たまゆらデザイン日記

カテゴリ:随想( 105 )




437 20年前の日記-1

昭和63年(1988年)3月13日。
その日、鉄道連絡船としての使命を終えた青函連絡船は、運行を終了した。
当時は定期刊行物(月刊誌)のめまぐるしい忙しさのなかにいたのだが、2ヵ月振りに休みが、しかも多少まとまってとれることになった私は、思い立って数日後に運行を終える青函連絡船の乗船へと、函館2泊3日の旅に出ることにした。今から20年前のことだ。
d0009581_6415685.jpg

その日の仕事を終えると、恋人(当時)に「行ってきます」を告げ、夜11時台の上野発の夜行列車「ゆうづる」のB寝台車に乗り込む。すでに盛岡までは新幹線が走っていたが、青函連絡船に乗るのだったらやっぱり寝台車だ。母の出身である宮城県北部にはよく遊びに行っていたので、東北本線には馴染みがあったが、岩手の「平泉」以北を列車で通るのははじめてだった。寝台車に乗るのもはじめだった。もちろん青函連絡船も。このはじめてづくしの興奮のせいか全然寝つけなかった。

通路側で窓ごしの景色を眺めていたのだと思う。もっとも暗闇で何も見えなかったのだが。同じように寝つけないという近くの座席の男子がいた。彼は大学受験を終えて実家の青森へ帰るという。東北訛りが親しみを呼んだのか、私には珍しく会話がはずみ、周りから「静かに!」と注意されてしまうほどだった。ところが、何かの拍子で、私が23歳で社会人だと話すと、彼は急によそよそしくなってしまった。私の外見が幼かったので、同年代のつもりで話していたが、5歳も年上だったのでびっくりして・・・とは容易に想像ができるが、結局、翌朝列車を出る時も挨拶もままならないまま別れてしまった。

翌朝、約10時間近くかけて到着しただろうか。上野発の夜行列車を降りると、はたして、青森駅は雪の中、だった・・・!
d0009581_6421536.jpg

[PR]



by tsukinoha | 2008-03-08 06:48 | 随想

433 おでんぐつぐつ

目覚めると頭痛がする月曜の朝。
風邪?
いいえ、二日酔いです!

もともと強くない上に、あまり飲む機会がないのでますます弱くなったような気がします。飲むと眠くなってしまうので、ふだんは飲み(め)ません。さらに言うならば、娘を授かってからこの8年、単独でに飲みに出かけたことがありません(娘つきでそういう場に出向いたのをのぞく)。親兄弟は遠くだし、かといって保育施設に預けてまで行く気にはならない。
転職を余儀なくされたある年、面接先で「得意先と席を設けることがあるが可能か?」と問われ「大丈夫です!」と答たものの、結局そこはお断りしました。さて、そんな時は“だんなさんの協力”で、というお宅も多いでしょうが、夜がメインの仕事のうちの場合は無理。お母さん同士の懇親会もパス。当然、職場の忘年会もパス。そうこうしているうちに、飲みに行けないことは私にとってはたいしたことでなくなってしまいました。
一方の夫の方も仕事帰りに飲むということは皆無。何故なら仕事の移動は車だからです!

二人の休みが重なった久々の日曜日はおでん。
だしをとって(いつもは市販のだしで済ませている)、大好物のだいこんや玉子に、いただきもののぎんなんを楊子にさして、あとは好みの練りものを土鍋にどっさり。地元の酒屋さん「かもす」で夫が日本酒を調達(手軽な値段のワインしか買わない私にも親切な店長・・)。たまにはゆっくりお酒でも・・が、そんなに飲んでいないはずなのに睡魔が。
そして翌朝、頭痛で迎える怒濤の週明け。
[PR]



by tsukinoha | 2008-02-19 22:29 | 随想

432 未熟者のひとりごと

昨年から今年にかけて、絵画でも音楽でも、その芸術家自身の生命の根源に触れる機会が多かったような気がしている。その確信は先週の星野富弘さんの原画に出会うことで頂点に達したのだが・・・これでますます私は“絵を描くことができなくなる”(どうして私に絵が描けようか)と感じてしまった。デザインの道を志すことを意識した頃、「絵は歳がいってから、自分の好きな絵を描けばよい」そんな風に思っていた。絵画とデザインとは違う。デザインとは個人の趣味を押し付けるものではない。しかしながら、無意識のうちに個人の好みが滲み出てしまうものでもある。だから好みの幅を広げる必要がある。理想は食わず嫌いをなくす・・・読書をすることはその方法のひとつ。

星野さんの絵に打ちのめされた思いを抱えつつ、現実の社会ではOSの移行期や予算を考えるとか、京都に行けないのに京都の(ある物件の)パンフレットを作っているとか。合間に進めてきた低カロリーのお菓子の小冊子ができたり、介護体操のDVDパッケージを補佐したり、墓石に刻む文字のアドバイサーになったり、デザインを通して誰かの役に立てる・・ということほど嬉しいことはない。人とのつながりに感謝である。一方で、極めようとすることが必ずしも誰かの役に立っているとはいえない。むしろ孤独に近づいてゆくだろう。
矛盾した気持ちを抱えつつの日々はつづく・・・。
[PR]



by tsukinoha | 2008-02-16 07:39 | 随想

427 如月の詩

前日に続いて、朝微熱があり、体調いまいちの娘。学校だけ行って(連絡帳には、体育は見学、給食は少なめにと、お願いを書きます)学童保育を休ませることにしました。私は午前中出勤して午後は自宅作業体制。

娘が帰ってくる時間になると、玄関の鍵を開けておきます。
「ただいま〜」ドアをバ〜ンと開けて帰ってくる。(たまにはこういうのもいい)
「おかあちゃん!もう治っちゃった!これからNちゃんとAちゃん遊びに来るから!ねっ!お願いっ!いいでしょ!」(ってすでに約束したんだろ・・・)
「おかあちゃん!嬉しいお知らせ!」(満点だった算数のテストを広げる。とことん調子いいヤツ・・・)
ま、お友達が来てくれたお陰で私は仕事に専念できるというわけです。

と、思ったのも束の間、珍しく自宅電話にダンナの仕事の連絡。
「携帯繋がらないので、ご自宅にいるかと思って」
が、しかし、その後再度連絡があり、結局伝言(その日の夕刻のスケジュール)を携帯メールで送ることに。
一体、私は何のために早く帰宅したんでしょうか〜!(ま、たまにはこういう日も・・・)

d0009581_7105746.jpgうちのギャラリー。
[PR]



by tsukinoha | 2008-02-02 07:14 | 随想

425 日々是好日

「日々是好日」。
娘が突如言葉にしたので、問うと、お茶の先生(3月までの期間限定で月に3回ほどお茶の作法を習っている)から教えてもらったとのこと。
「意味はわかるの?」
「わかんない」

そんなやりとりをした土曜の午後に、小学校の展覧会に出かけます。
全学年と障がい者クラスの子どもたちの、図工、家庭科で製作した作品が体育館にズラリと展示されていました。学年ごとに手法を変えた絵画をはじめ、はじめてのミシンでつくったナップザック、木工作のミニスツール、割り箸(のような棒)で作ったランプシェードなどなど、バリエーションに富んだ作品が。
娘の学年(2年生)は動物の立体(石膏テープで固めた動物に着色)でつくった動物園とシュノーケルをつけて海に潜ったら・・の想像絵画。もうすこし上の学年になると地域に関わる展示もあり、馬込文士の室生犀星の作品「水の中の夏」から想像した箱庭立体や、弁天池公園(厳島神社のほこらのある公園)を和紙に描いて掛軸に仕立てた作品などなど、想像力豊かな空間にすっかり感心してしまいました。
思わず図工の先生(若い女性)に話しかけると
「なるべくたくさんの経験をさせてあげたくて」と謙虚にお話されました。

さて、「日々是好日」、そういえばこれは茶道用語だったかな?と、気になって調べてみると、元は中国五代の禅僧、雲門禅師(864〜949)の言葉でした。禅とのかかわりで茶の道にも通じているというわけですね。
雲門禅師のいう好日とは、好い日、悪い日というふうに比べることをやめた話。つまり、好悪を越えて、どんな日でも佳き日とする悟りのことのようです。

そうですね。そうありたいですね。
日々こうして過ごしていられることを感謝しながら。
[PR]



by tsukinoha | 2008-01-27 07:06 | 随想

414 大晦日

昨日でブログ一区切りのはずだったのですが、なぜか書いています(笑)。

前日の記事にJ-popは聴かないと言っておきながら、昨夜は何年か振りでレコード大賞観ました。唯一、生バンドを使用する曲があったのですが「オレがドラム(いつも仕事をさせていただいている大御所ドラマーの)のセットとチューニングしたから見ろ」とダンナが言うので(「見ろ」とは言ってないか)。録画しておいたビデオを聴いて、本人はいろいろ反省点があったようですが、しろうとの私には?です。

番組の全体は真剣にというよりもチラチラと眺めていたのですが、コブクロや氷川きよしは好きですね。あとは昔の映像特集の方が圧倒的におもしろかったです。
続いて放送した「イカ天」は録画しておいてまだ観てませんが、20代のバンド全盛期、恥ずかしながら私もやっていたので懐かしいです。友人のバンドが番組に出演して週チャンピオンになりましたが、惜しくも勝ち越しができなかったのも、昨日のことのようです。


d0009581_656225.jpg






では、ほんとによいお年を!
[PR]



by tsukinoha | 2007-12-31 07:00 | 随想

413 2007年の振り返り

親子共々風邪をひかないようにと細心の注意を払った12月の日々でしたが、一昨日最後の製作物を完了、昨日はやっと年賀状が完了と、ようやく一区切りつけることができました。

例年のごとくブログにおいての今年の振り返りをしてみます。
まずは今年印象に残った展覧会。あれもこれも気になって行けなかったものがたくさんの2007年でしたが、小粒ながら自分の好みが反映されているようで、おもしろいな〜と思ってみたりしています。

・レオナルド・ダ・ヴィンチ展
・パルマ展
・金比羅宮書院の美
などがまず挙げられますが、個人的にはこれでもか!と訪問した川瀬巴水。展覧会が終わった12月中旬になって、細々としたこのブログに川瀬関連の検索で、一挙にアクセスが増えるという現象が起きました。お越しいただいたみなさまありがとうございます。
私にしては遠出した静岡県立美術館ビュフェ美術館横須賀美術館での谷内六郎は思いがけずの嬉しい出会い。私の中で特別な思いの志野と織部。またいつか行きたい秋田県立博物館。それぞれにそのときの空気を思い出します。


続いて音楽・・・コンサート、ライヴ関連。その殆どがクラシックでした。

なかでも一生忘れられないのはデヴィッド・ヘルフゴット。あんな風変わりで感動的な演奏会は一生のうちでも出会えるかどうかわからない。
子どもが就学年齢に達してから親子で楽しむコンサートの方へも足を運ぶようになりました。夏休みクリスマスに1回ずつ。そして初体験のラ・フォル・ジュルネ。子どもと一緒に楽しむ音楽・・こんな機会もいまのうちかもしれません?余談ですが我が家でロックやジャズやラテンやクラシックを同等に聴いてJ-popは殆ど聴かない娘は、60〜70年代の歌謡曲育ちの自分とはすでに違う感覚の下地が出来上がってるような気がします。そう思うと親の責任大ですね(大汗)。

読書との出会いもそれなりに。というか、このブログ、本をカテゴリーとしている記事がいちばん多いかもしれません。紀行もの、自伝もの、絵本、福祉、書、音楽に宗教、それぞれにそれぞれの味(感動)を呼び起こさせてもらいました。あんな小さな紙の積み重ねが、毎回私をいろいろなところへ旅をさせてくれます。本の力は偉大です!
さて、次は2008年への旅に出ますか・・・。


それではみなさま、よい年をお迎えください。
[PR]



by tsukinoha | 2007-12-30 07:29 | 随想

401 昭和の歌

先日、実母が手製のおはぎを持参してやってきました。
母のおはぎは絶品で、甘いもの大好きなうちの家族はとても楽しみにしているもののひとつ。その味を受け継がなければ・・と思いつつなかなか機会が・・・(なさけな〜い)。

たまたまTVでは昭和の名曲というのをやっていました。演歌中心ではありましたが、思うに・・・どの曲もきちんと歌を聴かせてくれる、懐かしくも芯のある歌。つい「近頃の歌は私とか君とかそういうのばっかりで聴く気がしない」私が言うと「あんたもそう思う?どこかで言ってたけど、今の歌は“日記”で、昔の歌は“物語り”だったって」と母。なるほど。ヘッドホンやイヤホンで1対1で聴く歌になってきているわけです。ちなみに私は若い頃は必需品だった“それら”を今は必要としません。

ずいぶん前に「最近の「みんなのうた」は全然(だめ)」だと母が言っていたことと、いみじくも同じことが本のなかで書かれていたわけですが・・やはり商業主義が第一のなかで良質なものを追うというのは難しいのでしょうか。もちろんすべてが悪くなったとは思いませんが・・・。一方で聞く側の耳や見る側の眼が育っていないとも言えるのでは・・・とも。だからと言って自分がどうかと言うとはなはだ疑問なのですが・・・星いくつのレストラン同様、宣伝や報道に踊らされることをなるべく避けたいと思ったりするのです。
[PR]



by tsukinoha | 2007-11-25 06:37 | 随想

398 今日のおやつ

週の半ばに鼻水が喉が・・・と思っていると急に悪化して、頭痛に熱少々が加わり、3年振りくらいに、半分寝込みました。
がしかし、週末は娘が参加している区の伝統文化こども教室のお茶のお稽古の出張版で、区民ホールの華道展でお茶のお運びをやる予定だったので、無理やり復帰。
来場されたお客さまにお茶をお出しするだけですが、子どもたちははりきって参加していました。合間に華道の実体験をしたりと、有意義だったようです。
展示作品のなかでは、左右二つの鉢から松(に似た常緑樹)の枝をくねらせ、遠くから見ると富士の姿をかたどる遠州流の作品が印象的でした。

今日の平和島のOTAふれあいフェスタ(年に1度の大田区の大きなお祭り)は、夫(久し振りの日曜休み・・)に娘をまかせ、私はふつうにおつかいに。ついでに寄った大森駅アトレに新しい店鋪2軒発見。シュークリームかどっちか悩んで、ぱりぱり薄皮たいやきの方にしました。
d0009581_16114787.jpg
んんん〜美味でした。

〈本日のうんちく〉
おやつとは八ツ時に食べる(軽い)ものということで、不定時法を使用していた江戸時代(まで)の八ツの名残り。現在だと午後3時がおやつですが、昔は季節によって幅があったことでしょう。しかし名前だけが残っているとはおもしろいものです。

[PR]



by tsukinoha | 2007-11-11 16:28 | 随想

395 山手線占い

今週は日々眼を酷使しており、日記の方はちょっとお休み
・・・しているうちに11月になってしまいました。

日曜日の運動会による筋肉痛もやっと治りました。
小学校の校庭を使った地域の町会の運動会は、まったりと和みムードでなかなかおもしろかったです。子どもたちはもちろんなのですが、おとなの競技が何故か盛り上がる。ほぼ全員参加のリレーで走りながら太ももの筋肉が壊れていくのがわかりました。突如短距離で疾走するというのが筋肉によくないとはいえ、ふだんの運動不足を反省。
そんな運動会や地域の行事に参加しているかぎりでは、親、先生、地域の人たち・・全体が子どもたちを見守るという空気が伝わってきて、マスコミを賑わす教師と保護者との対立みたいなことは無縁のような気がしてしまいます。


さて、気晴らしに山手線占い。


私は土曜日グループの浜松町。
 物腰は素朴だが、どこか威圧的に見える官僚的な人。知性派でどこかアクが強く、プライドも高い。お世辞が苦手で、思ったことをそのまま口に出し失敗することも多い。興味があると猛烈なエネルギーを発揮するが、やる気がないとシラケっぱなし。しかし、そんな硬派なルックスと裏腹に、内心は相当なミーハーでワイドショーネタ大好き。

う〜ん?お世辞は苦手だけれど、威圧的には見えないと思うんだけど・・・(と思っているのは自分だけ???)
どうでもいいことですが、どんな占いをやってもこれでもか!というくらい私はパートナーとの相性が最悪と出ます。山手線占いでも5%というおそろしく低い数値が出ました。まぁこれくらい悪いと、かえって気が楽でよいかもしれません!?
[PR]



by tsukinoha | 2007-11-03 06:17 | 随想

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧