たまゆらデザイン日記

194 フジタさん、いってらっしゃい。留守は我らが!

藤田嗣治生誕120年。
国立近代美術館の大盛況で大混雑の展覧会へは、たぶん行けない(行かない)だろうな〜と思いながら、2週に渡るテレビ東京系「美の巨人たち」に続いて、4月の3週目のNHK教育「新日曜美術館」で藤田嗣治の足跡を辿りました。
ところでその先日の「新日曜美術館」で、藤田嗣治の作品として『秋田の行事』が取り上げられているのに驚きました。

と、言うのも・・
人影まばらな秋田の美術館の大展示室で観た圧巻の大作!あれは藤田嗣治だったんだ!
・・というわけで5年前に秋田県平野政吉美術館を訪れていたことを思い出しました。

藤田嗣治と言えばエコールドパリのイメージだったので、土着的な民俗画の『秋田の行事』の絵と完全に分離していたのです。

故平野政吉氏が過去57年間独力で蒐集した美術品の中から601点を寄付し、出来た財団法人平野政吉美術館。昭和42年(1967年)に開館公開。藤田嗣治氏のコレクションは日本一。カンバス張りの壁画『秋田の行事』昭和12年(1937年)は、その大きさ(高さ3m65cm・巾20m50cm)。
当時の秋田を描き尽くした作品は、日本の(秋田の)民俗学を知るうえでも大変貴重な絵画ではないかと思います。

その平野政吉美術館(『秋田の行事』は美術館内風景/大展示室の画像で観ることができます)では、
   近代の洋画と版画 フジタさん、いってらっしゃい。留守は我らが!
というタイトルの展覧会をやっています。
3月25日〜10月22日まで3期に渡っての長い期間なので、もしかすると帰郷の折、観に行ける機会が訪れるかもしれません。
そうしたら、再び嗣治の『秋田の行事』と対峙してみたいものです。

平野政吉美術館は、JR秋田駅から徒歩で行ける距離です。江戸時代の秋田蘭画などの展示も観られます。まあ、絵だけをわざわざ観に行くには秋田は遠いですね・・。
そう言いつつ、つくづく秋田は不思議なところだな〜と思います。

そんなことを思っていると、郵便が届いたとの秋田のお義母さんからの電話。
「こっぢは桜はまんだだよ〜」
春の訪れもゆ〜っくりのようです。
[PR]



by tsukinoha | 2006-04-21 22:28 | 展覧会

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧