たまゆらデザイン日記

カテゴリ:社会( 4 )




504 断片

明日漢字検定(区がやっているもの)があるので、一応?がんばっている娘。一番憶えられないのは書き順とか。でも、これ、大人だって間違えるものが結構あります。
ところで、部首別で画数順の漢字の体系については、後漢の許慎(きょしん)という人が作ったシステムが、長い歴史の中で受け継がれてきて現在に至っているものだそうです。
話が飛びますが、漢字学者白川静氏は、日本もながらく採用していた“画数による検索システム”について「意味を失っている記号」とみなしたそうです(自身が著した辞典は五十音順になっているとのこと)



ある中欧の国の世界遺産パンフレットを手掛けています。
原稿を読み返すたび、自分たちとは違う種族であることを感じるとともに、“民族の誇り”が強烈に感じられます。
それは、かつては存在していたであろう、日本が見失ってしまったもののように思います。
・・・漠然としてますが。



先週の衝撃度NO.1は、たまたま見た番組の一場面。20歳前後の街頭インタビュー。
「日本が戦争していたのはいつのことか?」の質問に殆ど答えられない。
それどころか、戦争をしていた事実さえ知らないでいる人(えっ?そうなのと平然としている)も。(←うちの娘だって知っているよ・・・)
[PR]



by tsukinoha | 2009-01-18 13:59 | 社会

373 AED「自動対外式除細動器」

職場でAED(英語の頭文字)「自動対外式除細動器」研修を受けました。
AED(英語の頭文字)とは、血液を流すポンプ機能を失った痙攣した状態になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器のこと。一般市民が使用できるようになった(2004年7月〜)というのを聞いたことがある人も多いかと思います。

まず、人工呼吸、胸部圧迫(心臓マッサージ)を実習した後、全体の流れのなかで、AEDの使用の仕方を練習機器を使っておこないました。

人工呼吸、胸部圧迫は、子どもの救急についてで同じように人形を使用して2度実践したことがありましたが、かなり忘れてしまっていました。身体が。頭ではわかっているけど、実際行うのは難しいです。気道確保・・・おでこに手を当て、人さし指と中指の2本で顎をあげる・・・うまくできない。鼻つまむの忘れる。胸部圧迫→「バウンドさせたらだめです。今ので肋骨何本か折れましたね」(指導員の方の助言)・・・という感じ(汗)。

AEDの作動の仕方は思ったよりも簡単という印象。ふたを開くとスタート。2つのパッドで心電図を取り、必要だったら電流を流す、胸部圧迫を行ってくださいなどという指示を、機械がアナウンスしてくれます。毛もじゃさん用に剃刀まで入っています。

これからは街を歩く時、学校へ行ったときもどこにあるか気にしてしまいそうです。
しかしなんといっても、いちばんの勇気は最初の「大丈夫ですか?」の声かけですよね。
[PR]



by tsukinoha | 2007-08-29 05:53 | 社会

313 シュタイナー学校いよいよはじまる

昨日は久々に現場の仕事でした。
今日のオープンのための案内版を至るところに設置をしたのです。
自治体が戸建て住宅開発を行う一角に建設したその高齢者支援付き共同住宅は、都心から南へ数10kmの郊外の街にあります。地域ぐるみで生活を支援しあう試みのこの建物は1階は高齢者の方が「通い」や「泊まり」が利用できる在宅介護を支援するはたらきをもち、2〜3階はふつうの賃貸です。が、この賃貸入居者には条件があり、困った時はおたがいさまを実践できる方というふうにされており、そのための面談があります。

先週必死に調整していた図面は、お披露目のための内覧資料のパンフになり、外階段には先週発注した2000×3600の横断幕、玄関には企画立ち上げ時に作成したロゴが木彫りの表札になっていました。しかしながら関わってくるスタッフの重みや、今後多様化するであろう高齢者の生活が、他人事ではなく、私たちすべてに帰ってくるということへの大きさは、私が仕事としてかかわっている部分が、ほんとうにささやかなものでしかないことがわかります。いや、だからこそ、社会とデザインとの関わりをデザイナー自身がもっと勉強しなければならないのだと思います。

一方、昨日のY新聞に、子安美知子さんの記事が掲載されていました。以前このブログで取り上げたシュタイナー学校ですが、いよいよ本格的に活動のもようです。来年4月に開校を目指して、小中高一環とする予定だそうで、さらには周囲に福祉施設、農場を整備する計画があるそうです。36年間温めてこられた構想がやっと実現の段階に入ったということで、今後どのような展開になるのか注目したいところです。また、シュタイナーであれ何であれ、実際に通えなくとも、まずは自分のまわりからできることを少しづつ・・と、常に考えていければとも思います。
[PR]



by tsukinoha | 2007-02-17 11:18 | 社会

256 その時歴史が動いた

1951(昭和26)年9月8日。
55年前の今日は、サンフランシスコ講和条約が締結された日です。
「その時歴史が動いた」では2週にわたって特集をしていました。番組のテーマ曲は谷川賢作(谷川俊太郎氏の御子息)。
シリーズ 日本独立 その光と影
〜吉田茂とサンフランシスコ講和条約〜

敗戦国としては異例な寛大な処置はどうやってなされたか。
その功罪とは何か。いろいろと考えさせられました。

「あなたがたが我々に与えた傷は、どんな黄金やこの世のものをもってしても、元に戻せるものではない。しかし、運命は我々を隣人にした。我々は共に平和に生きるほかはない。そのためには我々が許しと友情の手を差し伸べる前に、日本には心からの悔恨と生まれ変わる証拠を示して欲しい」
(フィリピン・ロムロ代表の演説)

52カ国中、49カ国が調印。しかし中国、朝鮮はこの会議に出席していなかった。
すべてはこの調印からはじまった戦後日本。

前編(再放送)
平成18年9月5日 (火)
16:05〜16:48 総合 全国 (福岡県のぞく)
平成18年9月8日 (金)
 2:00〜 2:43 (※木曜深夜) 総合 近畿地方のみ
平成18年9月8日 (金)
 2:45〜 3:28 (※木曜深夜) 総合 全国 (近畿のぞく)
後編(再放送)
平成18年9月15日 (金)
0:00〜 0:43 (※木曜深夜) 総合 近畿地方のみ
平成18年9月15日 (金)
1:35〜 2:18 (※木曜深夜) 総合 全国 (近畿のぞく)
平成18年9月26日 (火)
16:05〜16:48 総合 全国


余談ですが、今日はデザイナーの杉浦康平氏の誕生日でもありました。
[PR]



by tsukinoha | 2006-09-08 20:29 | 社会

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧