たまゆらデザイン日記

241 熊田千佳慕展と山名文夫と熊田精華展

d0009581_2210498.jpg
目黒区美術館で開催中の「熊田千佳慕(くまだちかぼ)展」と「山名文夫(やまなあやお)と熊田精華(くまだせいか)展」に出かけました。画像はA3二つ折りのチラシです。

熊田千佳慕さんは、昆虫や植物の絵や絵本の原画などを手掛ける、今年95歳を迎えた現役の美術家です。
今年の年頭に豊富を語る熊田さんの姿をたまたまテレビで観ていて、そのパワー、エネルギーに、ただただ恐れ入りましたが、はじめて原画を目の当たりにして、その美しさにほれぼれとしてきました。
熊田さんの絵は色鉛筆(と水彩)で描かれています。(確か、黒は使用されていない)
『ファーブル昆虫記の虫たち』『みつばちマーヤの冒険』『ふしぎの国のアリス』などなど、微細に書き込まれた動植物たちの表現、まばゆい色彩は、原画だけが放つ美しさがあります。で・・・今回は印刷物になった図録は購入しませんでした。逆に若冲のときは購入しなかったポストカードを5枚セット2種を手にしました。比較的忠実に再現しています。ほんものはもっと色の発色が鮮やかです。
フェアリーシリーズより、「水辺」「キノコの村」。
d0009581_22135864.jpgd0009581_22142676.jpg
絵本が置いてあって自由に読めるスペースや、おえかきコーナーがありました。同行した娘は、展示を見る時間より、おえかきコーナーにいる時間の方が長かったです。


同時展示の山名文夫(デザイナー時代、千佳慕さんが師事されていた)と熊田精華(千佳慕さんのお兄さん)展では、書簡を中心とした作品展示でした。
山名文夫はアールデコ全盛期の時代に資生堂の意匠部で活躍したイラストレーターであり、デザイナーであります。(ちなみに私が昔通っていた専門学校の初代校長)
さて、展示品を見ていると、お二方がそれぞれ自分用の原稿用紙を持っておられていたことを発見。(すみっこにネームが印刷されていたので)
で、昔、原稿用紙のデザインをしたことを思い出しました(唐突ですが・・)。今から13年前くらいのことです。原稿が書きやすい編集者用と写植指定がしやすいデザイナー用と2種類。5ワード、5行単位で印(ドット)を入れたと思います。廉価なアイボリー系の用紙に、茶系1C(1色)。すみっこにはロゴマークを入れて・・・社内用でした。

以前目黒区美術館を訪れたのもちょうど13年前。「ピリエ」という美術館ニュースが、写植版下の時代からDPTに変わったであろうに、ほぼフォーマットを変えずに存続して置かれていたのに驚きました。
何でもかんでもリニューアルしてしまうのがよしとされるような風潮に、流されていないものがあるのです・・・(それともリニューアルという考えが及ばないとか、あまり発行されていないからとか、予算がとれないとか、著名なデザイナーに手掛けてもらったフォーマットだからとか、他に理由が・・・!?)! 左・NO.81992年/右・NO.22 2006年。
d0009581_22191945.jpg


出かけた当日は目黒区のお祭りで、美術館周辺にいろいろな催し物が点在していました。
野外テントに設けられた、タイルのはめ絵のワークショップに娘が挑戦。
15センチ四方の木枠に砕いてバラバラになった色のタイルを、好きに組み合わせて、最後に石膏で固めてもらい、タイルの抽象画のできあがり。得意になって翌日の学童保育へ持参し、先生に見せたようでした。
[PR]



by tsukinoha | 2006-08-01 22:26 | 展覧会

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧