たまゆらデザイン日記

258 秋草図の遺伝子

いつもは学童保育から帰宅する娘を気にかけながら駆け足で家路に着く日々ですが、およそ1年振りくらいに仕事帰りに美術館に立ち寄るということをしました。
俵屋宗達の「風神雷神図屏風」が目的でした。冊子や豪華本でこれまで幾度となく見てきた風神雷神との対面で胸がいっぱいになるのですが、その他の展示にも驚くました。その予想外の展開で、さらに胸がいっぱいいっぱいになります。


琳派芸術の継承と創造
  梅を愛でる
  秋草図の遺伝子
  燕子花図の変容
  受け継がれる琳派

という章立てで、宗達、光琳、抱一らの屏風絵やらがどど〜んとありました。
梅も燕子花もすばらしいのですが、今の季節、やはり秋草がピタリと来ます。ちょうど前の晩に秋草のことを思っていたばかりだったので、何かが引き寄せたという感じです。

俵屋宗達「月に秋草図屏風」
照明にふわりと浮かんだ六曲の金泊のススキに萩や桔梗がちらちら見え隠れ。まるで黄金のススキ野原をひとりで佇んでいるような錯覚にとらわれます。月は光悦好みの半月。

酒井抱一「夏秋草図屏風草稿」
東京国立博物館所蔵の屏風絵「夏秋草図屏風」の、いわゆる下絵。近年見つかったものだそうです。東博の常設展は諦めていた矢先、まさかここで下絵にお目にかかれるとは思いませんでした。

鈴木其一「秋草図屏風」
抱一の愛弟子だった其一の作。抱一のが屏風絵ならば、こちらは襖絵。たらし込みの技法を用いています。


秋草図は武蔵野や嵯峨野など、古来歌枕として知られた秋の名所のイメージが強い。

と、パンフレットにあります。中国から渡ってきた山水画に対してやまと絵と称される障屏画などの絵の殆どは、歌が元になっています。それは逆を言うと歌のない絵はないということです。
そう見てみると、尾形光琳没後に誕生した若冲、応挙など写生画の人たちが、いかに革新的だったかが伺えます。

目の前の皇居の風景はすっかり夜になっていました。
小雨降る夕刻の美術館はゆったりと時間が過ぎていくようでした。
d0009581_5483923.jpg
光悦好みの半月。画は俵屋宗達、書は本阿弥光悦。
[PR]



by tsukinoha | 2006-09-15 05:56 | 展覧会

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧