たまゆらデザイン日記

265 ギョッとする江戸の絵画

d0009581_21452739.jpg
「ギョッとする江戸の絵画」というエグいタイトルですが、曾我簫白の「群仙図屏風」の表紙絵。10月からスタートするNHK知るを楽しむの辻惟雄先生のテキストです。こちらで情報をいただきました。簫白のインパクト、はたまた簫白と言えばコレに勝るものはないんでしょうね。昨年の芸術新潮の表紙も然り。
d0009581_21463432.jpg

私が簫白の実物とはじめて対面したのは、1997年板橋区立美術館の「奇想天外江戸絵画展」です。このとき「群仙図屏風」がありました。(手元に図録・・公費で購入していたので・・もなにも残っていないので断定的に語るのが少しばかりためらわれます)板橋区立美術館は小さいながらもユニークな視点の展覧会が多く、ひそかに贔屓にしています。交通の便さえよければ通いたい美術館のひとつ。

d0009581_21472818.jpg

それから約1年後、千葉市美術館(1998年3/24〜5/5)で曾我簫白展がありました。辻惟雄先生が美術館の館長をしておられた頃のことです。

眼球が飛び出るような驚きを体験したい方は是非「曾我簫白展」へ!などというのはすこしオーヴァかもしれませんが、江戸時代にもこんな元気のいい破天荒な画家がいたことをお知らせしたくて、この展覧会を企画しました。(美術館ニュースの辻先生の言葉)

「群仙図屏風」と2度目の対面でした。図録(上記画像)も美術館ニュース(下記画像)も「群仙図屏風」です。まったくなんちゅー絵なのでしょうか。
しかし私が簫白の魅力にはまったのは、この絵に代表されるエログロテスクなかたちと色彩そのものでなく、対象的な「商山四晧図屏風」のような、一気に描き切ったような大胆な山水のもうひとりの簫白の顔と言うべき発見でした。(「商山四晧図屏風」・・右隻は樹下の4人の隠者、左隻にはいまにもつぶれそうなロバ(馬?)にまたがった隠者の後姿。ユーモラスで哀愁漂う画風。特に左隻の絵が好きです)対照的なこのふたつの屏風絵を前に「なんて(この人は)自由なんだ!」と気持ちが高ぶりました。「もしかして私(たち)は江戸時代という時代を、とんでもなく勘違いしているのではないだろうか?」とひそかに心に思ったものです。最近ではそれが確信に近づいていますが・・・いや、おそらく前世、私は江戸時代にいたのかもしれません(ああ、妄想癖・・・)。
d0009581_21481049.jpg
「簫白はいかにして忘れられたか」ということで、千葉市美術館ニュースの展覧会の紹介に美術史家の佐藤康宏氏の3頁に渡る随筆が掲載されています。それによると、おそくとも1890(明治23)年代に発表された美術専門誌『国華』4号の解説であろうとの指摘で、次のような記述の紹介があります。
「簫白のような画家が日本の美術史に上に再び出現するのはけっして好ましいことではない」


「みんな知らないみたいだけど、江戸時代にはこんなおもしろい絵があるんだよ」とでも言うように、若かりし辻先生が執筆された『奇想の系譜』(1969年)。簫白のほか伊藤若冲、長澤芦雪など、当時の概念からすると一線から外れた絵師たちを取り上げるという、おそらくは超マニアックな著作。その視点が30数年かけてじわじわと“世間”へ浸透してゆきました(画像は2004年文庫版で表紙は曾我簫白「雲龍図襖」)
d0009581_21485971.jpg
およそ100年近くにわたって植え付けられた簫白らへの偏見を拭うにあたって、辻先生が果たした役割は大きかった。と、後世(すでに現在)語り継がれるのでしょう。

というわけで、10月スタートの「ギョッとする江戸の絵画」シリーズを楽しみにしています。
[PR]



by tsukinoha | 2006-09-28 22:22 | 日本の伝統文化

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧