たまゆらデザイン日記

321 モーツァルト 2台のピアノのための協奏曲

時々登場の音楽レヴューは、長らくエキサイトブログのライフログという機能を活用していましたが、私の趣味が少々マニアック?なため、検索しても出てこないCDもしばしば。さらに画像優先でセレクトしていくとどうしても無理が生じてしまうため、今後は書籍と同じく単体で、気ままに好きな音楽のことを記録していこうと思います。


最近の生茶CMのBGM、『スペイン』(チック・コリア)のオーケストラバージョン(?)でちょっとびっくり。
そこで今回選択したのはこちら。

d0009581_20524398.jpgMOZART Double Concerto
フリードリヒ・グルダ(ピアノ)
チック・コリア(ピアノ)
ニコラウス・アーノンクール指揮
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
1983年


モーツァルト 2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調(K.365)
1, アレグロ
2, アンダンテ
3, ロンド:アレグロ

4, 2台のピアノのためのファンタジー(チック・コリア)

5, 2台のピアノのための「ピンポン」(フリードリヒ・グルダ)


ジャズミュージシャンにはクラシックをやる(レコーディング)人もポツポツといますが、「チック・コリアがモーツァルト!?」と想定外のことでびっくりして衝動買い(15年くらい前)したものです。私の知る限りではクラシックを録音したのはこの1枚きりです。チック・コリアのモーツァルトということで、かなりレアものなのではないでしょうか。
4曲目のチック・コリア自作曲は、ピアノ・インプロビゼイションを彷佛とさせるチック・コリアらしいちょっとスパニッシュのリズムの入った曲。5曲目にフリードリヒ・グルダ作の曲。つまりモーツァルトの協奏曲の後に、デュオのピアノ・インプロビゼイションが2曲続く・・・すごい取り合わせ。いったいこの店は何料理屋なのかっ!て感じです。そこが摩訶不思議でいいんですが。

フリードリヒ・グルダ(1930〜2001)オーストリア、ピアニスト。ジャズ演奏でも知らる
ニコラウス・アーノンクール(1929〜)オーストリア、指揮者、チェロ奏者

*おまけ*
『のだめカンタービレ』で千秋とのだめが最初に連弾をするのが、「2台のピアノのためのソナタ ニ長調 (K.448)」ですが、この「2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調」と出だしがちょっと似ています。

[PR]



by tsukinoha | 2007-03-12 20:58 | 音楽

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧