「ほっ」と。キャンペーン

たまゆらデザイン日記

カテゴリ:展覧会( 83 )




574 系統樹の森

家に飾ってある唯一の絵。
それは贔屓にしているジャパネスクでもなく、
ミニアチュールのようなデザインを感じさせるものでもなく、

フォロンの「生命の樹」なのだった。

ファンタジックな透明感ある水彩画と
哲学を漂わせるテーマが独特の世界観を持つフォロン。
生前いちどだけ展覧会に出かける機会があった。
ジャズのアルバムでも見かけて
ジャケ買いしたのもだった。


d0009581_7293389.jpg









●HEADLINE スティーブ・カーン(1992)


「松」をテーマにした冊子の制作をしていた時に、
常緑樹(=永遠の生命)という視点で歴史を辿るページの構成の骨子としたのが
他ならぬ「生命の樹」の樹形図だった。
アートディレクターの師のもと、
デザイナーとして苦しみの日々を送っていた時代のことだ。
まず土台となるレイアウトを作成後、
それに沿って、当時たまたまアルバイトに来ていた
中国人画家に水墨で樹を描いてもらうという
今考えればすごく贅沢なことをしていたのだった。
そんな思い出とともにある「生命の樹」には
やはり特別な想いがある。



久し振りに竹尾のショールームを覗く。
「系統樹の森」が開催中。
杉浦康平監修となればやはり気に留めておきたい。

はがきサイズの特殊加工の印刷見本の持ち帰りができる。
文具店などでみかけるポストカードよりも
よほど魅力的なもの。
細部にまで神経が行き届いているのは
杉浦さん一派のデザインならでは。

11月22日まで竹尾本店見本貼で開催。


●フォロン(1934-2005)ベルギー生まれ。
建築学を学んだ後、転向、という経歴が、杉浦さんと同じ。
[PR]



by tsukinoha | 2013-10-13 07:32 | 展覧会

573 坂野いづみ展「手織りのブランケット」

展覧会のダイレクトメールが届いて
初秋の表参道のギャラリーを訪ねました。


東京での3年振りの坂野いづみさんの個展。
手触りのよい手織りのブランケットは、
展示して置かれてあるのと、
実際羽織ってみるのとでは印象が全く違って、
予想もしていなかった色が案外似合っていたり。
既製品ではない贅沢がそこにはありました。
きもちまでやわらかくなってしまう。
ブランケットは坂野さんの分身だな、と思いました。


3年振りの再会。
坂野さんはむかーしの同僚でした。
一緒に仕事をしていた期間は長くはなかったけれど
過去私がいちばん激しく厳しい環境のなかで一緒に過ごしたときは、
単純に時間では測れないほど濃厚なもの。
デザイナー職から織物作家への転身は
一大決心だったのだと思います。


手みやげにいま私が贔屓にしている
シンガーソングライターのCDを手渡しました。
自分の趣味を相手に伝えるということは
押しつける気がしてあまりしないのだけれど、
たまにはいいかな?と思って。
気に入ってくれるといいな。


開催3日目にして、
ブランケットはけっこうなくなって(売れて)いていました。
つぎこそは私も手元に置けるように
ブランケット基金、貯めておきたいと思います。
http://www.transit.ne.jp/contents/info/2013/09/izumisakano.php
[PR]



by tsukinoha | 2013-09-29 08:07 | 展覧会

571 特別展 和様の書

「和様の書」とは、中国からもたらされた書法を日本の文化の中で独自に発展させた、日本風の書のことです。(展覧会案内より)

絵画などに比べると「書」というのはずいぶん地味な存在らしく、
特別展でありながら余裕の鑑賞ができる状況。
かた苦しい感じがする、とか、
あまりにも身近すぎてわざわさ足を運ぶ気にならない、とか、
容易に想像はつく。

「書」は、「言葉」を、「日本語」を、表現する意匠であり、
今の日本を構築してきた根っこの部分であるとも言える。
それは芸術の分野だけにとどまらず、
日本人そのものをつくってきたと言っても過言ではないかと思う。

文字をもたなかった日本人は、
中国から輸入された漢字を中国語としてではなく、
自国の言葉にあてはめるという技をやってのけた。
やがて漢字から「かな」と「カナ」が発生していく。
古今和歌集による「かな」の公文書が認知された頃を境として、
「書」は、中国風の楷書から日本風の行書~草書の道を辿る。

粘葉本和漢朗詠集(でっちょうぼんわかんろうえいしゅう)の、
贅をつくした料紙にしたためられた、
藤原行成(ふじわらこうぜい)の流麗な和歌の筆跡は、
「かな」が「幽玄」とか「もののあわれ」と言われる
平安時代に生まれた美意識そのものを
表しているのではないかとさえ感じる。

注目したのは、桃山時代の『檜原図屏風』。
「初瀬山夕越え暮れてやどとへば 三輪の檜原に 秋かぜぞ吹く」
和歌が屏風に大胆に書かれているものの、
(三輪の檜原に)の部分にあるのは書ではなく、
長谷川等伯(はせがわとうはく)の檜の画。
画と書が一体となっている。
つまり、配置(レイアウト)を意識しており、
さらには、ここにすでに「見立て」という文化をみることができる。
同様の手法は蒔絵箱などにもよくみられる。
遠い時代、すでに編集という視点と、
高度なあそびごころを持った先人たちに敬服するばかりなり。

東京国立博物館にて 2013 7/13~9/8
[PR]



by tsukinoha | 2013-08-18 18:24 | 展覧会

544 特別展「皇室の名宝—日本美の華」 2期

d0009581_20104077.jpg
2期がはじまって2日目の金曜日、仕事帰りに東博へ。
夜間だったら(しかも悪天候)少しは空いているかも?・・・
しかし、そんな考えは甘く、午後6時過ぎ到着も多くの人々で賑わう会場。

奈良〜平安の宝物が見所の今回の2期は、近世以降の永徳、若冲らの1期のような派手さはないものの、期待通りのとても見応えのある展示の数々。

上記チラシのメインでもある、1300年前のものとは思えない保存状態の螺鈿紫壇ゲンカン(裏面。聖武天皇ご遺愛品の楽器だそうです)藤原行成の粘葉本和漢朗詠集(美しさに息をのむとはことことか)。空海、小野道風、西行の書・・・、教科書でお馴染みの聖徳太子像、など、前半だけでも見応えありすぎです(もちろん後半も)。


特別展の関連展示は、正倉院宝物の模造制作活動。
織物の絹糸には皇后様が育てておられる小石丸(という繭の名前)が使用されたとか。
ふつうよりもひとまわり小さく、落花生のようにくびれた繭のかたちが、なんとも愛らしい。
[PR]



by tsukinoha | 2009-11-15 20:15 | 展覧会

541 特別展「皇室の名宝—日本美の華」 1期

ある朝の駅へ向かう道。
いつもは登校時の小学生でにぎやかな道に、子どもたちの気配がない。
「!」これはきっと新型インフルエンザによる学級閉鎖!?
娘の小学校でもじわじわと忍び寄るインフル。あと2人発症したら学級閉鎖だとか。。。

そんなドキドキ!?の昨今ですが・・・


d0009581_13414856.jpg
秋晴れの先週の日曜日、御即位20年記念 特別展「皇室の名宝—日本美の華」 1期に行ってきました。
予測通り人出が多く、「阿修羅」の時は論外としても、特に永徳、若冲、抱一の前ではすごい人だかり。
結局、いちばん目当ての若冲の「動植綵絵」も見たい部分だけ近寄って(三の丸での展覧会にも行っていたので・・・娘は「紅葉小禽図」がお気に入り。私は「菊花流水図」)、後は適当に終わらせてしまいました(大汗)。


そして毎度立ち寄る、本館常設展の贅沢空間!
「何だかわかる?」蒔絵の散華の文様を指して問うと、すかさず「にんにく!」確かに似てるけどね。。。などなど、娘との鑑賞は楽しいものです(汗)。

今回珍しく前売りを買ったのですが、1期1300円のところ、セットの前売りだと、1期分が1000円と300円もお得!1期の大作揃いももちろんのこと、2期に展示される正倉院宝物も楽しみです^^。

〈過去の記事〉
167 伊藤若冲の『動植採絵』
190 花鳥 愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉第1期
202 花鳥 愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉第2期
221 花鳥 愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉第3期
238 花鳥 愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉第4期
255 花鳥 愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉第5期
[PR]



by tsukinoha | 2009-10-17 13:45 | 展覧会

535 知られざる畠山コレクション

d0009581_62570.jpg
8月1日より開催の夏期展の翌日、「畠山記念館を楽しもう」という親子向けの企画に参加してきました。
最寄駅から4駅目という近さなのに、実は、今回がはじめての訪問。
都営浅草線の高輪台駅から閑静な住宅街を通って到着・・・この日の午前中は生憎の雨でしたが、しっとりとした生い茂った緑がなんとも味わい深い。



参加の親子は3組という贅沢な人数でした!
畠山記念館の全体の説明、今回の主な展示品の解説、そして最後はお茶室体験と盛り沢山。子ども向けとあって、学芸員の課長さん(女性)が最初から最後まで、大人にとっても、とてもわかりやすく解説をしてくださいました。
館内の四畳半の茶室では、石畳を歩き、手を清め、にじり口の入り方、などそれぞれの意味を教えていただきながら、一連の所作を実際に体験。異次元空間のようなほんのり薄暗い部屋でいただくお抹茶が、身体じゅうに染み渡りました。

もちろん豊臣秀吉像をはじめとした、企画展「知られざる畠山コレクション」も見所満載。
「今度は紅葉の頃に来ようね!」と、特ににじり口から茶室に入るとことが気に入ったという娘は大満足でした。何事もまだまだレクリエーションの延長のようです。ちょっと好みが渋いかもしれませんが。
[PR]



by tsukinoha | 2009-08-07 06:04 | 展覧会

531 河童っぱ!

d0009581_943432.jpg河童っぱ!
大田区龍子記念館
〜8月30日

〈似てる 昭和33年〉



水道局や清掃工場など社会科見学の多かった先月の娘たちの学年。
図工の時間では徒歩で大田区龍子記念館へ。お庭と開催中の「河童っぱ!」を観に行ってきました。
そして先週。3日間学校公開日があり、たまたま私が見学に行ける時間が図工の授業。

「河童を描く」ということで・・・なんと、龍子のお弟子さんが講議と指導をしてくださっていました。この地域(または大田区の)役得なんでしょうか?
見学に行った龍子先生のお庭を思い浮かべて・・・というふうに、和紙ふうの紙に、顔料や透明水彩で下書きはせずに、思い思いに河童を描いていく子どもたちは楽しそう。2枚、3枚と描いていきました。

せっかくなので、私も、と、日曜日に娘と龍子記念館を訪ねます。「この間、河童の絵描いたね」と窓口の方に声をかけられ、中へ。午前中早くだったせいかお客さんは私たちだけ。ゆる〜く見学していると、龍子のお孫さん(たしか。といっても私より年齢が上)が近づいてこられて、プチギャラリートークをしてくださいました!
「私の架空の愛玩動物」(チラシより)と龍子は言っていたそうですが〈似てる〉の河童は、ある時、当時珍しかったパイナップルをいただいて着想された(パイナップルの葉をみつめて、河童のあたまに似てるな・・・と)など、河童の作品の数々はその時代を象徴する出来事になぞらえて描いたものが多いそうです。
思いがけず、有意義なひとときでした。


今後のギャラリートーク開催予定日
7月26日(日)
8月23日(日)
午後2時〜(約1時間)
[PR]



by tsukinoha | 2009-07-04 09:49 | 展覧会

529 奇想の王国 だまし絵展

d0009581_872771.jpg
奇想の王国 だまし絵展
Bunkamuraザ・ミュージアム
〜2009年8月16日(日)まで











「みたい!」という娘のリクエストに応え、珍しく会期はじめに出かけてきました。前評判も耳にしていたので、これは会期後半混雑することまちがいなしと判断。
Bunkamuraを訪れるのは、なんと10年振りくらい。娘の誕生以前ということになります。
先週の土曜日、会場時間早くに行ったつもりでしたが、すでにそれなりの人で賑わっていました。娘は子ども用のパンフ(下の画像・200円)とにらめっこしながらの鑑賞・・・解説のクイズの答を熱心にメモってました。でも、いちばん楽しかったのはミュージアムショップだったかもしれません(汗)。


d0009581_874949.jpg
ジュゼッペ・アルチンボルド
《ウェルトゥムヌス(ルドルフ2世)》
1590年頃 油彩・板
スコークロステル城(スウェーデン)
Skokloster Castle, Sweden

何度見ても冗談のようにすごくてエグい。
加えて風刺の効いた怖い絵。




16、17世紀の古典的作品からダリ、マグリットら近現代の作家までの作品とともに、あわせて機知に富んだ日本の作例も紹介し、見る人の心を魅了してやまない「だまし絵」の世界を堪能していただきます。(解説より抜粋)

〈会場構成〉
トロンプルイユ(目だまし)の伝統
アメリカン・トロンプルイユ
イメージ詐術(トリックの古典)
日本のだまし絵
20世紀の巨匠たち-マグリット・ダリ・エッシャー-
多様なイリュージョニズム-現代美術におけるイメージの策謀

海外だけでなく江戸時代の描表装(かきびょうそう・掛軸のなかに掛軸の絵がある)や浮世絵版画などが盛りこまれているとことがいいですね。そして久々に観たダリやマグリット、近年の展覧会に行けなかったエッシャー。シュール大好きだった20代の頃が懐かしく感じられます・・・。
「おいしいところをつまみ食いしたような」気軽に楽しめる展覧会でした。
[PR]



by tsukinoha | 2009-06-26 08:13 | 展覧会

523 阿修羅展

d0009581_722580.jpg







もう一週間ほど経ってしまいましたが、行ってきました「阿修羅展」。
連日の人の多さを思うと足取りも重くなりましたが、ここは耐えて・・・。


会場内はバーゲンセールのような熱気。
阿修羅さまそのものより、それを渦巻く人の執着のすさまじさ。
そしてその人の群れに加わる私。
潰されそうになりながらも「見る・・・!」と小学生の娘。

暗がりに照らし出された阿修羅が静かな怒りを放つ。

これは会場そのものが「阿修羅展」!
と、なかなかすごい光景を見てきました。


ありがたみが染みた昨年の「日光・月光」とはまったく印象の違った展覧会でした。
[PR]



by tsukinoha | 2009-05-24 07:09 | 展覧会

497 大西成明写真展「ロマンティック・リハビリテーション」

新宿エプソンギャラリーで開催中の、
大西成明写真展「ロマンティック・リハビリテーション」へ行ってきました。
会期:2008年10月22日(水)〜11月30日(日) 10:30-18:00

d0009581_21331246.jpg







以前、仕事でお世話になった大西さん。写真展は新聞記事で知りました。「ロマンティック・リハビリテーション」・・・同名の写真集が今年刊行されたそうです。現在のリハビリの現場と対峙したフォトドキュメント。写真とはなんて雄弁なのだろうと今さらながら思いました。
写真展についての詳細はこちらをどうぞ。

某月刊誌で19年に渡って毎月川の写真を撮り続けてこられたことのある大西さん。(当時連載された写真は2004年に『日本の川100』という写真集として刊行された)その実績もあって、某川の冊子の表紙用の写真をお願いしたことがありました。ところが撮影日は生憎台風前後。手元に届いた薄暗い風景にプロデューサーからダメだしが出て、頼み込んだ再撮影。同行させてもらった暑い夏の長瀞・・・。

写真も“人”であるということを教えてくれたのは大西さんだったような気がします。「ロマンティック・リハビリテーション」・・・20の物語が静かに強く訴えかけてきました。
[PR]



by tsukinoha | 2008-11-10 21:34 | 展覧会

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧