たまゆらデザイン日記

557 ラ・フォルジュルネでショパンを。

昨年はチケット争奪戦に負け断念したラ・フォルジュルネ、
今年はがんばってひとつの公演をゲット。

5月4日
「313」ショパンピアノ協奏曲第1番 ホ短調 op.11
小山実稚恵(ピアノ)
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ヤツェック・カスプシク(指揮)

オーケストラと指揮はポーランドの方です。
小山さんの生演奏は3度目。
2階席でしたがよく聴こえてきて、よかったです〜!!!
舞台の左右にスクリーンで見ることのできた、小山さんの美しい指さばきにためいき。。。
第1楽章の長〜いオケの後のピアノの出だしはゾクゾク。第2楽章の片恋のコンスタンツェを思って作曲したという「美しい春の月明かりのような」も素敵でしたが、個人的にはマズルカ(ポーランドの民族音楽)風の第3楽章の盛り上がりが最高でした。
ワルシャワを経つ直前、自らが演奏したと言われるこのコンツェルト。若干20歳で作曲したショパンは、ほんとうに天才!ですね。

カーテンコールが何度も。
アンコールでは、ワルツ第7番 嬰ハ長調 op.64No.2を演奏してくれました。
ロマンチックな情感溢れる演奏で至福のひとときでした。


*余談*
のだめのデビューコンサートがこのショパンピアノ協奏曲第1番 ホ短調。
ショパンの「青春(故国ポーランド)との決別」、ストーリーを重ね合わせたんでしょうね。
[PR]



by tsukinoha | 2010-05-05 15:50 | 音楽

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧