たまゆらデザイン日記

161 「ルイ・ヴィトン展」を回顧

話題の六本木にはじめて出かけたのが昨年の3月12日。
普段は職場と保育園の往復だし、休日は子どもといっしょ。都内に住んでいても、名所(!)に出かけるということはあまりないものです。
一年前に開催中の森美術館でのルイ・ヴィトン展が、六本木ヒルズへの機会をつくってくれました。父親にインフルエンザをうつして、すっかり元気になった子と2人で。

“高級ブランドもの”に縁のない(おそらく一生…?)私が、ルイ・ヴィトン展に足を運ぶ。誰でもが知っている焦げ茶地にベージュのモノグラムの文様。イニシャルと組み合わせられた、あの花のようなかたちですが、これが日本の家紋の意匠をヒントに作られたと聞いていましたが、実際のところどうだったのかを確かめに行きたかったのです。

ジャポニスム、19世紀後半の日本趣味の時代は、同時にヨーロッパ世界旅行時代の幕開けでもあります。馬車から鉄道へ、そして豪華客船へと、ヨーロッパの上流階級の人たちが旅をするのに、当然、沢山の荷物を収容するトランクは必需品。そのトランクの独自の装飾文様のデザインを施し、ステイタスという価値を作ったルイ・ヴィトン。

すでにその当時フランスでは、四弁形の文様が日本の家紋に関する著作として紹介されていました。ギメ美術館所蔵の長持にはそっくりと言えるようなデザインもあります。少なからず影響を与えていたのは間違いなさそう。日本の初の万国博覧会の参加は1867年パリ。幕府、薩摩藩、佐賀藩がそれぞれ独自に出品。

しかし結論を言ってしまえば、モノグラムの文様を日本の家紋のみに求めるというのは、いささか無理があるとの指摘でした。装飾文様にはフランス・イギリスの中世美術や、ベネチア建築、オランダタイル文様、エジプト、ビザンチン、イスラム、インド、中国にまでとつながっているからだといいます。
d0009581_6283359.jpg

2300円の図録が、私の大事なブランドものとして手元に残りました。
同じデザインの上製本仕立ての函(はこ)のなかに、引き出しのこげ茶のリボンが把手のようにようについていて、ひっぱると函の中におさまった平綴じの図録(画像)が表れます。豪華本などに見られる構造を利用しているとはさすが。

実は展覧会そのものよりも、展望台からの眺めのインパクトが強かった。歩き疲れてぐずった子も、その絶景にご機嫌。
それから約1ヶ月後に出かけた東京タワー(ブログ記事no.003)との落差を思いきり感じました。


先日、夜中に突然子どもが発熱。
インフルエンザかと思いきや、風邪。熱は忽然
と下がる。よかったというか、インフルエンザ
にかかる可能性がまだあると思うと複雑!?

2005年3月12日。何故日にちまで憶えていたか
というと、チック・コリア エレクトリックバン
ド来日のポスターをここで見かけて知ったのと、
事実上、この日が最後のNSPのコンサートになっ
てしまったこと。こういう因果のようなものを感
じることが多い。

[PR]



by tsukinoha | 2006-02-11 06:35 | 展覧会

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧