たまゆらデザイン日記

カテゴリ:随想( 105 )




570 版画家・浜田知明(2013/8/4日曜美術館から)

〈序〉ネット上でも話題になった田上富久長崎市長の「長崎市平和宣言」より。

被爆者の平均年齢は78歳。

今の若い世代は、被爆者の声を直接聞くことができる最後の世代だ。

そして、いまの50~70代(若者たちの親世代)は、
彼らと被爆者をつなげることができる最後の世代。

急がないといけない。




版画家・浜田知明に感銘を受ける。
淡々と語る姿ゆえか、ことばひとつひとつが深くて重い。
記憶として記録しておきたいと思う。

・風刺画がすぐれた絵画であるためには、背後に作家の厳しい文明批判、そして人間に対する深い愛情が描かれていなければならない。

・(老婆の彫刻を前に)裸婦といえば展覧会に行くと豊満な若い女性ばかり。ほんとうの美とは表面的なものではない。真実をつくっていくのも芸術の仕事。花が咲いている桜を見に行っても、裸の木を見に行く人はいない。芸術家というのは、花を愛でるのと同じ花のないはだかの木の美しさも見なければいけないのでは。

・もしも戦争に参加しなかったら、戦地を踏まなかったら、ぼくの芸術観はもっと変わっていたに違いない。体験によって人生観においても作画する態度においてもぼくはそれを切り離してものを考えることができなくなってしまった。

・会者定離(えしゃじょうり・・・会うものは必ず離れる)をテーマにしたいが、難しすぎて作品にならない。どういうふうにやれば人に伝えられるのか。まだ解決策が出ていない。


これらが、95歳の言葉とは!
溢れるものをとめることができず。
[PR]



by tsukinoha | 2013-08-13 21:58 | 随想

565 きれぎれの空から

留守のあいだご訪問くださった方々には御礼感謝申し上げます。

表題とはずいぶん違った湿り気の多い気候ですが・・
3月11日東日本大震災以来、さまざまな出来事があり、気がつけば秋の気配です(大汗)。

かれこれ半年になろうとしていますが・・・備忘録として。
地震当日は職場のある高田馬場から自宅の馬込まで途中公衆電話に並びながら明治通り、山手通り、第二京浜、環七と人で溢れている歩道をてくてくと5時間かけて帰宅しました。徒歩でも帰る事ができると妙な自信がついたりして。。。道々コンビニを覗くとパンおにぎり類は陳列棚から消え・・携帯はまったく繋がらず・・日中の小学校からの緊急メールも届いたのが6時過ぎ・・移動中だっただんなの機転で娘は迎えに行ってもらって帰宅していたことを知ったのも地震発生3〜4時間後。いざという時に約に立たなかったケイタイはその後解約してPHSに。宮城にいる親戚も無事だったのでまずはなにより・・と思っているところ約1ヵ月後、震災でもなんでもなく火事で秋田の実家が全焼。地方ニュースで流れたと一報が入り、義父母は消息不明・・不安で過ごすこと数時間。すでに近所に避難していたことが後からわかりました。幸いビニールハウスと作業小屋は残ったのでテント暮らしをしながらの農作業(!)の日々です。

しばらくご無沙汰だった展覧会、『空海と密教美術』だけはと夏休み中に娘を連れて足を運びました。
久々に清々しい気持ちになったのもつかの間、本館の常設展で娘とはぐれてしまいました。20分経過しても見つからないので、インフォメーションのお姉さんに「迷子なんですけど・・」と。小6が、はずかし〜。無線で館内の係の方々に呼びかけていただき、事なきを得ました。娘に聞くと、先回りして私を驚かそうとしていたのが、ぼーっとしているうちに私が通り過ぎて、私は私でまさかそんなことしているとは想像もしていなかった・・ということでした。近場のスーパーや駅ビルなどで呼び出し4、5回という常習犯の娘。またいなくなったと思いつつ、でももしものことを思うと・・やっぱり、ですね。
[PR]



by tsukinoha | 2011-09-03 19:40 | 随想

554 めざめ

桜満開で春爛漫。

ようやく冬眠から目覚めました・・・。
もとい、年始から続いた仕事(準備期間も入れると昨年から)が一段落。と、いうわけで、ショパンの観光パンフレットが出来上がりました。(しかしながら流通には乗りません)

先週のTV東京「美の巨人たち」500回記念番組で2日に渡って放送されたシェーンブルン、ベルサイユ、エルミタージュはグッドタイミングでした。時代をほぼ同じくして19世紀初頭、ポーランドを亡命せざるをえなかったショパン。人生の後半をフランスで送る事になります。現在ワルシャワの聖十字架教会に安置されている心臓は、ショパン自身の遺言によるものです。なみなみならぬ祖国への情熱。表面だけのきれいな音楽ではすまされない奥の深さ、またそれがショパンの音楽のうつくしさの本質であるように思います。

さて、番組の方はオーストリアのマリア・テレジア、フランスのマリー・アントワネット、ロシアのエカテリーナ2世の、3人の女性の生きざまと重ね合わせた内容で、なかなかおもしろかったです。
現地案内役はナレーションの小林薫氏。後編ゲスト解説に池田理代子さん。この番組名物の演出で一瞬でしたが、バー宮廷倶楽部のママ田島令子さんのオスカル(声)!に感激!!!
ところで小林さん、『女帝エカテリーナ』の場面を引用して語っていましたが、読んでらっしゃるのですね!?それともこの番組のために読んだとか?

3つの宮殿のうち、もしひとつだけ行けるとしたら私はエルミタージュを選びます。
なんといっても美術品の宝庫!
最愛のポチョムキンからエカテリーナに贈られた金の孔雀時計、番組のために特別に動かしてもらったとのことですが、その精巧さ、美術品としての美しさに度胆を抜かれました。そういえば数年前に愛のエルミタージュとやらで、エカテリーナとポチョムキンを取り上げた番組がありましたが、あれは最悪でした。。。

ところで、ポーランド王国最後の国王スタニスワフは、エカテリーナの若かりし頃の愛人で、でもロシアはポーランドを侵略して・・・となんともフクザツ。そのあたりは知れば知る程興味深いものが。『ベルサイユのばら』→『女帝エカテリーナ』→『栄光のナポレオン-エロイカ』と池田作品を通読中。ひと仕事終えて、かっぱえびせんのようにやめられない状況に陥っています。
[PR]



by tsukinoha | 2010-04-03 21:18 | 随想

546 今日はヤマト復活編公開日!

12月ももう10日以上も経ってしまったというのに・・・日記をさぼり中。
先週末はフィギュアスケートのグランプリファイナルを観戦、翌日は娘のバドミントンの試合で主審の手伝い、平日は怒濤の年末進行、合間に個人の仕事・・・という具合に濃密な日々。(言い訳中)

バドミントンのダブルスの試合は、キセキ的に1回戦に勝利して2回戦目に優勝ペアにあたって沈没。明日はスポーツチャンバラの試合です。そしてまた次の週はバドミントン・・・。(言い訳中)

グランプリファイナル(男女FP)の感想は箇条書きに。
・織田くんベストのチャップリンでなくちょっと残念
・ウィアーは女性の歓声が目立っていた
・高橋くんは会場中残念ムードが漂っていた
・いちばん盛り上がったのが鈴木明子選手の演技!この日一番輝いていた
・キムヨナはいまひとつ精彩を欠いていた(のに、なんで優勝?)
・安藤美姫もよかった。でもキムヨナより低い点でブーイングが
・スタンド席のいちばん後ろの方だったので移動中の荒川静香さん発見。
 名前を読んで手を振るとこちらを見てにっこりと手を振り返してくれた!
・演技直前はスタンド席の方まで会場中シ〜ン・・・と静まりかえって、あの緊張感は独特

ところで今日12月12日は宇宙戦艦ヤマト復活篇の公開日!
なのに行けてない自分がもどかしい〜!ガクッ。
[PR]



by tsukinoha | 2009-12-12 17:04 | 随想

545 展覧会とか試合とか

11月もめまぐるしく過ぎ去って行こうとしています。
相乗効果的にいろいろなことが発生、日記に向かう余裕が少なくなりつつありますが、細々やっていきます^^。

ふと時間が出来て、秋晴れの日に娘と再訪した畠山記念館。
現在は秋季展の開催中。「重要美術品 井戸茶碗 銘 信長」や本阿弥光悦 筆、俵屋宗達下絵の「四季草花下絵和歌巻」など、小さいながらかなり充実しています。ひとまわりしたら、お抹茶と干菓子で一服。紅葉には少し早い時期でしたが、障子ごしの草木がつくる影絵が絶妙でした。
特別展示「国宝 煙寺晩鐘図 伝牧谿筆」と「扇面月兎画賛 本阿弥光悦 筆」を観ることができなかったのが唯一心残り。(もう行けないので既に過去形。。)

先日娘はスポーツチャンバラの試合。
何しろスポーツの試合というものが生まれてはじめて。
「基本動作と「小太刀」で参加も、当然ながらボロ負け。でも小学生のうちからそういう経験ができるのはいいな〜と思ったりしています。私もだんなにしても中学の部活での「負け」が最初の経験でしたから。
来月は早くもリベンジ!のスポチャンに加えて、バドミントンの試合も2大会(初心者のくせに、です)控えており、病気になっている暇がありません!?

仕事の方もありがたいことに徐々に筋力つきつつあります。
新宿駅近辺では某国観光局の仕事でデザインしたバスが走っています。
(まだ見に行けてませんが。。汗)
[PR]



by tsukinoha | 2009-11-28 15:46 | 随想

540 神無月

9月があっというまに過ぎてしまいました。
某国のブースのグラフィックを担当した旅行博など、ふだんも連休中も仕事で充実。
おかげで日記を怠りましたが〜^^;。

ごぶさたの美術館関係も、東京国立博物館でもうすぐ開催の特別展「皇室の名宝—日本美の華」には足を運ぶ予定です。
12月はふたたび代々木体育館へ。フィギュアスケートのグランプリファイナルを観戦の予定。激戦をかいくぐって!?いちばん後方にあたるスタンド席を確保。

そんな日常の息抜きは週一のバドミントン。
初めてラケットを持ってわくわくしていた中学生の頃に戻ったような気分でストレス解消。
もうひとつ。ランニングの方は、週に2日くらいのペースで約30分ゆっくりと走ります。
ランもバドもクォーターパンツ(通気のよいシャリ感のあるタイプ)1本着回しだったので、ランニング開始1周年の記念に新調することに。。「ゼッタイ走りやすいよ」と、だんなの助言を受け、スパッツにトランクスの重ね着で決まり!でもそんな格好して外に出るといかにも「バリバリ走ってます!」みたいで気はずかし〜です。(じゃぁ何のために新調したんだ・・・)

そんなわけで座りっぱなしの仕事が多い私にとっては、週3回は汗をかいて身体の毒素を出す(デトックス)のが快感になってきていますが、一方、車で移動仕事の多いだんなは、時間のある時にスポーツクラブ。私もだんなも「足腰を使わなきゃ・・・」と今から老後対策!?ですが、成長期の娘はバドとスポチャンで「基礎体力つけなきゃ」と、最近スポーツ一家と化している我が家。
しかし、はじめてのIKEAは、あまりの人の多さにぐったり。体力消耗。
人ごみ大キライのだんなに至っては「もう二度と来ることはないだろう・・・」と。。。
[PR]



by tsukinoha | 2009-10-03 06:05 | 随想

538 公衆電話

ケイタイを家に置き忘れてしまった。
ふだんほぼ家族の連絡用。その家族(娘)と朝っぱらから口げんかして、持ち物確認せずに職場に向かってしまったのがいけなかった。娘の緊急連絡&区からのお知らせメールの受信先にしているのでちょっと落ち着かない。インフルエンザのこともあるし。幸いだんながまだ家にいたので、帰宅後の娘に向けて「ケイタイ忘れた伝言メモ」を頼んでおく。

ところで職場近くで公衆電話を探してみたのですが・・・これが、ない!ぜんぜんない!
なんかいつの間にか違う時代になってしまったんだな〜としみじみ。
家路に着き、最寄駅の公衆電話から(さすがに駅にはありますね)自宅に電話。
「おかあちゃんどこから電話してるの?」そう、公衆電話使ったの、何年ぶりでしょう!はじめてケイタイ持ったのが娘が誕生した頃だから、およそ10年振り!?



d0009581_711378.jpg








娘が夏休み中の自由宿題で作ったケーキの小物入れ。半分近く手伝いましたが。
もちろん食べられません。
[PR]



by tsukinoha | 2009-09-05 07:03 | 随想

530 マイケルが・・・。

「自らの死をもってして、ふたたび彼はスーパースターの地位に返り咲いた」
云々言われているそうですが・・・。


メディアを通してみるマイケルは、現実だったのか、幻だったのか。
あまりに大きすぎるスーパースター。
ご冥福をお祈りします。



d0009581_623578.jpg
関連記事
077 マイケル・ジャクソン
215 マイケル・ジャクソン来日中
[PR]



by tsukinoha | 2009-06-28 06:26 | 随想

514 花の色は・・・

桜がやっとほころびかけてきたと思ったら雨。
娘の学童保育も昨日で終了。今日から晴れて鍵っ子です。
といっても学童保育のある児童館は一般の子もよく遊びに行っており・・・早速今日は「お弁当持って遊びに行く!」と、上級生のお友達と約束をして出かけて行きました。新しく赴任してくる先生や、新1年生の顔ぶれも気になる様子。



せっかくだから私も百人一首を暗唱しようとしているのですが、大人は意味を求めてしまうせいか、なかなかどうして・・・。上の句と下の句がごっちゃになってしまったり、風景は思い浮かぶけれど句が出てこなかったり。子どもたちが完全に音とリズムのみで暗記していることが、今さらながらよ〜くわかります。(オウム状態ですが^^;譜面見ないで音だけさぐって演奏を完成させるのに近いのかな?)

百人一首で詠まれている「花」といえば「桜」です。
万葉集の頃は「花」といえば「梅」でした。「梅」は中国から渡ってきた花。
「花」の歌の選を「桜」以降にしたのは、
自国「日本」を意識したからなのでしょうか。


花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに  小野小町
[PR]



by tsukinoha | 2009-04-01 22:00 | 随想

508 わが衣手に雪は降りつつ・・・

ここ3ヵ月の耐寒マラソン(某小冊子)もようやく手離れ。
インフルエンザでももらってきたらタイヘン!と、外出も控えてというか、外出する余裕がないうちに(汗)あれよあれよというまに、もう3月ではありませんか!

タイミングを見計らったかのように、今週金曜日は久し振りの外出。
大田区民ホールアプリコでの小山実稚恵(ピアノ)、海老原光(指揮)、都響のベートーベンを聴きにいってきます!S席がなんと3000円です!!!

チケット格安といえば、ラ・フォルジュルネ(今年はバッハ)がもうすぐ一般発売。がしかし、あのチケット争奪戦に打ち勝つ自信が全然ありません・・・。手数料考えるとそんなに格安でもないかとも思ったり・・・。どれかは聴きに行きたいんですが・・・。

そして土曜日はいよいよ百人一首大会。
全〜然〜〜なのに保護者チームで参加することになってしまいました。今週に入ってからは毎晩、百首暗唱した娘に相手をしてもらっています(汗)。殆ど諦めがちな母(私)に、「あきらめたらほんうにだめになるよ!」と強いお叱りを娘からいただいています(爆)。
[PR]



by tsukinoha | 2009-03-05 05:54 | 随想

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧