「もう読んだから」(いらない)と譲られた一冊。
光琳に対して当時(20代半ば)何ら免疫のなかった私の場合は、この小説で光琳に惚れてしまったのでした。
[PR]



by tsukinoha | 2005-10-18 22:41 |

108 金木犀の香り

週末に就学児健康診断通知書が届いて、いよいよだな〜と実感が沸いてきました。
保育園の年長児の18名の殆どは地元の小学校に入学するものの、結構皆学区がばらばらなのと、引越で遠くへ行ってしまう子もいて、今から卒園式が思い遣られます。というのも、在園児代表でひとつ上の園児を見送ったとき、娘たちの殆どがお別れがさびしいと言って大泣きをしていたからです。5歳の子たちが。



昨日は羽田の向かいの人口島、城南島へ保育園のお友だちの家族一行と出かける予定でしたが、雨だったので、室内ピクニックに変更。四家族がお友だちの家に集合。1歳から6歳の8人の子どもたちが室内で大暴れでした。



民家の庭先にある金木犀を探しながら、娘とおつかいに出ました。雨あがりの湿った空気にいい香りが漂います。そんな私たちは、夕方にあった関東地方の地震のことを全然知らずにいたのでした。
[PR]



by tsukinoha | 2005-10-17 06:04 | 子ども

107 ミネルヴァ茶房

夏の避暑地に出かけたのはもう20年近く前。
まさかそんなところで「ミネルヴァ茶房」を見つけることになるとは。思いもよらないことに遭遇しつつも、誰かに告げる訳でもなく、自分の妄想と決め込み胸の内にしまいこんだ事件でした。

「ミネルヴァ茶房」というのは、『ソフィアの秋』の冒頭に出てくる喫茶店の名前。
早稲田に実在した喫茶店をモデルに、五木寛之が物語に登場させたのが「ミネルヴァ茶房」という架空の店。そしてその小説から名づけたというのが、私が20年前に発見した軽井沢の「ミネルヴァ茶房」。実は、昨日はじめて知りました。点と点だった疑問が、ネットの普及によって、あっさりと線でつながってしまったという訳です。

ドトールの出現以来、「茶店(サテン)」は確実に減少しました。
コーヒーと煙草の混ざったような独特の匂い。そんな場所に最後に出かけたのはいつのことだったか。そして時代は「茶店(サテン)」から「カフェ」へ。
しかし、お茶をキーワードにした、情報の交換の場というのは、これからも変わらないのでしょうね。
ネットをしている私の傍らにも、ほらお茶が…。
[PR]



by tsukinoha | 2005-10-14 22:54 | 随想

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧