たまゆらデザイン日記

554 めざめ

桜満開で春爛漫。

ようやく冬眠から目覚めました・・・。
もとい、年始から続いた仕事(準備期間も入れると昨年から)が一段落。と、いうわけで、ショパンの観光パンフレットが出来上がりました。(しかしながら流通には乗りません)

先週のTV東京「美の巨人たち」500回記念番組で2日に渡って放送されたシェーンブルン、ベルサイユ、エルミタージュはグッドタイミングでした。時代をほぼ同じくして19世紀初頭、ポーランドを亡命せざるをえなかったショパン。人生の後半をフランスで送る事になります。現在ワルシャワの聖十字架教会に安置されている心臓は、ショパン自身の遺言によるものです。なみなみならぬ祖国への情熱。表面だけのきれいな音楽ではすまされない奥の深さ、またそれがショパンの音楽のうつくしさの本質であるように思います。

さて、番組の方はオーストリアのマリア・テレジア、フランスのマリー・アントワネット、ロシアのエカテリーナ2世の、3人の女性の生きざまと重ね合わせた内容で、なかなかおもしろかったです。
現地案内役はナレーションの小林薫氏。後編ゲスト解説に池田理代子さん。この番組名物の演出で一瞬でしたが、バー宮廷倶楽部のママ田島令子さんのオスカル(声)!に感激!!!
ところで小林さん、『女帝エカテリーナ』の場面を引用して語っていましたが、読んでらっしゃるのですね!?それともこの番組のために読んだとか?

3つの宮殿のうち、もしひとつだけ行けるとしたら私はエルミタージュを選びます。
なんといっても美術品の宝庫!
最愛のポチョムキンからエカテリーナに贈られた金の孔雀時計、番組のために特別に動かしてもらったとのことですが、その精巧さ、美術品としての美しさに度胆を抜かれました。そういえば数年前に愛のエルミタージュとやらで、エカテリーナとポチョムキンを取り上げた番組がありましたが、あれは最悪でした。。。

ところで、ポーランド王国最後の国王スタニスワフは、エカテリーナの若かりし頃の愛人で、でもロシアはポーランドを侵略して・・・となんともフクザツ。そのあたりは知れば知る程興味深いものが。『ベルサイユのばら』→『女帝エカテリーナ』→『栄光のナポレオン-エロイカ』と池田作品を通読中。ひと仕事終えて、かっぱえびせんのようにやめられない状況に陥っています。
[PR]



by tsukinoha | 2010-04-03 21:18 | 随想

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧