たまゆらデザイン日記

464 川端龍子と修善寺

d0009581_6572789.jpg大田区龍子記念館「川端龍子と修善寺」展に行ってきました。
3月に訪れた時は小さな芽が顔を出す程度だった中庭が、草ぼうぼうになっていました!この庭の草花は、生前、龍子が別荘を構えた修善寺の地から運んで植えたものだそうです。邸宅の庭の草花や庭石も同じように修善寺からのものが数多くあるそうです。

今回の展覧会は会期がいつもより短く、入館料もいつもより高めです。(大人500円)45周年記念特別展と題した企画もので、伊豆市が所蔵している龍子の絵の展示ほか、修善寺にゆかりのある(明治末〜昭和初期当時の日本画壇の中心的存在の画家たちが修善寺で親交を深めたという)、横山大観、今村紫紅、石井林響、安田靫彦、前田青邨の作品の展示があり、そのせいか館全体がいつもに増して迫力がある感じがします。

予測通りの大きな絵(!?)『龍子垣』(チラシ画像)がどど〜んと出迎えてくれます。
そしてそんな大作が多い龍子ですが、今回目を惹いたのは、『逆説・生々流転』の長い絵巻でした。この作品は、前年に伊豆地方を襲った台風の惨状の様子を描いたものだそうですが、同時に、横山大観の『生々流転』を受けて描かれたものだそうです。ちょうど絵巻の正面(反対側)に、その大観の『「大観」書軸』(個人蔵)という書の展示があり、なかなか趣き深いものがありました。

d0009581_6594415.jpg6月15日までの展示ですが、期間中、記念館前の邸宅跡、龍子公園が終日開放されているそうです。指定時間外はガイドはつきませんが、自由に散策出来る機会かと思います。池の(終戦前日に落された爆弾でできた池)おたまじゃくし目当てでカモが来ているそうですが、生憎飛び去った後とかで出会えませんでした。
[PR]



by tsukinoha | 2008-06-08 07:04 | 展覧会

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧