たまゆらデザイン日記

093 FLY ME TO THE MOON

月に関する名句は多いと思いますが、現代歌で思いつくものをいくつか。

まず、ボサノバのスタンダード「FLY ME TO THE MOON」。
私を月へ飛ばして星たちの間であそばせて
木星や火星の春がどんな風になっているか私に見せて
あなたは私のあこがれのすべて
変わらずに愛してほしい
つまり私はあなたを愛しているということ
大雑把に要約するとこんな歌です。

「MOON RIVER」も好きな歌です。
オードリー・ヘップバーンが『ティファニーで朝食を』のなかで歌うシーンが印象的です。ところがこのムーン・リバーを月の川と直訳してみても何のことかわからない。どうも、ムーン・リバーとは、河の流れに彷徨うような漂流者である私だけれど、いつか流れの向こうに辿り着いてみせるわ、といったようなことを感覚的に歌ったもののようなのです。いつもは着飾って出かけて行く主人公ホリーが、普段着のパンツスタイルのまま、アパートの窓枠に腰かけてギターを抱えて歌う…ホリーそのものの心境を歌っています。

月を眺めて心を写す姿というのは、洋の東西を問わず共通しているのでしょうね。



さて、以下は一NSPファンの余談。
まず、「FLY ME TO THE MOON」のMEをとるとNSPの「FLY TO THE MOON」になります。
きっと天野さんが「FLY ME TO THE MOON」に触発されて作ったに違いないと、勝手に思い込んでいたのですが、とは言ってもその内容は、彼女を置いて他の女性と逃避行する男の心模様を歌ったような、初期NSPではちょっと想像できないような歌詞です。
もうひとつ。NSPに「名前のない猫」という歌があります。天野さん、昔ラジオか何かで、「名前のない馬」という映画があったんですよ…と、おっしゃっていたのを記憶していますが、『ティファニーで朝食を』ではれっきとした「名前のない猫」が登場します。シングルB面の地味な歌だったから?か、楽譜集には「名前のない猫」は載っていませんでした。
[PR]



by tsukinoha | 2005-09-19 07:31 | 音楽

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧