たまゆらデザイン日記

244 変貌する東京

東京オリンピックに向けて、東京の街はめざましく変貌した。川は、高速道路で被われるか、水を抜かれて高速道路そのものへと姿を変えた。交通網を整備するため、道路の拡張工事や立体交差化が随所で続けられ、下水道の普及が急がれた。オリンピックは、敗戦から復興後の東京の風景を一変させただけでなく、人々の生活のありようにも大きく影響した。(専門誌『デザインの現場』1998年12月号より抜粋)

上記の記事は100号記念特集「1960's日本のデザインが始まった」においての東京オリンピックを焦点にした特集の一コマ。東京オリンピックの意匠計画や図案、亀倉雄策のポスター製作の現場や杉浦康平のデザインシートなどの貴重な仕事資料の狭間に、変貌していく街の様子を捉えたモノクロームの写真で構成されたページ。華々しさと対照的な地味ながらインパクトある見開きになっています。

・数寄屋橋の消滅・・外濠はショッピングセンターと高速道路へ変貌の写真、E.G.サイデンステッカーは「この工事で、江戸だけでなく大正、昭和初期の面影がなくなったのである」とする(『東京人』1994年8月号)。
・オリンピック開催まであと500日。急ピッチで進められたという青山通りの拡張工事の風景写真では、(画家を知った今だから感じることではありますが)柏に移り住んだ高島野十郎が忍ばれます。



さて、私が日本橋の景観についての問題をはじめて耳にしてから、かれこれ10数年経っていると思います。
d0009581_5245988.jpg

「日本橋の上に架かる高速道路が不適当だ、撤去すべしという意見があるが、日本橋とはこうあるべしという絶好のの例として、この作品が引き合いに出されることが多い」とは、渡邊木版美術画舗・三代目の渡邊章一郎氏。画像の銀座の小冊子『銀座十五番街』(十五番街とは・・銀座7、8丁目の会員さんを中心としているので7+8=15のネーミングだとか)で毎回表紙になる版画を提供、解説を寄せていらっしゃいます。上記の川瀬巴水『東海道風景選集 日本橋(夜明)』は、巴水全作品の中でも五指に入る人気作品とのこと。ただいまニューオータニ美術館の川瀬巴水展にて展示中(13日/前期まで)。

・・・というわけで、川瀬巴水展のはなしへとつづく。
[PR]



by tsukinoha | 2006-08-10 05:39 | 随想

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧