「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

たまゆらデザイン日記

574 系統樹の森

家に飾ってある唯一の絵。
それは贔屓にしているジャパネスクでもなく、
ミニアチュールのようなデザインを感じさせるものでもなく、

フォロンの「生命の樹」なのだった。

ファンタジックな透明感ある水彩画と
哲学を漂わせるテーマが独特の世界観を持つフォロン。
生前いちどだけ展覧会に出かける機会があった。
ジャズのアルバムでも見かけて
ジャケ買いしたのもだった。


d0009581_7293389.jpg









●HEADLINE スティーブ・カーン(1992)


「松」をテーマにした冊子の制作をしていた時に、
常緑樹(=永遠の生命)という視点で歴史を辿るページの構成の骨子としたのが
他ならぬ「生命の樹」の樹形図だった。
アートディレクターの師のもと、
デザイナーとして苦しみの日々を送っていた時代のことだ。
まず土台となるレイアウトを作成後、
それに沿って、当時たまたまアルバイトに来ていた
中国人画家に水墨で樹を描いてもらうという
今考えればすごく贅沢なことをしていたのだった。
そんな思い出とともにある「生命の樹」には
やはり特別な想いがある。



久し振りに竹尾のショールームを覗く。
「系統樹の森」が開催中。
杉浦康平監修となればやはり気に留めておきたい。

はがきサイズの特殊加工の印刷見本の持ち帰りができる。
文具店などでみかけるポストカードよりも
よほど魅力的なもの。
細部にまで神経が行き届いているのは
杉浦さん一派のデザインならでは。

11月22日まで竹尾本店見本貼で開催。


●フォロン(1934-2005)ベルギー生まれ。
建築学を学んだ後、転向、という経歴が、杉浦さんと同じ。
[PR]



# by tsukinoha | 2013-10-13 07:32 | 展覧会 | Comments(1)

573 坂野いづみ展「手織りのブランケット」

展覧会のダイレクトメールが届いて
初秋の表参道のギャラリーを訪ねました。


東京での3年振りの坂野いづみさんの個展。
手触りのよい手織りのブランケットは、
展示して置かれてあるのと、
実際羽織ってみるのとでは印象が全く違って、
予想もしていなかった色が案外似合っていたり。
既製品ではない贅沢がそこにはありました。
きもちまでやわらかくなってしまう。
ブランケットは坂野さんの分身だな、と思いました。


3年振りの再会。
坂野さんはむかーしの同僚でした。
一緒に仕事をしていた期間は長くはなかったけれど
過去私がいちばん激しく厳しい環境のなかで一緒に過ごしたときは、
単純に時間では測れないほど濃厚なもの。
デザイナー職から織物作家への転身は
一大決心だったのだと思います。


手みやげにいま私が贔屓にしている
シンガーソングライターのCDを手渡しました。
自分の趣味を相手に伝えるということは
押しつける気がしてあまりしないのだけれど、
たまにはいいかな?と思って。
気に入ってくれるといいな。


開催3日目にして、
ブランケットはけっこうなくなって(売れて)いていました。
つぎこそは私も手元に置けるように
ブランケット基金、貯めておきたいと思います。
http://www.transit.ne.jp/contents/info/2013/09/izumisakano.php
[PR]



# by tsukinoha | 2013-09-29 08:07 | 展覧会 | Comments(0)

572 長月の空

九月になりました。

空が遠い。

あなたはその向こうにいるのかな。

声はこんなに近いのに。

「きれぎれの空から」天野滋 詞・曲/NSP
[PR]



# by tsukinoha | 2013-09-02 22:28 | 音楽 | Comments(2)

571 特別展 和様の書

「和様の書」とは、中国からもたらされた書法を日本の文化の中で独自に発展させた、日本風の書のことです。(展覧会案内より)

絵画などに比べると「書」というのはずいぶん地味な存在らしく、
特別展でありながら余裕の鑑賞ができる状況。
かた苦しい感じがする、とか、
あまりにも身近すぎてわざわさ足を運ぶ気にならない、とか、
容易に想像はつく。

「書」は、「言葉」を、「日本語」を、表現する意匠であり、
今の日本を構築してきた根っこの部分であるとも言える。
それは芸術の分野だけにとどまらず、
日本人そのものをつくってきたと言っても過言ではないかと思う。

文字をもたなかった日本人は、
中国から輸入された漢字を中国語としてではなく、
自国の言葉にあてはめるという技をやってのけた。
やがて漢字から「かな」と「カナ」が発生していく。
古今和歌集による「かな」の公文書が認知された頃を境として、
「書」は、中国風の楷書から日本風の行書~草書の道を辿る。

粘葉本和漢朗詠集(でっちょうぼんわかんろうえいしゅう)の、
贅をつくした料紙にしたためられた、
藤原行成(ふじわらこうぜい)の流麗な和歌の筆跡は、
「かな」が「幽玄」とか「もののあわれ」と言われる
平安時代に生まれた美意識そのものを
表しているのではないかとさえ感じる。

注目したのは、桃山時代の『檜原図屏風』。
「初瀬山夕越え暮れてやどとへば 三輪の檜原に 秋かぜぞ吹く」
和歌が屏風に大胆に書かれているものの、
(三輪の檜原に)の部分にあるのは書ではなく、
長谷川等伯(はせがわとうはく)の檜の画。
画と書が一体となっている。
つまり、配置(レイアウト)を意識しており、
さらには、ここにすでに「見立て」という文化をみることができる。
同様の手法は蒔絵箱などにもよくみられる。
遠い時代、すでに編集という視点と、
高度なあそびごころを持った先人たちに敬服するばかりなり。

東京国立博物館にて 2013 7/13~9/8
[PR]



# by tsukinoha | 2013-08-18 18:24 | 展覧会 | Comments(0)

570 版画家・浜田知明(2013/8/4日曜美術館から)

〈序〉ネット上でも話題になった田上富久長崎市長の「長崎市平和宣言」より。

被爆者の平均年齢は78歳。

今の若い世代は、被爆者の声を直接聞くことができる最後の世代だ。

そして、いまの50~70代(若者たちの親世代)は、
彼らと被爆者をつなげることができる最後の世代。

急がないといけない。




版画家・浜田知明に感銘を受ける。
淡々と語る姿ゆえか、ことばひとつひとつが深くて重い。
記憶として記録しておきたいと思う。

・風刺画がすぐれた絵画であるためには、背後に作家の厳しい文明批判、そして人間に対する深い愛情が描かれていなければならない。

・(老婆の彫刻を前に)裸婦といえば展覧会に行くと豊満な若い女性ばかり。ほんとうの美とは表面的なものではない。真実をつくっていくのも芸術の仕事。花が咲いている桜を見に行っても、裸の木を見に行く人はいない。芸術家というのは、花を愛でるのと同じ花のないはだかの木の美しさも見なければいけないのでは。

・もしも戦争に参加しなかったら、戦地を踏まなかったら、ぼくの芸術観はもっと変わっていたに違いない。体験によって人生観においても作画する態度においてもぼくはそれを切り離してものを考えることができなくなってしまった。

・会者定離(えしゃじょうり・・・会うものは必ず離れる)をテーマにしたいが、難しすぎて作品にならない。どういうふうにやれば人に伝えられるのか。まだ解決策が出ていない。


これらが、95歳の言葉とは!
溢れるものをとめることができず。
[PR]



# by tsukinoha | 2013-08-13 21:58 | 随想 | Comments(0)

569 葉月のころ

こんばんは。tsukinohaです。
辺境な地にご訪問いただき感謝申し上げます。
もう立秋も過ぎました。
いやー時間が経つのは早いですね(汗)。

最近ふと、過去の記事をランダムに読み返していました。
気づいたことがふたつ。
書いた本人が記事内容をけっこう忘れていること。
・・・。
もうひとつは、記事以上に、コメントのやりとりが
いきいきと、キラキラと、していること。
振り返ると頂戴したコメントから学ばせていただくことも多かったな、と。
(わたしにとってたからものです)

ただいま、ネットの海のかなたで
夜な夜なデザインにかかわるつぶやきを課す、
という修行をしています。

相変わらず留守になりがちですが
それでもときどきはここに戻ってきたいなと思っています。
暑さの折、みなさまお身体ご自愛くださいませ。
[PR]



# by tsukinoha | 2013-08-08 20:04 | information | Comments(0)

568 もう中学生

早いもので中学校に入学してからもうすぐ1月になろうとしています。全校生徒約150名ちょっと(1学年じゃないですよ~)。の区内でいちばん小規模な学校。しかも家から徒歩数分で着いちゃう!

部活はというと、興味のある部に仮入部だけして(体験してみたかっただと!)結局小学校から続けていたバドミントン部に入部。ボランティア部にも入って掛け持ちです。仮入部期間中から他校との練習試合に参加するわ、公式戦の応援に行くわで土日もしっかり部活。OBの大学生がコーチに来てくれるし、小さいながらもちゃんと練習している様子。あ~でも今って毎日部活ないんですね。。。(だから掛け持ちを・・・)もっと練習してうまくなりたい!と、小学校の頃にはなかった欲が出てきて、今までの小学校のクラブもOB参加、中学のPTAのバド部も参加、地域のバドクラブも参加と夜間も活動中。(いつまではりきってできるかな~?)

ちなみに他のお稽古ごとはというと・・・スポチャンはもう痛いからいやだ!と昨年の秋の大会を最後にやめて、先月でピアノ教室に通うのもやめてしまいました。ピアノは好きだけれど毎日練習できないから(めんどくさいから)・・・と。残念ながらショパンを聴ける日はなさそうです・・・そういいつつ学校の合唱際の伴奏の譜面を持ち帰ってました。。。

何十年も前のようなデザインのブラウスブレザーの地味~な制服は不評・・・ですが、それを除けばアットホームな雰囲気で悪くない感じ。というか人数少なくてワルが見当たらない・・・。
娘はとにかく「学校が楽しい!」と言ってます。
なにはともあれ、これが一番!
[PR]



# by tsukinoha | 2012-05-03 16:44 | 子ども | Comments(0)

567 卒業

平成24年3月22日(木)くもり。約60名の生徒たちが無事卒業式を終えました。
在校生の演奏で花道入場。必死に涙をこらえているような複雑な表情の先生と対照的に、少し照れくさそうに歩くみんなの姿が印象的・・・。こじんまりとしながらも心温まる式でした。
保育園の卒園式では号泣していた娘はというと・・笑いをこらえて!?登場。卒業のさびしさよりも中学へのワクワクが勝っているもよう。東日本大震災後ということもあるのか、今年は地元中学進学が多く(6〜7割)ふたたび友達と一緒というのもさびしさを感じない要因なのでしょう。

先日片付けををしていると、1年生の時のひらがなをたくさん練習したノートが出てきました。ひらがなを習った子たちは今やもっと複雑な漢字や計算もできるようになるのです。6年の成長というのはなんと大きいのでしょうか。保育園の6年間に比べ、小学校の6年間はなんと短いのでしょうか。感慨深く思うのは大人の方ばかりなのでした。

d0009581_7201668.jpg

[PR]



# by tsukinoha | 2012-03-25 07:21 | 子ども | Comments(0)

566 新年つれづれに

d0009581_17382832.jpg
今春、ボストン美術館 日本の至宝展(東京国立博物館)で里帰りの曾我蕭白の『雲龍図』でご挨拶です。

すっかりお留守にしてしまいました。それだけ日常めまぐるしく・・ということにもなりますが(汗)。。。
受験生にとってはいよいよ追い込みの時期ですね。
娘のクラス、約4分の1は中学受験です。引き換え我が子はのんび~りとしたものです。せめてもの・・という感じで、中途半端にしたままの合唱際の伴奏を仕上げるよう、目を光らせている日々。何度も練習しないと仕上らないピアノは、すぐにあきらめたり飽きてしまう子どもには格好の忍耐力への材料でもあります(笑)。

年末に取りためたドナルド・キーン先生の番組を見終えました。
2011年3月11日の震災後、「日本人になる」ことを表明されたキーン先生の決意に胸を打たれた方も多いと思います。このところの眼精疲労で読書もおぼつかないのですが、今年の読み始めは以前から気になっていた著作で、講談社学術文庫より再販された『百代の過客』です。
余談ながら昨年末は水木しげる先生の『猫楠』で締め。
あと、気になっているのはマンガの『ちはやふる』です。

そんなこんなで更新ままならない私ですが、今年もよろしくお願いいたします。
つきのは
[PR]



# by tsukinoha | 2012-01-02 17:41 | ごあいさつ | Comments(0)

565 きれぎれの空から

留守のあいだご訪問くださった方々には御礼感謝申し上げます。

表題とはずいぶん違った湿り気の多い気候ですが・・
3月11日東日本大震災以来、さまざまな出来事があり、気がつけば秋の気配です(大汗)。

かれこれ半年になろうとしていますが・・・備忘録として。
地震当日は職場のある高田馬場から自宅の馬込まで途中公衆電話に並びながら明治通り、山手通り、第二京浜、環七と人で溢れている歩道をてくてくと5時間かけて帰宅しました。徒歩でも帰る事ができると妙な自信がついたりして。。。道々コンビニを覗くとパンおにぎり類は陳列棚から消え・・携帯はまったく繋がらず・・日中の小学校からの緊急メールも届いたのが6時過ぎ・・移動中だっただんなの機転で娘は迎えに行ってもらって帰宅していたことを知ったのも地震発生3〜4時間後。いざという時に約に立たなかったケイタイはその後解約してPHSに。宮城にいる親戚も無事だったのでまずはなにより・・と思っているところ約1ヵ月後、震災でもなんでもなく火事で秋田の実家が全焼。地方ニュースで流れたと一報が入り、義父母は消息不明・・不安で過ごすこと数時間。すでに近所に避難していたことが後からわかりました。幸いビニールハウスと作業小屋は残ったのでテント暮らしをしながらの農作業(!)の日々です。

しばらくご無沙汰だった展覧会、『空海と密教美術』だけはと夏休み中に娘を連れて足を運びました。
久々に清々しい気持ちになったのもつかの間、本館の常設展で娘とはぐれてしまいました。20分経過しても見つからないので、インフォメーションのお姉さんに「迷子なんですけど・・」と。小6が、はずかし〜。無線で館内の係の方々に呼びかけていただき、事なきを得ました。娘に聞くと、先回りして私を驚かそうとしていたのが、ぼーっとしているうちに私が通り過ぎて、私は私でまさかそんなことしているとは想像もしていなかった・・ということでした。近場のスーパーや駅ビルなどで呼び出し4、5回という常習犯の娘。またいなくなったと思いつつ、でももしものことを思うと・・やっぱり、ですね。
[PR]



# by tsukinoha | 2011-09-03 19:40 | 随想 | Comments(0)

日々のよろずデザイン観
by tsukinoha
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

>motoさん、ありがと..
by tsukinoha at 12:52
故郷はオットさんの。でし..
by moto at 11:36
>motoさん、 ご訪..
by tsukinoha at 20:40
はじめまして^^ここは・..
by moto at 10:43
>プラダ財布さん。 ふ..
by tsukinoha at 06:30
匿名なのに、私には誰だか..
by プラダ 財布 at 03:20
>kurumiさん、 ..
by tsukinoha at 19:16
NSPギター弾き語り全曲..
by kurumi at 17:59
>kannaさん、ご無沙..
by tsukinoha at 17:03
tsukinohaさん、..
by kanna at 18:45

最新のトラックバック

試合で勝つための“8つの..
from オリンピック総合コーチが教え..
もう中学生 最新情報 -..
from Nowpie (なうぴー) ..
ペニーオークション詐欺
from ペニーオークション詐欺
保育士の求人
from 保育士の求人
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
皇室の名宝ー日本美の華 ..
from Art & Bell by ..
バドミントン練習 バドミ..
from バドミントン練習 バドミント..
道路地図
from 道路地図
ミネラルウォーター
from ミネラルウォーター
阿修羅さま
from 裕子ねーんね

お知らせ

記事と関連のないコメントやトラックバックは予告なく削除させていただく場合があります。予めご了承ください。

検索

ブログジャンル

画像一覧