「ほっ」と。キャンペーン

たまゆらデザイン日記

<   2005年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧




018 30年の時間(とき)をワープ!

アコースティックヤマト 宮川彬良・平原まこと 2005年(コロムビア)

1.イスカンダル〜深海バージョン
2.宇宙戦艦ヤマト〜砂漠の川バージョン
3.序曲から 無限に広がる大宇宙
4.サーシャ
5.白色彗星〜ジャズバージョン
6.大いなる愛
7.スターシャ

作曲:宮川 泰  編曲:宮川彬良



昨年30周年を迎えたもの。
キティちゃん、アルプスの少女ハイジ、そして忘れちゃならない宇宙戦艦ヤマトがある。

私がヤマトにはまったのは30年前の本放送ではなく、再放送(再々放送?)で、周り中みなヤマトで盛り上がっていた時期だった。放課後の部活動を終えるとヤマトを観るのに一目散で帰宅したものだ。
衝撃的な『さらば宇宙戦艦ヤマト』(1978年)の後に熱はさめるものの、それでも『宇宙戦艦ヤマト完結編』(1983年)は最後の記念と思って映画館に足を運んだ。しかし一緒だった一つ下の後輩(異性)とラストのラブシーンを前にした後味の悪さが原因だったのか、以来私はヤマトの記憶をすっかり消し去ってしまっていた。ある失意の2年前に、偶然、ケーブルTVの再放送で20年振りに再会するまでは…。
時すでに遅く、確かに持っていたはずの『交響組曲宇宙戦艦ヤマト』のミュージックテープ(!)もあるはずはなく、再入手したCDを手にして思い出した。私が初めて自分の小遣いで買ったミュージックソフトが『交響組曲宇宙戦艦ヤマト』であったことを。出会いと再会の偶然と必然の不思議に驚きつつ、胸の奥にしまわれたヤマトの存在に気づく私だった。
さて、肝心のアルバムの話。
宮川彬良氏のピアノ、平原まこと氏のサックスがメインとなった、大人仕立てのアコースティックヤマト。
当時ヤマトの音楽を手がけていらした宮川泰氏のご子息、彬良氏自らの『交響組曲宇宙戦艦ヤマト』『交響組曲さらば宇宙戦艦ヤマト』からの選曲が、ファンにとっても指示の高い楽曲であることが魅力的。シンフォニーがアコースティックに見事に変化(へんげ)しているのには、調理法を変えても、元が優れているものは優れているとは言え、多彩な彬良氏の才能を感じさせるにありあまる。そして何よりも父から子へと受け継がれた、愛情に満ちた音楽のヤマトとしてこれ以上のものはない。まさに往年のファンにはとっておきのプレゼントである。勿論、ヤマトのことをあまり知らない人でも、音楽として十分味わい深いものであると思う。
宮川彬良氏と平原まこと氏、お二人は現在積極的にステージでの活動をされている。そのなかでアコースティックヤマトからも、いくつか演奏をされているらしい。是非ライヴで聴いてみたいものである。
さて、私がAmazonの通販で入手したCDに、縁あってサインが記されてある。宮川さん、ではなく平原さんの方である。平原綾香さんのお父様の。
[PR]



by tsukinoha | 2005-04-29 22:32 | 音楽

017 大はしあたけの夕立

前日(25日)4月の千秋楽を終えて、歌舞伎座の通用口からは横付けされた大型トラックに、

大道具の背景画が詰め込まれていました。

普段デスクワークの多い私が珍しく外出。“おつかい”もたまにはいいものです。

八丁堀の方まで届けものをした後、銀座中央通りの伊東屋(文具・画材の大型店)へ行く…

裏道を散策しながら、忙しさのさなかの息ぬきのはずでしたが、

突然の激しい雨に見舞われました。

ビル伝いになんとか移動しつつもずぶ濡れ。

こんなとき広重の『名所江戸百景 大はしあたけの夕立』を思い出すのは、

きっと自分くらいだろうと思いつつ、待っても止みそうにない雨に、
d0009581_5314863.jpg
伊東屋オリジナルの赤い傘を買いました。

広重のこの絵はゴッホが模写をしていますが、

浮世絵はジャポニスム(西洋の日本趣味)として

印象派の画家たちに影響を与えました。

おまけの画像は、あるときのある雑誌の特集ページの扉。
[PR]



by tsukinoha | 2005-04-27 05:42 | 随想

016  音楽レヴュー事始め

このブログのフォーマットには、ライフログという名のamazonへのリンク設定があります。(左側の画像ですね)
クレジットも表記もしないで、唐突にCDジャケットのみにしたのは、天地のスペースをあまり長くしたくなかったということもありますが、これにはあるようでない意図がありまして、無言のブログにBGMがかかっているつもり、なのでした。
その変わりと言っては何ですが、定期的にCDのレヴューを試みたいと思います。
ちなみに筆者のかなり偏った好みとなります。

**********

処女航海 ハービー・ハンコック 1965年(ブルーノート)

1.処女航海
2.ジ・アイ・オブ・ザ・ハリケーン
3.リトル・ワン
4.サヴァイヴァル・オブ・ザ・フィッテスト
5.ドルフィン・ダンス

60年代に入った頃のジャズは、マイルス・デイビスを始めとしたミュージシャンたちが、ロックなどの新たなサウンドのエッセンスを取り入れ、それまでのジャズのスタイルから新たな可能性を開拓していった、そんな時代だった。
その渦中にして最大の傑作を生み出したのがハンコックの『処女航海』だと言われる。現在でも60年代モダン・ジャズの最高傑作の筆頭として上げられることが多い。
私がこの曲を知ったのは、小学生のとき。
ジャズファンだったからではなく、当時習っていたエレクトーンの楽譜集に載っていたのだ。しかし、この単調なメロディーと変ったリズムに馴染めなくて、当然、ロックやポップスのノリのいい8ビートや、ムーディーなボサノバの方が好きだった。
実は、原曲を初めて聴いたのは大人になってからで、子供の頃イメージしていたものと随分違った曲に聞こえた。それもそのはずで、大抵の譜面はエレクトーン用にかなりアレンジされていたのだ。しかし、この曲の抑揚を押さえた渋いトランペットと、ゆったりとしたリズムのなかの緊張感の魅力がわかるのは、やはり大人になってからでないと、と思う。このアルバムのなかの曲は海にちなんだ楽曲になっている。
余談になるが当時のエレクトーンの譜面にどのような曲があったかというと、ビートルズ、ビージーズ、ママス&パパス、アントニオ・カルロス・ジョビン、ユーミン、八神純子、なんとNSPまであった。(きっとヤマハ系のミュージシャンだったからだろう)
子供心にも、自分に音楽の才能があるという風には到底思えなかった私にとってのエレクトーンは、クラシック以外のさまざまなジャンルの楽曲との最初の出会いの扉だったのかもしれない。
[PR]



by tsukinoha | 2005-04-26 05:54 | 音楽

015 義経千本桜

歌舞伎は傾く(かぶく)という動詞が転じ、後世あて字としたもの。
戦乱の世がおさまり、社会が秩序を取り戻しつつあった室町時代の京都に、能、狂言、茶、花、などの芸能は確立されていきますが、そんな正統的領域のものに対して異端の存在であるとされたものを「かぶく」と表現しました。
出雲の国の巫女、阿国(おくに)の男装の風流踊りを「かぶき踊り」と称されたのが歌舞伎のルーツとされています。その人気を引き継いだのが遊女歌舞伎。しかし人気遊女をめぐってのトラブルが武家にまで及んだのに、徳川幕府が女人禁制を発し歌舞伎役者は男性と決められました。歌舞伎というのはもともとは大衆に娯楽を提供する目的で発達した演劇だったのです。

d0009581_7144343.jpg
『義経千本桜』(よしつねせんぼんざくら)は、その名の通り、義経と静御前の別離の哀しみを脚色したもので、初演は1748年5月。
ここでの舞台の主人公は義経というよりも、忠臣の佐藤忠信(さとうただのぶ)。
静の同行を許さない義経が、自分の形見にと静に“初音の鼓”を渡し旅立ちます。母の病気で出羽国から戻ったばかりという忠信に静の守護を命じて。やがて義経が吉野の山中にかくまわれているという消息を聞いた静は、いてもたってもいられずに忠信を供に一路吉野へ。そこには一目千本と言われる吉野山の桜が咲き誇っていた…。
一方の義経のもとに、静の護衛をしているはずの忠信が姿を現す。いや、護衛など頼まれた記憶はないと言う。実は静のお供をしている忠信は狐の化身。鼓になってしまった母を恋い慕って忠信に化けて追ってきたのだった。すべての理由を知って鼓を狐に与えることにした義経のもとに、夜打ちの企てがあることを知った狐忠信は、神通力で悪僧どもをこらしめた後に、いずこともなく飛び去っていく。(ここで、宙乗りがあるというわけです)

以上がかなり大雑把なあらすじですが、「実は、かくかくしかじか…」事細かい設定がされていて、ひとつの物語が幾重にも交錯しています。それを決まり手で演じていくのですから、観る側の知識や教養もあらかじめあったという訳ですね。江戸の娯楽あなどりがたし。
[PR]



by tsukinoha | 2005-04-24 07:24 | 日本の伝統文化

014 歌舞伎の桜

日本の伝統芸能と桜といえば、歌舞伎ではないでしょうか。
『白波五人男』で有名な『青砥稿花彩画』(あおとぞうしはなのにしきえ)や『桜姫東文章』(さくらひめあずまぶんしょう)などの弥生狂言として上演された御家物の序幕には、錦絵(にしきえ)がそのまま舞台に再現されたような「花見の場」というキメの舞台があります。安珍・清姫(あんちん・きよひめ)の道成寺(どうじょうじ)ものにも桜の演出はかかせません。他にも『助六縁江戸桜』(すけろくゆかりのえどざくら)、『妹背山婦女庭訓』(いもせやまおんなていきん)など桜とゆかりのある演目は数限りないようです。
歌舞伎にとって桜は、なくてはならない舞台装置のひとつ。今日の歌舞伎の様式を確立した江戸時代の「いき」と桜とが、ぴったりマッチしていたのでしょうね。
それにしても演目の題名は当て字のようなものが多く、そのままでは読めないものばかり。しかし、そこも面白さのひとつかもしれません。
d0009581_6572933.jpg
さて、私が(今のところ)最後に観たのが1996年12月夜の部公演の『義経千本桜』(よしつねせんぼんざくら)。当代猿之助十八番のケレンと呼ばれる宙乗りが観たかったというミーハー心からでしたが、この日の昼の部には頼朝の死後の頼家の苦悩を描いた『将軍頼家』、大雪の中季節外れの桜が咲く逢坂山を舞台とした『積恋雪積扉』(つもるこいゆきのせきのと)がありました。右はその時のパンフレットの表紙です。
歌舞伎というのは昼と夜との演目が対になっていると聞いたことがありますが、ここでは、「頼朝と義経」、「桜」というのが昼と夜とのキーワードになっていたようです。12月なのに桜。桜というのが季節に留まらずに美意識であることが伺えます。

昭和通りと晴海通りの交差点にほど近い歌舞伎座は銀座のシンボルですが、1951年に開場し、50年を経た現在の歌舞伎座は老朽化も進み、建て替えが検討されるそうです。未見の方、機会があれば今のうちに昭和の歌舞伎座の空気を吸いに出かけてみてはいかがでしょう。地下鉄「東銀座」駅(東京メトロ日比谷線・都営浅草線)の3番出口を出ると、目の前は歌舞伎座。あの独特の雰囲気だけで気分は高揚してきます。
桟敷席でなくたって、通が通うという当日売りの一幕見席だったら手軽に楽しめます。当日券の方も毎日10時から発売しています。が、平日でも8時過ぎにはすでに列が出来ています。
えっ、何で知っているかですって?
数日前から歌舞伎座の前を通って通勤しているからです。
[PR]



by tsukinoha | 2005-04-23 07:04 | 日本の伝統文化

013 絵本に描かれた桜

d0009581_2130930.jpg


本を開いた瞬間の美しさに、胸を打たれました。
作者の心づくしを感じさせます。
安房直子(あわ なおこ)さんの『うさぎのくれたバレエシューズ』。
上記の絵はその本の見返し部分です。
蒔絵やきものに施された桜の意匠が、現代に蘇ったような画に
惚れ惚れと見とれていました。

この本は少し前に、娘(5歳)が喜びそうだな、と思って
ネットオークションで手に入れたものでした。
安房さんの物語には、子供時代には子供の、大人になってからは大人の、
それぞれの楽しみ方ができる世界があります。
実は小学生のときからひっそりとファンでした。
その安房さんの、読んだ事のないお話という理由で入手したのですが、
思いがけず絵が素晴らしかった。
南塚直子(みなみづか なおこ)さんの銅版画が勝っているとも劣らず。
桜の絵が美しいのです…。
絵を見ているだけで物語が浮かび上がります。
日本における絵本の原点は絵巻物語なんだろうな、と思いを馳せます。
個の表現ではなく、物語へ託された思いの表現。アーティストというようりは職人。
そんなマインドを受け継いでいるものが、現代にも存在しているのだ、と、
この本に出会ってふと感じました。

細々ともう少し桜の話は続きます。
[PR]



by tsukinoha | 2005-04-21 21:32 | 随想

012 ピンクの色校正

特色3色を使った三つ折りのリーフレット。
トレードマークカラーの深みオレンジと中間色のグレーをメインに、さし色にサーモンピンク…のはずでした。
ところが、出校された色校正はオレンジとピンクの版が逆に、つまり、まばゆいピンク色のリーフレットになっていたのです!
しかし現場の製版ミスとはいえ、何の仕業でしょうか。何かの因縁でしょうか「ピンク」…。

特色というのは、通常のC,M,Y,Kの4色のインクのかけ合わせでなく、特別の色のインク(たいてい数百種類の色見本のチップを使用して指定をします)の濃淡で印刷の色調を表現しますが、特色使いは2色というのが一般的です。
上記のようなリーフレットの場合、深みオレンジとグレーでも十分通用しますが、「サーモンピンク」を加えた理由は、高齢者の生活に関わる案内を、明るく優しいイメージにしたいという、我らがボスの希望からきたものでした。

アナログ時代、2色刷りと言えば、経験と勘の如何が仕上がりの完成度を大きく変えるものされていました(何しろカラーチャートを頼りに、想像力で色指定をするのですから…)。
画面上で仕上がりイメージを作ることができるようになった現在は、大きな失敗はなくなったという利点はありますが、画面でイメージを作った後、C,M,Y,Kの版のいずれかに置き換えた製版原稿にする作業があり、通常の4色よりも手間と気を使います。
そう言いつつ、デジタル化の現在でも、きちんとした指定が必要なことに喜びを感じる自分がいます。

さて、特色に限らず、入稿前に色の確認ができることは10年前にはまだまだ一般的ではありませんでした。今は手元のプリンターで確認が出来る便利な時代になりましたが、これが意外と曲者で、通常の製版印刷時に発色が全然異なるという難関が待ち受けています。紙の種類によっても影響します。
さらに「イメージと違う」などの、好みによる周りの指摘も多いことを付け加えておきましょう。
[PR]



by tsukinoha | 2005-04-19 21:52 | デザイン

011 竹尾ペーパーショウ2005

この時期毎年恒例の「竹尾ペーパーショウ」が4月14〜16日の3日間、東京・表参道スパイラルホールにて開催されました。
この「竹尾(株式会社 竹尾)」というのは、出版、印刷、編集、デザインなどの業界で知らない人はいない有名な大手の紙問屋さんです。
毎年一人のアートディレクターを招いて、紙を通じてのデモンストレーションなどが行われますが、その感想などをレポートしてみたいと思います。


業界の社会人はもちろん、美術・デザイン系の学生風の人たちで溢れていた会場の、今年のテーマは「COLOR IN LIVE」。
オレンジ・ピンク・青・茶・赤・黒・紫・黄・銀・緑の10色のキーカラーをテーマに、「日本を代表するクリエイター」チーム(企業内や個人の有名なデザインオフィス)の、紙と生活用品というキーワードに沿った趣向をこらしたオブジェが、色別の長いテーブルに展示されています。
前回、「010 日本の色〜ピンク編」を上げた私としては、まず気になるピンクのテーマテーブルへ。生活雑貨がところ狭しとディスプレィされた、ここでの「ピンク」は、色もの(エロ)とか子供という解釈でした。当然と言えば当然、ですね。
全体的に気になったのは、センスはいい(プロですから)のでしょうが、感性だけを頼りにしたようなプレゼンテーションに、色そのものへのテーマの突っ込み(深み)が、今一歩感じられませんでした。
さらに言うと、どのような意図でこの10色をセレクトしたのか、など、ディレクターとクリエイターたちの繋がりが見えてこなかったのには残念に思いました。

もうひとつのテーマは、「COLOR+S」。(SとはスキルのSとのことだそうです)
クリエイターと印刷技術チーム8組のプレゼンテーション。現実には殆ど実現しないような、予算や常識を度外視した、紙と印刷による実験。
なかでも私の興味をひいたのは、箔押しの技術を使った写真の再現。近くに寄ってみると、C,M,Y,Kのインクの網点ならぬ、箔点が…!下地の紙色と箔の色配分を変えた数パターンに及ぶ作品は、まさにデザイナーとオペレータとの技術の結晶。
もうひとつ目をひいたのは、円盤状に重なりあった234枚の色紙を、コマのように高速で回転させると無色になるといった実験。色に動きを与えただけで、RGBが重なり合うと無色になるという加色混合(※)の原理と同じ現象が起きることに驚きました。

…「そうだ、色を感じるというのは、光があるからこそなのだ」

一見些細とも思われる実験+発見こそが、従来の静的なグラフックデザインに何かヒントを投げかけてくれるような、そんな気分に浸りながら会場を後にしたのでした。


※R,G,B(レッド・グリーン・ブルー)は光の3原色。同じ比率で交わりあうと限りなく白になる。この加色混合の逆が減色混合。C,M,Y(シアン・マゼンタ・イエロー)で表現される色彩で、交わりあうほど黒に近づく。実際の印刷にはK(ブラック)が加わる。
[PR]



by tsukinoha | 2005-04-17 07:11 | 展覧会

010 日本の色〜ピンク編

d0009581_522472.jpg


カラーガイドを頼りに、ピンク系統の色味を分析してみました。
海外のものまで盛り込むと、まだまだ色数はありそうですが、
主に日本の伝統色からのピックアップです。
色の差は本当に微妙ですが、逆にいうと、少しの差のあいだにも、無限に色が存在するということですね。
さて、色からも歴史が伺えます。

●奈良・平安時代
・紅梅色(かさねの色目)
・浅緋(位階の服の色の緋(ひ)のうすい色を指す)
・退紅(平安時代の下官の狩衣)
・朱華(高貴の人の服の色)
●江戸時代
・鴇色(現代では国際保護鳥トキ)
・土器色(その名の通り土器の色)
●明治時代
・洗朱(和装色に流行)
●大正時代
・長春色が流行

桜、梅、桃、鴇、貝…。色の名前は、生きとしいけるものの名前。
色とは自然物からの頂戴もの。植物染料や顔料とも密接な関係があります。
そして、渡来の技法を駆使しながらも、装束のかさね目などの独自の文化をあみ出した平安時代を「日本の色」の確立とする見方をします。
[PR]



by tsukinoha | 2005-04-15 05:38 | デザイン

009 弥生つめたい風

4月なのに…ですが、昨日はつめたい雨でした。
「弥生つめたい風」とは、桜の花が舞い散る頃に思い出す歌のタイトルです。
サビの部分の歌詞は
1番が、弥生
2番は、卯月
3番は、五月(皐月)
と、まるで桜前線のようですが、別れの景色を、舞い散る桜に例えたラブソングは、『万葉集』か『古今和歌集』にも通ずるような現代の恋歌かもしれません。
桜は、現代もきっとこれからも、私たちの心を写すような存在の花には変りないのでしょうか。

以前ゴールデンウィークを利用して、東北の親戚めぐりをしたことがありましたが、秋田の千秋公園の桜がちょうど満開の時期で、東京、東北と、一年で2度も桜の季節を楽しむことができました。
北国ではこれからが桜の季節です。

ところで、この「弥生つめたい風」という曲は知る人ぞ知る、1977年のNSPのヒット曲。
80年代の終わりに自然消滅したと思われた彼等が、今年なんと19年振りのオリジナル作品が出て復活していたのを知ったのは最近のこと。
多感な?中学時代にこの曲と出会い、月の呼び名(睦月、如月…)もこの頃憶えたような。季節もののラブソングの多いNSPは、東北は岩手出身の3人編成のフォーク(ニューミュージック)グループでした。
[PR]



by tsukinoha | 2005-04-12 05:34 | 随想

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧